FrontPage  Index  Search  Changes  wikifarm  Login

《他者の求める思いこみ》

《他者の求める思いこみ》

  1. ←[[]]
  2. キーワード
  3. 予備知識
  4. 引用文献

定義

* いまだ、《実感》としては存在しない。《他者からの思い込み》《実感》であるが、これは《私》《実感》である。その《実感》の先に、《他者の思いこみ》《他者》の内部にあるはずの《思いこみ》)や《他者の求める思いこみ》《他者》の内部に在るはずの《求める思いこみ》)は、残念ながら、まだ、《実感》していない。

* 《他者の求める思いこみ》を「《他者からの思いこみ》によって《私》《体内世界》に生じた、『他者はxxと求めているに違いない』という《思い描き》」と定義するなら、それは《実感》である。その定義でもよいのだが、それなら、記述法は『他者の求める思いこみ』という《思い描き》、とすべきだろうな。

タモモ、タモトモ

記述

区別

《他者の求める思いこみ》と《他者からの求める思いこみ》

  1. 《他者への求める思いこみ》は在るか? ○:。×:。
  2. 《他者》からの《求める思いこみ》
  3. 《他者》からの《求める思いこみ》
  4. 《他者からの求める思いこみ》

循環 - 《今・ここの・この肉の塊》 - 『仕事』 - 『仕事』《息しつつあるモノ》の無限循環である。『仕事』《息しつつあるモノ》と具体的な《他者》からの《求める思いこみ》との無限循環である。《息しつつあるモノ》→この《肉の塊》《動き》《他者》からの《求める思いこみ》《息しつつあるモノ》

《欲求実現手段》(ヨジシュ)と《他者の求める思いこみ》

  1. ベーコンは、知識を《欲求実現手段》にしてしまった。
  2. 《ヘラクレイトスの「ロゴス」》は欲求であり、知識は《欲求実現手段》である。
  3. われわれが、社会生活において目にするほとんどのモノ《欲求実現手段》である。

《他者の求める思いこみ》とシステム開発

  1. システム開発は《他者の求める思いこみ》《欲求実現手段》である。
  2. ヘーゲルの「欲望の体系」。《群れ》の中の多数の個体による、同時多発的な欲求の発生、同時多発的な欲求実現手段の開発、同時多発的な欲求の満足。

タモモ・100

  1. 《他者の求める思いこみ》になんの義理があるのか?
  2. 《私》《身体》は、《他者の求める思いこみ》に対して、協力する。身体反応に過ぎない。
  3. 《他者からの思いこみ》(タカモイ)は不快である。
  4. 《私》《他者》《まなざし》を向けることができない。《私》《まなざし》が憎しみに満ちていることを知っているからである。
  5. 《他者の求める思いこみ》《他者》からの《まなざし》を通して、《私》に流れ込んでくる。《私》を支配しようとする《他者の求める思いこみ》《私》を利用しようとする《他者の求める思いこみ》《私》に愛されることを求める《他者の求める思いこみ》《私》を攻撃しようとする《他者の求める思いこみ》《私》に知恵を求める《他者の求める思いこみ》

ショッカン・イシモ・100

  1. 《触感しつつある身体》。《身体》の4番目の定義は、《触感しつつある場所》としての《身体》であったな。
    1. 「# 《近傍物理空間》を感じつつあるモノの自己認識としての《身体》。指先がコインを感じつつある時の指先。感覚の場所としての《身体》」。
  2. 《触感》は視覚や聴覚などと異なって、我を忘れた感覚、ではない。《私》《身体》とそれとの《繋がり》の感覚である。
  3. 《混濁》《知りつつあるモノ》《触感》であった。
  4. 《身体》的な《触感》《動き》がなくなると、次第になくなる。
  5. 《身体》《触感》は、世界への《触感》に広がる。モノとの《触感》世界との《触感》。「との」《触感》、「への」《触感》、「からの」《触感》モノとの接触感覚。
  6. モノとの《触感》《生きモノ》との《触感》ヒトとの《触感》コトバとの《触感》、映像との《触感》《思いこみ》との《触感》《世界》との《触感》《混濁》との《触感》『一切』との《触感》、・・。
  7. 不快な《触感》と快適な《触感》とがある。
  8. 《触感しつつあるモノ》。《触感》しつつある《息しつつあるモノ》。ショシモ。《近傍物理空間》《モノの世界》
  9. 《触感しつつある他者》ショシタ。《他者》《繋がり》を求めている。《他者》《繋がり》《求めつつあるモノ》である。《求めつつある他者》。《他者の求める思いこみ》。だからなんだというのだ。《他者の求める思いこみ》に何の義理があるというのか。

