FrontPage  Index  Search  Changes  wikifarm  Login

《他者のコトバの世界》

キーワード《他者のコトバの世界》

定義

区別

《他者のコトバの世界》《繋がりの世界》

  1. 生身の《他者》との対話は《繋がりの世界》である。
  2. 掲示板での《他者》との対話は《他者のコトバの世界》に近い。
  3. テレビや看板やアナウンスは完全な《他者のコトバの世界》である。
  4. ケータイというのは使ったことがないが、《繋がりの世界》なのか? 電話は《繋がりの世界》だろう。

《今・ここの・このモノ》《他者のコトバの世界》

  1. 《今・ここの・このモノ》の問題は、見失われることである。《私》の生活の中の大部分の時間において、《今・ここの・このモノ》見失われている。何によって見失われているのか? 《他者》《コトバの世界》《私》自身の《思いこみの世界》入り込むことによって、《知りつつあるモノ》《今・ここの・このモノ》見失う。
  2. 《今・ここの・このモノ》《他者のコトバ》を《聞きつつあるモノ》である。
  3. 《今・ここの・このモノ》《他者のコトバの世界》に《入り込みつつあるモノ》である。

《今・ここの・このモノ》《他者のコトバの世界》

  1. 《知りつつあるモノ》は、《他者のコトバの世界》入り込むと《今・ここの・このモノ》見失う。
  2. 《モノの世界》《他者のコトバの世界》
  3. 《他者のコトバの世界》は、多数の《他者》噴出する多数のコトバの、動的で予測不可能なカオス世界である。本質的にはカオスだが、ある程度予測可能。《私》に定型的な反応を要求する《アニマ》である。
  4. 『仕事』《他者のコトバの世界》である。
  5. 書籍は《他者のコトバの世界》である。
  6. インターネットは《他者のコトバの世界》である。
  7. 法律は《他者のコトバの世界》である。
  8. 論理は《他者のコトバの世界》である。
  9. テレビ《他者のコトバの世界》である。
  10. 人ごみは《他者のコトバの世界》である。《他者》《身体》の出現自体が《他者》コトバである。
  11. 《他者の思いこみの世界》。《世界アニマ》

《世界アニマ》《他者のコトバの世界》

  1. 《世界アニマ》モノ《アニマ》も含む。
  2. 《他者のコトバの世界》《ヒトの群れのアニマ》である。《ヒトの群れのアニマ》の群れの内部からの感覚、体内感覚としての《ヒトの群れのアニマ》である。《他者のコトバの世界》《ヒトの群れのアニマ》体内感覚である。
  3. 《身近な人びと》の現れは《世界アニマ》噴出である。
  4. 誰が現れるかは、カオス的な「《世界アニマ》《背後者回路》」によって決まる。だいたい予想可能でもあるし、予想不可能でもある。《身近な人びと》がどのような《他者のコトバ》噴出するかは、予想不可能でもあるし、たいだい予想可能でもある。カオス的な「《世界アニマ》《背後者回路》」によって決まる。《世界アニマの背後者回路》はカオス的である。徴候が在る場合もあるし、無い場合もある。
  5. 《身近な人びと》《思いこみの世界》テレビ《思いこみの世界》。書籍の《思いこみの世界》。書籍は、その一つ一つが一つの《思いこみの世界》である。
  6. テレビは、混濁した《思いこみの世界》である。ばらばらな《思いこみの世界》の、断片的な《思いこみの世界》の集合である。
  7. 《身近な人びと》《思いこみの世界》は、或る《ヒトの群れ》を構成するときには一つの《思いこみの世界》となるが、それぞれのヒト《思いこみの世界》は、《ヒトの群れ》《思いこみの世界》とは別のモノである。《ヒトの個体》《思いこみの世界》と、《ヒトの群れ》《思いこみの世界》ヒトは、《ヒトの群れ》の一員として、一つの《思いこみの世界》を共有する。《ヒトの個体》は、個体としての《思いこみの世界》と、《ヒトの群れ》の一員としての《思いこみの世界》とを持つ。

検索

《他者のコトバ》 - [#完全に《他者のコトバの世界》もあるが、《私》が相互的に関与する場合には《繋がりの世界》になる。]

《入り込み》 - [#《他者》は出現するだけで《他者のコトバ》噴出し、《私》は強制的に《他者のコトバ》世界入り込む。完全に《他者のコトバの世界》もあるが、《私》が相互的に関与する場合には《繋がりの世界》になる。完全な《他者のコトバの世界》も一つの《繋がりの世界》である。テレビはいかに、うざかろうとも、一方的な《繋がりの世界》である。]

《ヒトの群れのアニマ》 - [#《他者のコトバの世界》《ヒトの群れのアニマ》体内感覚である。]

《世界アニマ》 - [《世界アニマ》《他者のコトバの世界》]

《他者のコトバ》 - [《他者のコトバ》世界《繋がりの世界》]

《入り込み》 - [#《他者》は出現するだけで《他者のコトバ》噴出し、《私》は強制的に《他者のコトバ》世界入り込む。完全に《他者のコトバの世界》もあるが、《私》が相互的に関与する場合には《繋がりの世界》になる。完全な《他者のコトバの世界》も一つの《繋がりの世界》である。テレビはいかに、うざかろうとも、一方的な《繋がりの世界》である。]

《世界アニマ》 - [#『空中ナパーム』という《思いこみ》噴出してきた。その《思いこみ》記憶から噴出してきた。記憶は、かつて《私》が体験した《世界アニマ》噴出の蓄積である。その《世界アニマ》はまるで、《他者のコトバ》世界である。《他者》《思いこみの世界》《私》《世界アニマ》として出現したモノである。実験場の映像であり、図解であり、説明のコトバが構成する《他者の思いこみ》が、《私》《世界アニマ》として出現したモノである。]

《混濁》 - [#『空中ナパーム』という《思いこみ》噴出してきた。その《思いこみ》記憶から噴出してきた。記憶は、かつて《私》が体験した《世界アニマ》噴出の蓄積である。その《世界アニマ》はまるで、《他者のコトバ》世界である。《他者》《思いこみの世界》《私》《世界アニマ》として出現したモノである。実験場の映像であり、図解であり、説明のコトバが構成する《他者の思いこみ》が、《私》《世界アニマ》として出現したモノである。]

《他者のコトバ》への見通し - [《共振しつつある世界》《他者のコトバ》世界である。]

Last modified:2006/02/11 18:40:10
Keyword(s):
References: