FrontPage  Index  Search  Changes  wikifarm  Login

《思いこみの個体内循環》

キーワード《思いこみの個体内循環》

定義

区別

《知りつつあるモノ》《思いこみの個体内循環》

  1. 《知りつつあるモノ》の関心は個体内の《求める思いこみ》噴出である。
  2. 《知りつつあるモノ》が知った内容は《知った思いこみ》として個体内に蓄積される。

《共振しつつある身体》《思いこみの個体内循環》

  1. 《共振しつつある身体》は個体内の《求める思いこみ》噴出する。
  2. 《共振しつつある身体》《共振しつつある世界》《共振しつつあるモノ》を知ることにより、個体内に《知った思いこみ》を蓄積する。

《思いこみを表出しつつあるモノ》と《思いこみの個体内循環》

  1. 《思いこみの表出》は個体内の《求める思いこみ》噴出である。
  2. 《知りつつあるモノ》表出された《思いこみ》を知ることによって、個体内に《知った思いこみ》を蓄積する。

「構造」と《思いこみの個体内循環》

  1. 《思いこみの個体内循環》は「構造」によってその流れが決まる。「構造」は回路であり、パターンであり、行動様式・思考様式である。
  2. 「構造」は《他者の背後者》の構造である。《ヒトの個体》《背後者》の構造である。《私》《背後者》の構造である。
  3. 《私》《私》《背後者》の構造を知ることができない。
  4. 《私》《他者の背後者》の構造を、《他者》動きによって、《他者》《思いこみ》噴出によって、知る。
  5. 何故に、《私》《私》自身の《背後者》の構造を知ることができないのか?
  6. 《私》《私》《背後者》の構造を知ろうとするとき、《私》《背後者》の構造は破壊される。遺跡の発掘は破壊的なのである。
Last modified:2005/07/09 11:01:53
Keyword(s):
References: