FrontPage  Index  Search  Changes  wikifarm  Login

《知られつつあるモノ》

キーワード《知られつつあるモノ》

定義

《知られつつあるモノ》にはモノと幻とがある。

区別

《私》《知られつつあるモノ》

  1. ふむ、パーティに出ようとしたら、《私》を知っているヒトが何人かいて、声を掛けてきたので、怯えを生じて退散してきた。
  2. 《私》《知られつつあるモノ》であった。
  3. 鏡の恐怖を思い出したのである。
  4. 鏡の恐怖において、《私》は鏡の向こうの『私』《知られつつあるモノ》であった。
  5. 《知られつつあるモノ》としての《私》の《怯え》を噴出しよう。
  6. 自己言及の錯乱である。自己言及の錯乱から生じた《混濁》である。
  7. 鏡の向こうの『私』《他者》である。
  8. 《他者》が、《私》が知っているすべての《私》と、《私》が知らない《私》見通している。《他者》《私》《背後者》見通している。
  9. 《他者》《私》《知りつつあるモノ》である。《他者》《私》見通し《他者》の背後に《私》に関する《知った思いこみ》噴出する。
  10. 《私》を知りつつある《他者》」の中の《知りつつあるモノ》《背後者》無限遠点《浄化球》を置こう。
  11. 《私》が知っているすべての《私》と、《私》が知らない《私》の全てが、《知りつつある他者》の中の《知りつつあるモノ》《背後者世界》無限遠点《浄化球》噴出していく。《私》《他者》《知りつつあるモノ》によって《浄化》される。何も隠すことはできない。
  12. 《怯え》は、『知られることの不存在』への《求める思いこみ》であった。
  13. 《知られつつあるモノ》としての《私》、は《他者》によって《浄化》されつつある《私》である。ただし、そのためには《私》《知りつつあるモノ》《背後者世界》無限遠点《浄化球》を置く必要がある。すべてのヒト《知りつつあるモノ》《背後者世界》無限遠点には《浄化球》がある。
  14. 《知られつつある私》、《見通されつつある私》。
  15. 《知られつつあるモノ》は、《知りつつあるモノ》《背後者》無限遠点《浄化球》によって《浄化されつつあるモノ》である。

Last modified:2008/03/26 02:25:50
Keyword(s):
References:[《混濁の世界》] [《知られつつある混濁》] [《欲求実現手段》]