FrontPage  Index  Search  Changes  wikifarm  Login

《混濁の噴出》

キーワード《混濁の噴出》

定義

噴出公理に基づいて再構成された《混濁》

区別

《混濁の噴出》《混濁》からの《思いこみ》噴出

  1. 《混濁》モノとして、《思いこみ》を内部に持つようである。
  2. 《我》《混濁》を内部から見る。内部が透明化され、部屋の内部から部屋の壁を見た状態になる。《混濁の噴出》は壁の向こう側から壁が吹き出してくることを、部屋の内部で見るかたちになる。壁の向こう側の世界モノとしての《混濁》である。世界が、モノとして《思いこみ》噴出する。

噴出公理」と《混濁の噴出》

  1. 噴出公理」というのは『モノの持続はモノの内部の《思いこみ》噴出である』という捉え方のこと。
  2. 漏尽。
  3. モノ噴出と捉えることにより《透明化》が可能であるという考え方。

《状況》《混濁の噴出》

  1. 《混濁の噴出》は「《状況》への見通し」の考察で出てきた概念ではある。
  2. 《混濁》から《状況》への移行の過程で必要な概念なのだろう。
  3. 《状況》《混濁》《背後者》である。《混濁》《混濁の噴出》になり、《混濁の噴出》の先にあるモノ《状況》である。《混濁》《背後者世界》の中にあり、《背後者世界》《共振しつつある身体》の中にあり、《共振しつつある身体》《状況》の中に在る。
  4. 《混濁の噴出》《状況の噴出》として捉えるべきである。

《混濁の噴出》《知りつつあるモノ》

  1. こちら側の《混濁の噴出》《知った思いこみ》への噴出《求める思いこみ》への噴出《動きつつあるモノ》への噴出に分かれる。
  2. 《知りつつあるモノ》《混濁の噴出》である。

《混濁》《混濁の噴出》

  1. 《混濁》《背後者》《背後者》からの噴出《混濁の噴出》
  2. 《混濁》《背後者世界》の中に在る。

《混濁》への噴出《混濁》からの噴出

  1. 《背後者》から《混濁》への噴出《混濁》から《知られつつある世界》への噴出
  2. 《混濁》での噴出《混濁》への噴出《混濁》からの噴出
  3. 《混濁》噴出すること。《混濁》《背後者》から噴出してくること。
  4. 噴出の場としての《混濁》と、噴出する内容としての《混濁》

《混濁の噴出》《混濁の世界》の中のモノ噴出

こちら側での噴出とあちら側での噴出

  1. 《近傍物理空間》噴出《体内感覚世界》噴出、とはちょっと違うかも。《体内感覚世界》噴出であっても、身体的な感覚はあちら側での噴出
Last modified:2005/09/27 22:22:42
Keyword(s):
References: