FrontPage  Index  Search  Changes  wikifarm  Login

《知られつつある世界》

キーワード《知られつつある世界》

定義

《知られつつある世界》《混濁の世界》の別名

《混濁》《知られつつある世界》《知りつつあるモノ》分離する。《知られつつある世界》《混濁の世界》と呼ぶ。

《知られつつある世界》の場合には《知りつつあるモノ》との対比のニュアンスが強い。

《混濁の世界》の場合には《混濁》から分離したというニュアンスが強い。

区別

《知られつつある世界》《混濁の世界》

  1. 《知られつつある世界》としての《混濁》《混濁の世界》
  2. 《知られつつあるモノ》としての《混濁》《混濁の世界》
  3. 『知られつつある世界』って、人類の知見が進んで、世界が解明されつつある、といったイメージだな。
  4. 《知られつつある世界》は混濁しているとは限らない。浄化されつつある《混濁の世界》
  5. 「知りつつある」とか「知られつつある」というのは「知見が増しつつある」というニュアンスになるのか? 知見が一定では、感覚が鈍ってくる。
  6. 《混濁》というのは定点観測によって、知見の増加がなくなり、感覚が鈍りきった状態なのか? 拘禁症状
  7. http://ja.wikipedia.org/wiki/拘禁反応
    1. 拘禁反応(こうきんはんのう)とは、刑務所や、拘置所など、強制的に自由を阻害される環境下で見られる人格反応を指す。強制収容所や、捕虜収容所にも見られる。

《知られつつある世界》《知られつつあるモノ》

  1. 《知られつつあるモノ》としての《混濁》《混濁の世界》

Last modified:2006/04/08 08:47:47
Keyword(s):
References:[《混濁の世界》] [《混濁の分離》] [《息しつつあるモノ》] [《知られつつある混濁》]