FrontPage  Index  Search  Changes  wikifarm  Login

《多体運動》

《多体運動》

  1. ←[[]]
  2. キーワード
  3. 予備知識
  4. 引用文献

定義

記述

区別

蛇口から流れる水は、なぜ、まとまっているのだろうか?

  1. なぜ、同種の分子と引き合い、空気の分子とは引き合わないのだろうか?
  2. まねのルール

《多体運動》

  1. 多数のモノたちの自律的な運動の《群れ》《動き》
  2. 《個体》は食餌しなければならない。
  3. 《個体》には寿命が在る。
  4. 《個体》は繁殖しなければならない。
  5. 食餌は、他の《個体》(他の種の《個体》?)を殺して食べることである。
  6. 《個体》にはERGの欲求・行動様式が在る。
      1. 食餌欲求。
      2. 繁殖欲求。
      3. 移動欲求。
        1. 逃走欲求(捕食者・毒物からの)。
        2. 接近欲求(餌への)。
    1. R(同種の《個体》への)
      1. 攻撃欲求
      2. 給餌欲求
      3. 伝達欲求
      4. 理解欲求。《世界》を理解する。他の《個体》からの伝達を理解する。
      5. 他の《個体》との距離を一定範囲内に保つ欲求。離れすぎず、近すぎず。
      1. 自己強化欲求。寿命延ばし、攻撃力・防御力の強化・・
      2. 《モノ作り》欲求・・餌作り、道具作り。
        1. 素材獲得。《モノ作り》のための素材獲得。
        2. 《思い描き》欲求
  7. 道具進化が人類の発展である。
    1. 水田という道具によって、日本人の行動様式が決まった。
      1. 土地から逃れるのが困難になった。
      2. 逃げられないので、暴力に抵抗できなくなった。
      3. 農民を暴力で支配する集団が現れた。
    2. 小麦という道具によって、西洋人の行動様式が決まった。
    3. 貨幣という道具によって人々の行動様式が変った。
    4. インターネットという道具によって人々の行動様式が変った。
    5. ケータイという道具によって人々の行動様式が変った。

検索

Last modified:2008/03/07 14:05:39
Keyword(s):
References:[《ヒトの群れ》] [『よい』『わるい』]