タモイジ・100

  1. 《他者の求める思いこみ》からの《私》《息しつつあるモノ》への《実感》《他者の求める思いこみ》への《私》《息しつつあるモノ》からの《実感》
  2. 2 《他者の息しつつあるモノ》《他者の身体》であり、《他者の求める思いこみ》(タモモイ)を持つ。
  3. 3 《他者》《他者の求める思いこみ》を、《他者からの思いこみ》の形で《私》噴出する。しかし、それは《私》にとっては、単なる不快である。《他者からの思いこみ》の先の《他者の求める思いこみ》は、《他者の求める思いこみ》への《実感》ではなく、単なる不快である。
  4. 4 《他者》の《動き》からの《息しつつあるモノ》への《実感》の先に《他者の息しつつあるモノ》を実感し、その更に先に《他者の求める思いこみ》を実感するときに初めて、タモイジとなる。((まだ実感していない))。
  5. 5 《他者の息しつつあるモノ》は『息すること』を求める《他者の求める思いこみ》である。
  6. 6 タイシモ・タモモイ・100《他者の息しつつあるモノ》《他者の求める思いこみ》への《実感》

《欲・得・快・楽・善・義・志・徳・疑・信》

より欲する形で欲することより欲する形で得することより欲する形で心地よくなることより欲する形で楽しむことより欲する形で善きことをすることより欲する形で義しいことをすることより欲する形で志を持つことより欲する形で徳を積むことより欲する形で疑うことより欲する形で信じること
より得する形で欲することより得する形で得することより得する形で心地よくなることより得する形で楽しむことより得する形で善きことをすることより得する形で義しいことをすることより得する形で志を持つことより得する形で徳を積むことより得する形で疑うことより得する形で信じること
より心地よい形で欲することより心地よい形で得することより心地よい形で心地よくなることより心地よい形で楽しむことより心地よい形で善きことをすることより心地よい形で義しいことをすることより心地よい形で志を持つことより心地よい形で徳を積むことより心地よい形で疑うことより心地よい形で信じること
より楽しい形で欲することより楽しい形で得することより楽しい形で心地よくなることより楽しい形で楽しむことより楽しい形で善きことをすることより楽しい形で義しいことをすることより楽しい形で志を持つことより楽しい形で徳を積むことより楽しい形で疑うことより楽しい形で信じること
より善い形で欲することより善い形で得することより善い形で心地よくなることより善い形で楽しむことより善い形で善きことをすることより善い形で義しいことをすることより善い形で志を持つことより善い形で徳を積むことより善い形で疑うことより善い形で信じること
より義しい形で欲することより義しい形で得することより義しい形で心地よくなることより義しい形で楽しむことより義しい形で善きことをすることより義しい形で義しいことをすることより義しい形で志を持つことより義しい形で徳を積むことより義しい形で疑うことより義しい形で信じること
より高い志で欲することより高い志で得することより高い志で心地よくなることより高い志で楽しむことより高い志で善きことをすることより高い志で義しいことをすることより高い志で志を持つことより高い志で徳を積むことより高い志で疑うことより高い志で信じること
より徳のある形で欲することより徳のある形で得することより徳のある形で心地よくなることより徳のある形で楽しむことより徳のある形で善きことをすることより徳のある形で義しいことをすることより徳のある形で志を持つことより徳のある形で徳を積むことより徳のある形で疑うことより徳のある形で信じること
より慎重に欲することより慎重に得することより慎重に心地よくなることより慎重に楽しむことより慎重に善きことをすることより慎重に義しいことをすることより慎重に志を持つことより慎重に徳を積むことより慎重に疑うことより楽形で信じること
より強く信じて欲することより強く信じて得することより強く信じて心地よくなることより強く信じて楽しむことより強く信じて善きことをすることより強く信じて義しいことをすることより強く信じて志を持つことより強く信じて徳を積むことより強く信じて疑うことより楽形で信じること

検索

コトバ - [##《他者》《求める思いこみ》表出《私》に伝わって《私》《身体》動かす。]

《息しつつあるモノ》 - [#《他者》《求める思いこみ》の圧力の空間。《他者》の好感と嫌悪感の空間。]

《ヒトの群れ》 - [#ヒト《他者》《求める思いこみ》を実現する《求める思いこみ》を、自己の《求める思いこみ》の一部として持つ。協働欲求。欲求分類リスト。]

『仕事』 - [#『仕事』《他者》《求める思いこみ》である。《他者の思いこみ》であり、《他者のアニマ》である。]

『なすべきこと』 - [#《身近な人びとの世界》は「誰某はxxと考えているらしい」という伝聞の世界《他者》の《他者》《思いこみ》で構成される世界である。主として《他者》の《他者》《求める思いこみ》で構成される世界。]

《身近な人びと》 - [《他者の他者》 - [『なすべきこと』 - [#《身近な人びとの世界》は「誰某はxxと考えているらしい」という伝聞の世界《他者》の《他者》《思いこみ》で構成される世界である。主として《他者》の《他者》《求める思いこみ》で構成される世界。]]]

《身体》 - [##《他者》《求める思いこみ》表出《私》に伝わって《私》《身体》動かす。]

仕合わせ - [##→《他者》《求める思いこみ》《動き》]

動かす - [《共振しつつあるモノ》 - [《個体間関係》への見通し - [《他者》《求める思いこみ》《私》《身体》動かす《私》《求める思いこみ》《私》《身体》動かすのと同じである。そればかりではなく、《私》《身体》は、モノたちとも共振して、モノたちの《求める思いこみ》にも反応して動く。しかし、そのように動いたのでは《私》《身体》は分裂してしまう。それゆえに、《私》は、動かずに、衝動として《私》の隠れた《求める思いこみ》として《私》《身体》の中に《他者》《求める思いこみ》を保持する。しかし、それでも《私》《思いこみ》は破裂してしまう。それゆえに、《私》は、衝動としての《思いこみ》を無害な形で噴出する必要がある。]]]

《他者》の《他者》 - [『なすべきこと』 - [#《身近な人びとの世界》は「誰某はxxと考えているらしい」という伝聞の世界《他者》の《他者》《思いこみ》で構成される世界である。主として《他者》の《他者》《求める思いこみ》で構成される世界。]]

《他者の思いこみ》 - [#ジョウキュウ・タモフン。《浄化球》《他者》《求める思いこみ》噴出。]

《求める思いこみ》 - [#《求める思いこみ》無限遠点において、《私》《求める思いこみ》と、《他者》《求める思いこみ》とは一致する。]

招魂 - [《他者の思いこみ》 - [#『他者のたましい』は《他者》《求める思いこみ》である。招魂は、死者の《求める思いこみ》を私の《思いこみ》として取り入れることである。]]

《共振しつつあるモノ》 - [《個体間関係》への見通し - [《他者》《求める思いこみ》《私》《身体》動かす《私》《求める思いこみ》《私》《身体》動かすのと同じである。そればかりではなく、《私》《身体》は、モノたちとも共振して、モノたちの《求める思いこみ》にも反応して動く。しかし、そのように動いたのでは《私》《身体》は分裂してしまう。それゆえに、《私》は、動かずに、衝動として《私》の隠れた《求める思いこみ》として《私》《身体》の中に《他者》《求める思いこみ》を保持する。しかし、それでも《私》《思いこみ》は破裂してしまう。それゆえに、《私》は、衝動としての《思いこみ》を無害な形で噴出する必要がある。]]

《繋がりつつあるモノ》 - [#《他者》《求める思いこみ》を充足させる《動き》はたくさんあるが、あまり、『感謝』はされない。《他者》の《怯え》を救う《動き》は『感謝』される。]

《見通し》 - [#《他者》《求める思いこみ》への共感。]

《混濁しつつあるモノ》 - [#ヒト《他者》《求める思いこみ》を実現する《求める思いこみ》を、自己の《求める思いこみ》の一部として持つ。協働欲求。欲求分類リスト。]

絶望 - [#《他者》《求める思いこみ》への共感と《見通し》。仲間としての共感と、獲物としての《見通し》。]

《浄化球》 - [#ここでの問題は、《他者》《求める思いこみ》は、その《他者》《動き》に内在する《求める思いこみ》なのか? 《他者》がその動きによって求めているはずの《求める思いこみ》なのか? 《他者》に内在しているはずの《求める思いこみ》か、噴出された動きに含まれる《求める思いこみ》なのか。]

《他者の知りつつあるモノ》 - [《他者の知りつつあるモノ》《他者》《求める思いこみ》]

《動き》の4点循環 - [##→《他者》《求める思いこみ》《動き》]

《他者の群れ》 - [#《身近な人びとの世界》は「誰某はxxと考えているらしい」という伝聞の世界《他者》の《他者》《思いこみ》で構成される世界である。主として《他者》の《他者》《求める思いこみ》で構成される世界。]

ゴミ箱2005-12 - [###まあね。「より確実な知識」を求めているのだろう。『より確実な知識』にたいする《他者》《求める思いこみ》が在る。]

ゴミ箱2005-11 - [#《他者》《知った思いこみ》世界噴出させて透明化しよう。すると、《他者》《求める思いこみ》が、それぞれの《他者》の内部に残っていることがわかる。]

ゴミ箱2005-09 - [#状況噴出《他者》《求める思いこみ》《知った思いこみ》《他者》《知りつつあるモノ》噴出である。]

ゴミ箱2005-08 - [#アングリマーラの殺害願望に表出を、受け取り、吸い取り、浄化するのは、ブッダ《求める思いこみ》である。アングリマーラの殺害への《求める思いこみ》と、ブッダの『《他者》《求める思いこみ》を浄化すること』への《求める思いこみ》。、]

《他者》への見通し - [他者を動かしている《思いこみ》は、《他者の身体》の中にある《求める思いこみ》であり、《他者の身体》が感じた彼以外の《他者》《求める思いこみ》である。そして、それは主として、《群有思いこみ》によって規制され、生き物としての《求める思いこみ》によって駆動されている。]

ゴミ箱2005-03 - [** 記憶の中の《他者》《求める思いこみ》。]

《個体間関係》への見通し - [《他者》《求める思いこみ》《私》《身体》動かす《私》《求める思いこみ》《私》《身体》動かすのと同じである。そればかりではなく、《私》《身体》は、モノたちとも共振して、モノたちの《求める思いこみ》にも反応して動く。しかし、そのように動いたのでは《私》《身体》は分裂してしまう。それゆえに、《私》は、動かずに、衝動として《私》の隠れた《求める思いこみ》として《私》《身体》の中に《他者》《求める思いこみ》を保持する。しかし、それでも《私》《思いこみ》は破裂してしまう。それゆえに、《私》は、衝動としての《思いこみ》を無害な形で噴出する必要がある。]

コトバ - [#タモイジ:《他者の求める思いこみ》からの《息しつつあるモノ》への《実感》。]

『仕事』 - [#《他者の求める思いこみ》《他者のコトバ》。]

モノ - [#《他者の知った思いこみ》と《他者の求める思いこみ》が全てである。]

《求める思いこみ》 - [《他者の求める思いこみ》《求める思いこみ》]

《浄化球》 - [《浄化球》《他者の求める思いこみ》、《求める他者の思いこみ》]

『仕事』 - [#『仕事』《他者の思いこみ》である。《他者の思いこみ》《複素数の時空》の中に在る。『仕事』《他者》からの《求める思いこみ》への応答である。《他者》《他者》からの《求める思いこみ》《複素数の時空》の中に在る。]

《今・ここの・この肉の塊》 - [『仕事』 - [#『仕事』《息しつつあるモノ》の無限循環である。『仕事』《息しつつあるモノ》と具体的な《他者》からの《求める思いこみ》との無限循環である。《息しつつあるモノ》→この《肉の塊》《動き》《他者》からの《求める思いこみ》《息しつつあるモノ》。]]