FrontPage  Index  Search  Changes  wikifarm  Login

《他者の動き》

《他者の動き》

  1. ←[[]]
  2. キーワード
  3. 予備知識
  4. 引用文献

定義

タウゴ

記述

区別

《他者の動き》『意味』

  1. 《他者の動き》『意味』はあるか? ○:当該《他者》にとっては『意味』がある。当該《他者》の《他者》《私》以外)にとっては『意味』がある。×:《私》にとっては『意味』がない。《他者の動き》『無意味の世界』のなかの《動き》である。

検索

《息しつつある身体》 - [#3 《身近な人びと》からのタウイジ《他者》の《動き》からの《息しつつあるモノ》への《実感》。]

《息しつつあるモノ》 - [#3 《身近な人びと》からのタウイジ《他者》の《動き》からの《息しつつあるモノ》への《実感》。]

『意味』 - [《他者》の《動き》からの《息しつつあるモノ》への《実感》 - [#タウイジは、「《他者》《動き》への《息しつつあるモノ》からの《実感》」、か? ○:《実感》《思い描き》つつあるときには、これが理論的であると感じられる。×:《思い描き》では意味がない。《思い描き》による錯覚を避けるための指標になりそうだ。「への」というコトバが浮かんだら、《思い描き》による錯覚である可能性が高い。]]

《他者の求める思いこみ》 - [#4 《他者》の《動き》からの《息しつつあるモノ》への《実感》の先に《他者の息しつつあるモノ》を実感し、その更に先に《他者の求める思いこみ》を実感するときに初めて、タモイジとなる。((まだ実感していない))。]

《呪文》 - [「イシモ」(《息しつつあるモノ》)とか「タウイジ」(《他者》の《動き》からの《息しつつあるモノ》への《実感》)とか・・]

《愚かな人々》 - [#彼らは《ヒト動き》を予見する。《他者》は「感覚像や情動的反応の世界」を《私》と共有しているはずであり、《私》と反応形式を共有しているはずである、とすれば、《私》《他者》《動き》を予見することができ、彼の《求める思いこみ》を実現することも、害することも容易であり、《私》《他者》のために善意を尽くせば、《他者》に善なる結果がもたらされるはずである。《私》の好意は《他者》に伝わり、《他者》の好意や悪意を《私》は感じることができる。《私》はそのような《ヒトの群れ》に住みたい。《私》はそれに反する《他者》《動き》に怯える。《私》はそれに反する《他者》《動き》は見ることを拒否する。]

『なすべきこと』 - [#《他者》《動き》《他者》『なすべきこと』噴出である。]

《プログラミングオブジェクト》 - [#ユーザーイメージと《息しつつあるモノ》《息しつつあるモノ》《他者》《動き》《私》《動き》記憶《息しつつあるモノ》《動き》の現認と記憶。周囲のモノたちの《動き》の現認と記憶。]

タカウゴ - [#《他者》《動き》は、そのままでは意味を持たない。《私》にとって意味を持つのは、《他者》《動き》の先にある《他者からの思いこみ》である。]

仕合わせ - [##→《他者》《動き》]

《求める思いこみ》 - [#《他者》《動き》《他者の求める思いこみ》噴出である。]

循環 - [古い概要1 - [#この《肉の塊》は、《他者》との《繋がり》を有する。《他者》との情報循環を有する。《他者》から情報を得、《他者》からの情報を内部に蓄積し、処理し、動く。この《肉の塊》《動き》は、《他者》情報として伝わり、《他者》はこの《肉の塊》の疎きからの情報を蓄積し、処理し、《他者》動く。その《他者》《動き》からこの《肉の塊》は、情報を取得する。]]

古い概要1 - [#この《肉の塊》は、《他者》との《繋がり》を有する。《他者》との情報循環を有する。《他者》から情報を得、《他者》からの情報を内部に蓄積し、処理し、動く。この《肉の塊》《動き》は、《他者》情報として伝わり、《他者》はこの《肉の塊》の疎きからの情報を蓄積し、処理し、《他者》動く。その《他者》《動き》からこの《肉の塊》は、情報を取得する。]

欲求分類リスト - [#《他者》の欲求を、《他者》《動き》への客観的観測から得られた概念ではない。《他者》《動き》を、《私》の「欲求」から推測して、《他者》《動き》の背後に《他者》の「欲求」を推測したモノである。]

『悪』 - [#《私》に対する『善』なる《動き》は存在しない。《私》はすべてを楽しみ、その《楽しみ》《他者》《動き》によって増減しないからである。《私》《楽しみ》を増加させる《他者》《動き》はあり得ない。《私》《他者》《楽しみ》が増加することを楽しむ。《私》は《他者の不快》が減少することを楽しむ。《彼》が《楽しみ》を増すことは《私》を楽しませるのであるから、《私》に対する『善』なる《動き》である。《彼》が《楽しみ》を失い、《不快》を増大させることは《私》を楽しませる。って・・。《彼》が何であれ、動くことは《私》を楽しませる。《彼》が動かないことも《私》を楽しませる。《彼》が死ぬことも《私》を楽しませる。]

《群れのアニマ》 - [#主観的『我』情報と客観的『我』情報。素粒子レベルでの『我』情報は、意味がないだろう。生きモノレベルになって、《他者》《動き》を予測する段階になってはじめて『我』情報が意味をなす。生きモノである《他者》《動き》を予測するためには、《他者》《私》を知覚している、ということが《他者》《動き》を予測するための重要な要素になる。ライオンは、シマウマに気付かれては、狩りに失敗する。シマウマにとっての情報である『我』の情報(シマウマにとっての『他者』の情報《私》にとっての『我』の情報)を、《私》『我』情報として処理する必要が出てくる。生物における淘汰圧によって、『我』情報が重要性を増す。『他者の他者』の情報としての『我』情報。]

《浄化球》 - [#ここでの問題は、《他者》《求める思いこみ》は、その《他者》《動き》に内在する《求める思いこみ》なのか? 《他者》がその動きによって求めているはずの《求める思いこみ》なのか? 《他者》に内在しているはずの《求める思いこみ》か、噴出された動きに含まれる《求める思いこみ》なのか。]

《ヒトのアニマ》 - [#《他者》《動き》への同調欲求。模倣欲求。欲求分類リスト。]

《動き》の4点循環 - [##→《他者》《動き》]

《他者の群れ》 - [#「誰某はxxをしたらしい」という伝聞の世界《他者》の《他者》《動き》で構成される世界。]

《背後者回路》 - [#《私》の説得的なコトバは、《他者の背後者》の構造に、新しい回路を組み込む。つまり、《他者》動きを変更する。]

空気 - [# 《息しつつある背後者回路》 - [《共振しつつあるモノ》 - [「何か」は通常は《思いこみ》情報)であるが、《息しつつあるモノ》においては空気というモノである。][《求める思いこみ》 - [#《知った思いこみ》の無自覚的噴出もある。《知りつつあるモノ》はそのモノ世界《知った思いこみ》《知りつつあるモノ》《背後者》に、蓄積し、その《隠れた思いこみ》としての《知った思いこみ》は、《他者の背後者回路》を通じて、モノとしての《他者》の外部に噴出する。《他者》動き《他者》《知った思いこみ》噴出である。《共振しつつある身体》は、そのような《他者》《知った思いこみ》の無自覚的噴出共振する。]]]]

《求める思いこみ》 - [#《知った思いこみ》の無自覚的噴出もある。《知りつつあるモノ》はそのモノ世界《知った思いこみ》《知りつつあるモノ》《背後者》に、蓄積し、その《隠れた思いこみ》としての《知った思いこみ》は、《他者の背後者回路》を通じて、モノとしての《他者》の外部に噴出する。《他者》動き《他者》《知った思いこみ》噴出である。《共振しつつある身体》は、そのような《他者》《知った思いこみ》の無自覚的噴出共振する。]

《共振しつつあるモノ》 - [《求める思いこみ》 - [#《知った思いこみ》の無自覚的噴出もある。《知りつつあるモノ》はそのモノ世界《知った思いこみ》《知りつつあるモノ》《背後者》に、蓄積し、その《隠れた思いこみ》としての《知った思いこみ》は、《他者の背後者回路》を通じて、モノとしての《他者》の外部に噴出する。《他者》動き《他者》《知った思いこみ》噴出である。《共振しつつある身体》は、そのような《他者》《知った思いこみ》の無自覚的噴出共振する。]]

