FrontPage  Index  Search  Changes  wikifarm  Login

《生きつつあるモノ》

キーワード《生きつつあるモノ》

定義

* いまいち不明。

《生きつつあるモノ》は『《諸々のxxしつつあるモノ》の総体の統合体』という《思いこみ》である。

《生きつつあるモノ》《近傍物理空間》の中にも《体内感覚世界》の中にもない。あるとすれば、《背後者世界》の中のモノである。

しかし、《知りつつあるモノ》《生きつつあるモノ》すなわち『《諸々のxxしつつあるモノ》の総体の統合体』が存在することを確信している。

《生きつつあるモノ》《息しつつあるモノ》によって生かされつつあるモノである。《息しつつあるモノ》によって生かされつつあるモノ《諸々のxxしつつあるモノ》の総体であり、その統合体が《生きつつあるモノ》である。

《息しつつあるモノ》によって生かされつつあるモノとは、《諸々のxxしつつあるモノ》のうち、息を止めたときに錯乱状態に陥るものを言う。《諸々のxxしつつあるモノ》は、すべて息を止めたときに錯乱状態に陥る。したがって、《諸々のxxしつつあるモノ》はすべて、《息しつつあるモノ》によって生かされつつあるモノである。

区別

《生きつつあるモノ》《知りつつあるモノ》

  1. 《知りつつあるモノ》《生きつつあるモノ》を構成する《諸々のxxしつつあるモノ》のうちの一つである。

《生きつつあるモノ》見通し

  1. 《生きつつあるモノ》からの噴出への見通しによって、《生きつつあるモノ》も見通せるはずである。
Last modified:2005/08/13 14:18:23
Keyword(s):
References: