FrontPage  Index  Search  Changes  wikifarm  Login

《混濁の世界》

疑問

  1. 《知られつつある混濁》と同じ?○:記述を見ると、全く同じやん。×:。

記述

  1. 第一の《混濁の分離》において、《混濁》《知りつつある混濁》《知られつつある混濁》とに分離した。
  2. 《知りつつある混濁》は単に《知りつつあるモノ》と呼ぶ。
  3. 《知られつつある混濁》《知りつつあるモノ》を取り囲む世界であるように感じられた。それゆえ《知られつつある混濁》《混濁の世界》と呼ぶ。
  1. 《混濁》は、《知られつつあるモノ》である。
    1. 同時に、《混濁》は、「《知られつつあるモノ》としての《混濁》」を《知りつつあるモノ》である。
    2. 《混濁》は、《知られつつあるモノ》としての《混濁》と、《知りつつあるモノ》としての《混濁》とに分かれる。
    3. 《知られつつあるモノ》としての《混濁》《混濁の世界》と呼び
    4. 《知りつつあるモノ》としての《混濁》は、単に《知りつつあるモノ》と呼ぶ。
  2. 《混濁の世界》は、モノ《思いこみ》とによって構成されている。
    1. モノとは、《混濁の世界》の中にあって、《知りつつあるモノ》と同程度に確からしさをもつ部分を言う。

区別

検索

《混濁》 - [#《混濁》《知られつつあるモノ》である。「《知られつつあるモノ》としての《混濁》」を《混濁の世界》と呼ぶ。《知られつつあるモノ》には、それに対応する《知りつつあるモノ》がある。《混濁》《知りつつあるモノ》《混濁の世界》とに分離する。]

《身体》 - [#広義の《近傍物理空間》《混濁の世界》《身体》によって、狭義の《体外直知時空》《体内感覚世界》とに別れる。]

《息しつつあるモノ》 - [#《混濁》《知られつつある世界》《混濁の世界》)と《知りつつあるモノ》とに分離した。]

《混濁の分離》 - [##《知られつつある世界》《知られつつある混濁》《混濁の世界》。]

モノ - [#モノとは、《混濁の世界》の中にあって、《知りつつあるモノ》と同程度に確からしさをもつ部分を言う。]

《ヒトの群れ》 - [《ヒトの群れ》《混濁の世界》]

《怯え》 - [#《彼》の眼に怯えて立ち止まってはならぬ。《彼の眼》を突き抜けて、《彼の背後者》を突き進み、《彼の背後者》の《無限遠点》を突き破れ。そうすれば、(《混濁の世界》を経て・・)戻ることができる。]

《体内感覚世界》 - [#《体内感覚世界》は、《混濁の世界》《身体》の内外で分離した結果として生じる。]

《私》 - [#《混濁》においては《知りつつあるモノ》《混濁の世界》の中心であり、絶対的な唯一の世界の中心である。《知りつつあるモノ》は《絶対者》である。]

《今ここのモノ》 - [#《知りつつあるモノ》《混濁》から分離したモノである、《混濁の世界》の中で消極的に存在するモノである。]

《求める思いこみ》 - [#《混濁》《知りつつあるモノ》《混濁の世界》とに分離し、《混濁の世界》《近傍物理空間》《思いこみ》とに分離する。]

《繋がり》 - [《混濁の世界》 - [#じゃ、《近傍物理空間》《体内感覚世界》なのだ、というのはおかしくはないか? じつは《近傍物理空間》も、五感によって得られた情報を体内で再構成した体内感覚に過ぎないのだ。で、体内感覚は空間定位が曖昧だから、《近傍物理空間》を、体外にあるモノとして、思いこんでいるのだ。しかし、問題は、《近傍物理空間》の場合には、五感によって持続的に検証されており、実際に体外にヒトがっている世界と対応関係にあることが、経験的に確信をもって言える、ということに特徴があるのだ。]]

《知りつつあるモノ》 - [#《混濁の世界》《知りつつあるモノ》、と、《身体》内部のモノとしての《知りつつあるモノ》。]

《近傍物理空間》 - [《混濁》は、《知りつつあるモノ》《混濁の世界》に分離し、《混濁の世界》は、最初、《近傍物理空間》《思いこみ》とに分離する。]

《宇宙史》 - [#《混濁》《混濁の世界》《知りつつあるモノ》とに分離する。]

《体内感覚》 - [《混濁の世界》《近傍物理空間》《体内感覚世界》とに分離し、《体内感覚世界》《思いこみ》と「狭い意味での体内感覚」に分離する。]

『意味』 - [《息しつつあるモノ》 - [#《知りつつあるモノ》に注目していると、《混濁の世界》が再び現れるが、それは、《混濁しつつある身体》として《身体》の形に凝縮する。《混濁しつつある身体》のなかでは、《知りつつあるモノ》がもたらした区別(《体内世界》の中の《知られつつある世界》《体内感覚世界》=と《認識限界》と《背後者》との区別)は意味を持たなくなる。この区別は《知りつつあるモノ》への執着によって生じたモノなのであろう。]]

《ハウリング》 - [《味わい》 - [#《混濁の世界》《味わい》はない。・・在るのかな? 『まずい』《味わい》があるのか? ハウリングの不快さの《味わい》がある、というべきか?]]

《直知》 - [《混濁の世界》の《認識限界》と《背後者》 - [しかし、もう一ひねり必要である。というのは、《知りつつあるモノ》は、それと《混濁の世界》との間の《認識限界》が見えないのである。《知りつつあるモノ》《混濁の世界》を直接知っているのである。すなわち、《知りつつあるモノ》《混濁の世界》と直接接していると言うべきである。これを考慮すると、《知りつつあるモノ》《混濁の世界》の《認識限界》の表面にあると言うべきであろう。]]

《思いこみ》 - [《混濁》《知りつつあるモノ》《混濁の世界》とに分離し、《混濁の世界》から《体外直知時空》が分離したとき、《混濁の世界》のうちの《近傍物理空間》以外の部分を《思いこみ》と呼ぶ。]

《複素数の時空》 - [#そもそも、プラスだとかマイナスだとか、距離の二乗がどうのこうのだとか、というのは《数学的な思いこみの世界》の中での話ではないか。『そんなのカンケーねーよ』ってのが《混濁の世界》だ。《混濁しつつある身体》《混濁の世界》の一部だから、《数学的な思いこみの世界》なんて『そんなのカンケーねーよ』。]

《他者の思いこみ》 - [#《私》《思いこみ》《私》《混濁の世界》の中の存在であるなら、《他者》にとって《他者の思いこみ》は彼の《混濁の世界》の中の存在である。]

《実感》 - [《混濁の世界》の《認識限界》と《背後者》 - [## 《生きつつあるモノ》への見通しと実感]]

《背後者回路》 - [#《私》の『自我イメージ』は、《混濁》の中に溶けて消える。《混濁の世界》の中に消えている。]

《味わい》 - [#《混濁の世界》《味わい》はない。・・在るのかな? 『まずい』《味わい》があるのか? ハウリングの不快さの《味わい》がある、というべきか?]

《呼吸停止の実験》 - [《混濁の世界》の《認識限界》と《背後者》 - [## 呼吸停止の実験]]

《背後者世界》 - [《混濁の世界》認識限界の先にあるはずのモノ《背後者》と呼び、《背後者》が構成する世界《背後者世界》と呼ぶ。]

《絶対者公理》 - [#天上天下唯我独尊、というのは傲慢な表現である。しかし、この時点で「私が知っているのは、世界の中心には私がある」ということだけである。この時点では世界《混濁》の闇の中にある。それゆえに、「世界の中心」から《混濁の世界》への《見通し》を、これから、求めていくモノ、なのである。ソクラテスの、無知の知を《知りつつあるモノ》は、無知の知を《知りつつあるモノ》世界の中心であるということを知っている、ということである。]

動かす - [《混濁の世界》の《認識限界》と《背後者》 - [《身体》の特殊性は、《身体》が感じたものはそのまま《知りつつあるモノ》が感じることができること、および、《知りつつあるモノ》が意図すると、そのまま《身体》動かす《ちから》になるように思われることである。]]

「《知りつつあるモノ》はある」か? - [《混濁の世界》の中心としての《知りつつあるモノ》→「《知りつつあるモノ》はある」か]

《ちから》 - [《混濁》への見通し - [:《混濁》《混濁の世界》《体内感覚世界》体内感覚《ちから》]]

《体内世界》 - [ゴミ箱2005-06 - [《混濁の世界》《近傍物理空間》《体内世界》に分かれ]

概要 - [#《知られつつあるモノ》としての《混濁》《混濁の世界》と呼ぶ。]

古い概要1 - [##《混濁の世界》《近傍物理空間》《体内感覚世界》とに分かれる。と修正しておこう。《思いこみ》《体内感覚世界》の中のモノの一つである。]

《共振しつつあるモノ》 - [《混濁の世界》 - [#本当の《近傍物理空間》があって、そこから身体が感じ取った内容を再構成したモノが『近傍物理空間』だとすると、『近傍物理空間』は《思いこみ》じゃん。そうだよ。だから、本当の《近傍物理空間》《知りつつあるモノ》《背後者》としての《共振しつつある身体》の先で《共振しつつある世界》として存在しているのだ。]]

『省察』 - [#たけ(tk)《混濁》においては、《思惟しつつあるモノ》は分解してしまう。《思惟しつつあるモノ》が分解して、疑わしいモノに分解した後に、もっとも疑わしさの少ない存在が《知りつつあるモノ》であり、その対比として、《知りつつあるモノ》以外のモノの全体としての《混濁の世界》が存在自体としては確からしいモノとして現れる。]

《息しつつある混濁》 - [《息しつつあるモノ》を中心にして《混濁の世界》を再構成すると、再び《混濁》に戻るが、その《混濁》は点的な《知りつつあるモノ》によってではなく面的もしくは立体的な《知りつつある身体》によって知られるようになる。その世界《息しつつある混濁》と呼ぶ。]

《モノの世界》を《コトバ》で説明することと自己言及 - [《混濁の世界》をしばらく楽しむと、《知りつつあるモノ》のまわりには《モノの世界》があることに気がつく。ここでの《モノの世界》というのは《知りつつあるモノ》が直接に知ることができる範囲の物理的空間のことである。これを《近傍物理空間》と呼ぶことにする。]

ルール - [《混濁の世界》の《認識限界》と《背後者》 - [《知りつつあるモノ》《思いこみ》の中に入ることができる。《知りつつあるモノ》《思いこみ》の中に入ると、その「《思いこみ》世界ルール」によって規定されたモノしか認識できなくなる。《思いこみ》による認識は様々である。]]

《群れの思いこみ》 - [#《群れの思いこみ》《私》《混濁の世界》の中で直接には知ることができない。《私》《思いこみ》である。]

原因 - [《混濁の世界》の《認識限界》と《背後者》 - [《身体》の中の動き原因となる場所を体内感覚で知ると、そこに見つかるのは《諸々のxxしつつあるモノ》である。《諸々のxxしつつあるモノ》は「xxしつつある」という作用の原点であり、それ以上の先にある作用が見えなくなる場所である。]]

キーワード - [## 《混濁の世界》《知られつつある世界》]

《知りつつある混濁》 - [#《知りつつある混濁》であるとしても、《混濁の世界》の全体を《知りつつある混濁》は、そこに置かれた全ての点において「こちら側の一点」を中心とした曖昧な部分、であることには変わりはなく、その《背後者》も想定可能であり、こちら側の一点を中心とした部分は《混濁の世界》の《認識限界》の面の一部であることにも変わりはない。]

ノイズ - [《知りつつあるモノ》 - [#《混濁》に、「知る」というノイズを付加すると、《混濁》《知りつつあるモノ》《混濁の世界》とに分離する。]]

脳科学 - [#《我》《混濁の世界》の《認識限界》の先で《我》にそれを現出させている原理。《混濁の世界》《背後者》としての脳現象。《混濁の世界》の《認識限界》の先に見通されるべきモノとしての脳現象。]

古い目次1 - [# 《混濁の世界》の《認識限界》と《背後者》 "limit of view" of "opacity" and "behinders"]

《知られつつある世界》 - [《知られつつある世界》《混濁の世界》の別名]

《他者の背後者回路》 - [#《混濁の世界》《近傍物理空間》《他者の身体》《他者の背後者回路》]

ゴミ箱2005-11 - [#「《混濁》の第三次分離」=《混濁の世界》+《認識限界》+《背後者》の分離のこと。]

ゴミ箱2005-09 - [#《混濁》《混濁の世界》《背後者世界》である。《混濁》とその《背後者》である。《混濁》とその原因である。《混濁》《背後者》噴出である。]

《混濁の噴出》 - [《混濁の噴出》《混濁の世界》の中のモノ噴出。]

ゴミ箱2005-08 - [#《混濁》《混濁の世界》《知りつつあるモノ》とに分離する。]

ゴミ箱2005-07 - [#《私》の『自我イメージ』は、《混濁》の中に溶けて消える。《混濁の世界》の中に消えている。]

《疑いつつあるモノ》から《混濁》へ - [#従って、再び二つのモノ、《疑わしいモノどもを不断に生成しつつある世界》(《混濁の世界》)と《知りつつあるモノ》が存在するようになる。]

《混濁》への見通し - [:《混濁》《混濁の世界》]

《混濁の世界》の《認識限界》と《背後者》 - [!《たけ(tk)の思いこみ》《混濁の世界》の《認識限界》と《背後者》]

《体内感覚世界》への見通し - [:《混濁》《混濁の世界》]

ゴミ箱2005-06 - [#《疑わしいモノどもを不断に生成しつつある世界》がある。《疑わしいモノどもを不断に生成しつつある世界》と《疑いつつあるモノ》とがある。《混濁の世界》?]

《知りつつある身体》 - [《混濁》《混濁の世界》《知りつつあるモノ》に分離する。《知りつつあるモノ》は、緊張しているときには点になるが、弛緩すると《身体》内部に立体的に拡散する。その身体内に拡散した状態の《知りつつあるモノ》《知りつつある身体》という。]

《息しつつあるモノ》による再構成 - [しかし、不思議なことに《知りつつあるモノ》が眠った状態になっても《知られつつある世界》はそのままである。すなわち《混濁の世界》は知られつつある状態のままである。]

《背後者》への見通し - [前は:《混濁の世界》の《認識限界》と《背後者》]

《同質者公理》による再構成 - [#《混濁の世界》モノとしての《身体》、体外感覚によって知られたモノとしての《身体》]

《混濁の世界》の中心としての《知りつつあるモノ》 - [《混濁》《混濁の世界》の中心としての《知りつつあるモノ》]