《息しつつある背後者回路》 - [《共振しつつあるモノ》 - [「何か」は通常は《思いこみ》情報)であるが、《息しつつあるモノ》においては空気というモノである。][《求める思いこみ》 - [#《知った思いこみ》の無自覚的噴出もある。《知りつつあるモノ》はそのモノ世界《知った思いこみ》《知りつつあるモノ》《背後者》に、蓄積し、その《隠れた思いこみ》としての《知った思いこみ》は、《他者の背後者回路》を通じて、モノとしての《他者》の外部に噴出する。《他者》動き《他者》《知った思いこみ》噴出である。《共振しつつある身体》は、そのような《他者》《知った思いこみ》の無自覚的噴出共振する。]]]

ゴミ箱2005-07 - [#《私》の説得的なコトバは、《他者の背後者》の構造に、新しい回路を組み込む。つまり、《他者》動きを変更する。]

《他者》への見通し - [しかし・・この程度の見通しでは、未だ「《他者》見通した」ということはできない。 《他者》《他者の思いこみ》動くモノである。 それゆえ、《他者の思いこみ》の中身と《他者》動きとの関係を見通さなければならない。 しかし、《他者の思いこみ》は千差万別である、また、《ヒトの群れ》と関係する点も多い。したがって、ここではまだ語ることができない。]

《思いこみの個体内循環》 - [#《私》《他者の背後者》の構造を、《他者》動きによって、《他者》《思いこみ》噴出によって、知る。]

《他者》の《動き》からの《息しつつあるモノ》への《実感》 - [#《他者の動き》?]

《息しつつあるモノ》 - [#『意味』とは《息しつつあるモノ》《実感》である。或るモノ《xx》への実感とは、意味とは、そのモノに付随する《他者の動き》への《息しつつあるモノ》からの実感である(タウイジ)。《他者の動き》『意味』はない。しかし、『意味』の本体は《他者の動き》にではなく、《実感》にある。]

《背後者回路》 - [#《他者の背後者》の構造とは、《他者の欲望》を、《他者の動き》に変換する回路の総体である。]

『意味』 - [多層プロトコル - [#《他者からの思いこみ》も物理層を通して受け取る。《他者の動き》から《他者からの思いこみ》を受け取るはずである。しかし、《他者の動き》という無味乾燥な無意味な現象は、そのままでは、《私》にとっての意味を持たない。コンピュータネットワークにおいて、電流計をおいてもその通信内容を理解できないのと同じである。]]

《状況》 - [#《状況》の中の他の《動きつつあるモノ》。同質者的に他者もまた、《私》と同様に《状況》対応行動をとる場合。他者の動きの予測。]

《ヒトの群れ》 - [#騙すとは、相手が信じて行動するように誘導することである。相手の行動を誘引することである。《他者の動き》を誘引することである。《他者の動き》の解発原因は何か?]

《他者からの思いこみ》 - [#他者の内部状態からの、他者の動きへの、他者の思い込みの噴出。]

『ニコマコス倫理学』 - [##《私》《動き》の「善」と《他者の動き》の「善」とは同質のモノだろうか? 《同質者公理》を取るなら是であり、《特別者公理》を取るなら非である。]

タカウゴ - [#《他者からの思いこみ》も物理層を通して受け取る。《他者の動き》から《他者からの思いこみ》を受け取るはずである。しかし、《他者の動き》という無味乾燥な無意味な現象は、そのままでは、《私》にとっての意味を持たない。コンピュータネットワークにおいて、電流計をおいてもその通信内容を理解できないのと同じである。]

多層プロトコル - [#《他者からの思いこみ》も物理層を通して受け取る。《他者の動き》から《他者からの思いこみ》を受け取るはずである。しかし、《他者の動き》という無味乾燥な無意味な現象は、そのままでは、《私》にとっての意味を持たない。コンピュータネットワークにおいて、電流計をおいてもその通信内容を理解できないのと同じである。]

ゴミ箱2005-07 - [#《他者の背後者》の構造とは、《他者の欲望》を、《他者の動き》に変換する回路の総体である。]