FrontPage  Index  Search  Changes  wikifarm  Login

《他者の群れ》

キーワード《他者の群れ》

定義

《私》のまわりの《他者》《群れ》

区別

《私》《他者の群れ》

  1. 《私》《他者の群れ》の中にあるか?
  2. 《私》のまわりの人々は《群れ》を為しているか? 《他者の群れ》を為しているか?
  3. 《私》との《繋がり》における、《私》《他者》が構成する《群れ》
  4. 《私》《他者》との《繋がり》とはなにか?
  5. 《私》《他者》との《個体間関係》。《私と他者との個体間関係》、《他者と私との個体間関係》。《私と他者との繋がり》、《他者と私との繋がり》。

《他者の群れ》《ヒトの群れ》

  1. 同じか?
  2. 《ヒトの群れの体内感覚》《他者の群れ》で、体外感覚における《ヒトの群れ》《ヒトの群れ》か?
  3. 《他者の群れ》《私》にとっての現象世界の表現か?
  4. 《他者の群れ》《私》にとっての《知られつつある世界》としての《ヒトの群れ》か?
  5. 《私》がある《ヒトの群れ》に属していない場合に、その《ヒトの群れ》《他者の群れ》という。この区別は「《私》が属する《ヒトの群れ》」と、「《私》が属さない《ヒトの群れ》」というべきだろう。
  6. 客観的に記述されるのが《ヒトの群れ》《私》が直面している《ヒトの群れ》《他者の群れ》《ヒトの群れの体内感覚》における《ヒトの群れ》《他者の群れ》
  7. 《私》が対立関係にある時が《他者の群れ》《私》がその成員である時が《ヒトの群れ》。客観的に記述する時は《地表のヒトの群れ》《私》がその成員でない時が《他のヒトの群れ》。

《他者の群れ》《世界アニマ》

  1. 《他者の群れ》《世界アニマ》の一部である。
  2. 電車の中でよく感じる。
  3. 《他者の群れ》《他者の群れ》《アニマ》噴出する。
  4. 《モノと思いこみの世界》《世界アニマ》《浄化》された世界だが、《他者》が現れると《他者の群れ》《アニマ》噴出するようになる。

《身近な人びとの世界》と『なすべきこと』

  1. 《身近な人びとの世界》は「誰某はxxと考えているらしい」という伝聞の世界《他者》の《他者》《思いこみ》で構成される世界である。主として《他者》の《他者》《求める思いこみ》で構成される世界
  2. 「誰某はxxをしたらしい」という伝聞の世界《他者》の《他者》《動き》で構成される世界
  3. 書証の世界と伝聞の世界。書証の世界は文書化された伝聞の世界だな。
  4. 《思いこみの共有》世界《他者の思いこみ》世界。《他者の群れの思いこみ》の世界《他者》《群れ》《思いこみの共有》世界
  5. 《他者》《群れ》《思いこみの共有》世界においては、一貫性を欠いたヒト《思いこみ》は信用されない。《思いこみの共有の世界》を構成するための要素として不安定だからである。《ヒトの思いこみ》《群れ》で構成される世界。《ヒトの思いこみの群れの世界》《ヒトの思いこみの群れ》の世界。《意志の群れの世界》。
  6. たけ(tk)は、「誰が言ったかには無関心である(内容の真実性にのみ関心がある)」と常々言っているのだが、この《視点》では、《ヒトの思いこみの群れの世界》への《見通し》はできない。
  7. (少なくとも対人関係において)一貫性のある《求める思いこみ》を《意志》という。《意志》の《群れ》世界《こころざし》
  8. 宅間くん《求める思いこみ》は『世界への復讐』だろう。宅間くん《こころざし》を持つか? 『世界への復讐』は《こころざし》か? 『復讐』も一貫していれば《こころざし》というべきだろう。『悪』への《こころざし》も認めなければならない。
  9. 追従ザルのへつらいも、一貫していれば《こころざし》と求めるべきだろう。

検索

《ヒトの群れのアニマ》 - [#《ヒトの個体》が、自らの属さない《ヒトの群れ》《アニマ》を、《他者の群れのアニマ》という。]

《混濁しつつあるモノ》 - [#《混濁しつつあるモノ》の意味は、それが《他者の群れ》の中にあるときに生じる。]

『なすべきこと』 - [#《思いこみの共有》世界《他者の思いこみ》世界。《他者の群れの思いこみ》の世界《他者》《群れ》《思いこみの共有》世界。]

ゴミ箱2005-02 - [共振しつつある他者の群れと背後者と息しつつあるモノとの循環。]

ゴミ箱2005-07 - [#己は、《他者》の群れの中にある。]