FrontPage  Index  Search  Changes  wikifarm  Login

《操りつつあるモノ》

キーワード《操りつつあるモノ》

定義

区別

《操りつつあるモノ》《視点のパラメータ》

  1. 科学者の《視点》は、自らの《見通し》科学コトバに翻訳する《視点》である。
  2. 仮説というコトバを操る《視点》である。仮説というコトバと、実験という技巧的な《動き》を通じて、《モノの世界》を操る《視点》である。
  3. 科学者の《視点》《操りつつあるモノ》《視点》である。
  4. 《操りつつあるモノ》《視点》は、目的的な《知りつつあるモノ》である。道具的な《知りつつあるモノ》である。《身体》《動き》と結びついた《知りつつあるモノ》である。《求めつつあるモノ》の手段としての《知りつつあるモノ》である。
  5. 『知ること』を《求めつつあるモノ》の手段としての《知りつつあるモノ》である。
  6. 『作ること』を《求めつつあるモノ》の手段としての《知りつつあるモノ》である。
  7. 『結果』を《求めつつあるモノ》の手段としての《知りつつあるモノ》である。
  8. 《求めつつあるモノ》の手段としての《知りつつあるモノ》《視点のパラメータ》は、《求めつつあるモノ》によって決まる。
  9. 《たけ(tk)の思いこみ》の完成』を《求めつつあるモノ》の手段としての《知りつつあるモノ》《視点のパラメータ》は、『《たけ(tk)の思いこみ》の完成』を《求めつつあるモノ》によって決まる。《ドメイン》の構成原理、《ドメイン》の《アニマ》

《息しつつあるモノ》《操りつつあるモノ》

  1. 《息しつつあるモノ》は、自覚的に息をする場合には、呼吸を《操りつつあるモノ》である。

動かしつつあるモノ》と《操りつつあるモノ》

  1. 主体AがモノBを動かすとき、主体Aを「モノBを《動かしつつあるモノ》」という。
  2. 主体AがモノBを動かすことによって、モノCを動かすとき、主体Aを「モノCを《操りつつあるモノ》」という。
  3. 《操りつつあるモノ》とは、媒介物を動かすことを通して、間接的にモノ動かすモノを言う。

《動きつつあるモノ》《操りつつあるモノ》

  1. 《動きつつあるモノ》は、それ自体を《操りつつあるモノ》である。
  2. 「それ自体を《操りつつあるモノ》」は対自的に分裂した《動きつつあるモノ》である。

《私》は、《ヒトの群れ》の中に存在するというそれだけのことによって、《他者の思いこみ》《操りつつあるモノ》である。ヒトの姿はコトバであり、《他者》コトバによって《思いこみ》を操られる。《他者》もまた、その存在というコトバによって、《私》《思いこみ》《操りつつあるモノ》である。

支配階級は制度の《ちから》を知っている。そして彼らに奉仕する知識人たちは制度を彼らのために操り、利用する。民衆は制度の《ちから》を知らない。制度を軽視して、無関心になり、制度の《ちから》に操られる。

《他者の思いこみ》を操るヒト=天上。《他者》《思いこみ》を操られるヒト=人間(じんかん)。

コトバ《操りつつあるモノ》

情報操作、世論誘導、「歪められたコミュニケーション」。

《思いこみつつあるモノ》は、《思いこみ》《表出しつつあるモノ》《思いこみ》《操りつつあるモノ》《思いこみ》《知りつつあるモノ》の合成されたモノである。

動かしつつあるモノ》としての《背後者》も、《隠れた思いこみ》表出であるととらえることができるだろう。しかし、見通すことはむずかしい。なぜなら、《知りつつあるモノ》が《動かしつつあるモノ》を見通すと、その《動かしつつあるモノ》は《知りつつあるモノ》《操られつつあるモノ》になってしまうからである。

《思いこみの表出》は、自覚的に行われる場合には、《思いこみ》《操りつつあるモノ》の作用である。

  1. 《思いこみ》《操りつつあるモノ》
  2. 《身体》《操りつつあるモノ》
  3. 自動車や自転車を《操りつつあるモノ》
  4. 《他者の思いこみ》《操りつつあるモノ》
  5. 従業員や部下や国民を《操りつつあるモノ》
  6. 道具《操りつつあるモノ》
  7. 貨幣を使って《他者》《操りつつあるモノ》
  8. 貨幣を使ってモノ《操りつつあるモノ》
Last modified:2006/03/12 01:03:25
Keyword(s):
References:[《群有思いこみ》] [《息しつつあるモノ》] [コトバ]