FrontPage  Index  Search  Changes  wikifarm  Login

《思いこみの共有》

キーワード《思いこみの共有》

定義

《思いこみの共有》とは: 複数の《ヒトの個体》が同一の《思いこみ》を共有すること。『同一の《思いこみ》を共有している』という《思いこみ》を伴った《思いこみ》を複数の《ヒトの個体》が同時に持つことを言う。

区別

事実上の《思いこみ》の分有:は偶然に(共有意識ナシに)複数の《ヒトの個体》が同一の《思いこみ》を、それぞれ無関係に持っていること。

一方的な《思いこみの共有》:一方の《ヒトの個体》が『思いこみの共有』の《思いこみ》を持っているが、相手の個体が持っていない場合。一方的な《共有思いこみ》。書籍の読者は作者と《思いこみ》を共有しているという《思いこみ》を持つが、作者のほうは、読者の存在さえ知らない。

《思いこみの共有》の確認行動:相手が自分と同様の《思いこみの共有》の状態であるかどうかを確認する行動。

《共有思いこみ》:は『複数の《ヒトの個体》が共有している(はず)』という《思いこみ》を伴う《思いこみ》

《群有思いこみ》:は『自分が属する《ヒトの群れ》の全員が共有している(はず)』という《思いこみ》を伴う《思いこみ》

Last modified:2005/05/08 00:39:09
Keyword(s):
References: