FrontPage  Index  Search  Changes  wikifarm  Login

《混濁しつつあるモノ》

キーワード《混濁しつつあるモノ》

定義

《混濁しつつあるモノ》《体内感覚世界》《混濁》噴出しつつある《身体》である。

  1. 《知りつつあるモノ》《混濁しつつあるモノ》《混濁しつつある身体》《肉の塊》
  2. 《混濁しつつあるモノ》は全体性を回復した《身体》である。

《混濁しつつあるモノ》とは混濁しつつある《群れ》であり、《混濁しつつある群れ》において、《群れの中の個体》が相互に無秩序に繋がりつつある状態である。

区別

《混濁しつつあるモノ》《実感》

  1. 《混濁しつつあるモノ》《実感》ではない。ので、このページはボツ。
  2. 《混濁しつつある身体》《実感》である。

《混濁》《思いこみ》

  1. 《混濁》というのは《思いこみ》《混濁》である。《思いこみ》を捨て去れば、《混濁》も捨て去られる。
  2. 《混濁しつつあるモノ》《思いこみつつあるモノ》の一つの《かたち》である。

《混濁しつつあるモノ》《撹乱されつつあるモノ》

  1. 《知りつつあるモノ》は、《他者》の出現によって撹乱され、《混濁しつつあるモノ》になる。《他者》の出現によって《混濁しつつあるモノ》は、《他者》によって《撹乱されつつあるモノ》である。《撹乱されつつあるモノ》《他者》によって《混濁しつつあるモノ》である。
  2. 《混濁しつつあるモノ》は、《他者》の出現によって出現するモノだけではない、だろう。
  3. 《混濁しつつあるモノ》多次元輪郭空間の原点にあり、《撹乱されつつあるモノ》多次元輪郭空間の中の一つの《視点》である。
  4. 《撹乱されつつあるモノ》は、《撹乱されつつあるモノ》《視点》への《視点の移動》によって生じた《視点》である。

《混濁しつつあるモノ》《浄化球》

  1. 《混濁しつつあるモノ》《視点》《視点のパラメータ》の座標軸の原点にある。多次元輪郭世界の原点にある。
  2. 多次元輪郭空間に点在するさまざまな《視点》への《見通し》
  3. 《群れの中の個体》《視点》への《見通し》《視点の移動》相変異、《ドメイン》の移動。《視点》の位置への《見通し》《視点》を鏡とした鏡像への《見通し》《群れつつあるモノ》《視点》への《見通し》《群れつつある混濁》《視点》への《見通し》
  4. 基体が同じでも《視点》が異なれば別のモノである。別のモノとして扱うことによって、《視点》の違いが見えてくる。
  5. 《繋がりつつあるモノ》《混濁しつつあるモノ》は、基体は同じである。しかし、別のモノである。《視点》が異なる。《繋がりつつあるモノ》《視点》への《見通し》《繋がりつつある混濁》《視点》への《見通し》
  6. 《繋がりつつある混濁》《混濁しつつあるモノ》とは同じモノか? 《混濁しつつあるモノ》が他のモノと繋がりつつある時に、《繋がりつつある混濁》になる。《混濁しつつあるモノ》《繋がり》とは?
  7. 《混濁しつつあるモノ》は他のモノとの《繋がり》を発見した瞬間に、《繋がり》《混濁》に陥り、《繋がりつつある混濁》になる。《繋がりつつある混濁》《混濁しつつあるモノ》の自然な拡張である。さらにそれは、《群れつつある混濁》に自然に拡張する。のか? 《視点の移動》があるのではないか?

《混濁しつつあるモノ》モノ《群れ》、《モノの群れ》

  1. 《私》は体細胞の《群れ》である。《体細胞の群れ》
  2. 《私》《思いこみ》《群れ》である。
  3. 《私》《隠れた思いこみ》《群れ》である。
  4. 《私》《視点》《群れ》である。多次元輪郭空間
  5. 《私》モノ《群れ》である。
  6. 《私》は《モノの群れ》の《群れの中の個体》が相互に無秩序に繋がりつつある状態のモノである。
  7. 《混濁しつつある群れ》の《浄化》には、(a)《群れの中の個体》を除去する方法、(b)《群れの中の個体》《ちから》を加えて秩序化する方法、(c)《群れ》の中の《混濁》の中に秩序を見つける方法とがある。

《混濁しつつあるモノ》《ヒトの群れの体内感覚》

  1. 《ヒトの群れの体内感覚》《混濁しつつあるモノ》である。
  2. 《混濁しつつあるモノ》とは、混濁しつつある《群れ》である。《混濁しつつあるモノ》とは《混濁しつつある群れ》において、《群れの中の個体》が相互に無秩序に繋がりつつある状態である。

《混濁しつつあるモノ》《知りつつあるモノ》

  1. 《知りつつあるモノ》は『《知りつつあるモノ》の不存在』への《怯え》が生み出した幻である。
  2. 《知りつつあるモノ》《混濁しつつあるモノ》《混濁》の中にあり、不透明な《混濁》の中にある。可知、不可知の曖昧な《混濁》の中にある。
  3. 《知りつつある混濁》《知りつつあるモノ》《混濁しつつあるモノ》自体である。
  4. 《知りつつある混濁》から《知りつつあるモノ》を分離する』ことを《求める思いこみ》。分析のステップとしては有用である。しかし、結局《知りつつあるモノ》《混濁》の中に消えていく、という結論になる。

《混濁しつつあるモノ》《浄化球》

  1. 《今・ここの・このモノ》《混濁しつつあるモノ》である。
  2. 《混濁しつつあるモノ》《近傍物理空間》の中にある。
  3. 《混濁しつつあるモノ》《近傍物理空間》は、かすかに混濁している。
  4. 《混濁しつつあるモノ》世界の前後左右上下の無限遠点《浄化球》を置いてみよう。足元の《浄化球》は、何故か、力がない。そうじゃないな。《混濁しつつあるモノ》は足元に《浄化球》を作り出すほどの集中力がない、のだな。元気を出して足元の《浄化球》を作り出す。《混濁しつつあるモノ》は疲れ切っている。
  5. 《疲れ》を噴出すると《息》が戻る。しばし、《息しつつあるモノ》と足元の《浄化球》に身を任せよう。
  6. 《混濁しつつあるモノ》から《浄化球》噴出する。
  7. 《混濁しつつあるモノ》は混濁しつつある世界に押しつぶされそうになるが、混濁しつつある世界からの噴出を受け入れることによって形を取り戻す。混濁しつつある世界噴出《混濁しつつあるモノ》を通って《浄化球》噴出する。網目の人形のような《今・ここの・このモノ》
  8. 茶色の《混濁》、黒の《混濁》、白の《混濁》、赤の《混濁》。砂の《混濁》。板の《混濁》。闇の《混濁》、脂の《混濁》《浄化》による無限遠点の崩落。虚空の《混濁》。虚空の《混濁》の各点の《背後者》からの噴出《複素数の時空》《混濁》
  9. 《浄化》による無限遠点の崩落は、もっぱら心理的なモノである。どういう心理的な構造なのか? 日常的な感覚の世界が茶色の《混濁》である。その無限遠点が崩落すると黒の《混濁》になる。強固な黒い壁での塊である。黒の《混濁》は日常的な感覚世界をまもる壁のようなものであろう。黒の《混濁》の崩落によって白の《混濁》が現れる。おそらく、日常感覚をまもる壁に根拠がないこと、空虚であることを意味しているのだろう。壁の空虚さが白の《混濁》である。次に現れる赤の《混濁》は、《身体》的なモノであるように思われる。赤の《混濁》は、場合によっては針の壁の《混濁》として現れる。《身体》の緊張状態の違いが反映しているのではないか? 
  10. 前後左右上下の無限遠点の面の崩落を無限に繰り返す、という《混濁》。崩落においても、《今・ここの・このモノ》の形は、網で作った人形のように維持される。《息しつつあるモノ》はその中にある。
  11. 茶色の《混濁》、黒の《混濁》、白の《混濁》、針の壁の《混濁》

《決めつつあるモノ》《決め》と《混濁しつつあるモノ》

  1. 《身体》動きは《決め》である。複数の選択肢の中から一つを選択することは《決め》である。
  2. 《混濁しつつあるモノ》は決めること好まない。《見通し》は《決め》ではない。《決め》は《見通し》を妨げる。
  3. 《ヒトの群れ》は《決め》の塊である。《こころざし》は《決め》である。
  4. 《こころざし》《見通し》を妨げる、か? 《こころざし》は、《こころざし》の中での《見通し》を生み出す。《思いこみの中での見通し》である、か? 《繋がりの中での見通し》だな。《繋がりの中での見通し》とは?《繋がり》ヒトの個体間の動的な《思いこみ》循環。相互確認的な《思いこみ》《繋がり》《共有思いこみ》の確認作業。
  5. 決めるというのは《思いこみ》を固定すること。《思いこみ》の連想関係を固定すること。
  6. 連想の原因となる《思いこみ》を、動機型認識概念、という。
  7. ステレオタイプ
  8. 動機型認識概念は、その《思いこみ》の属性ではなく、《思いこみ》をするヒトの内部状態によって決まる。《混濁しつつあるモノ》の内部状態によって、ある《思いこみ》が連想の原因となるかどうかが決まる。
  9. 《知った思いこみ》から《求める思いこみ》への連想。
  10. 「連想」というコトバは、《知った思いこみ》から《知った思いこみ》への繋がりを意味するか?
  11. 「連想」は《思いこみ》原因と結果の関係、因果関係、なのだが、法則的なものではなく、任意に決定することが可能な因果関係。因果関係の範疇に入るのか? マッピング、rubyのハッシュ。
  12. 《混濁しつつあるモノ》《決めつつあるモノ》であることができるか? 《混濁》の中では何も決めることはできない。《混濁》の中では決めたことは《混濁》の中に消えてしまう。《混濁》の中には決める基準を求めることができない。
  13. プログラムというのは《決めること》の固まりなんだよね。

《混濁しつつあるモノ》《憎みつつあるモノ》

  1. 《憎みつつあるモノ》というのは、身体的な《求める思いこみ》を、《知りつつあるモノ》を通じて噴出しつつあるモノのこと。
  2. 《混濁しつつあるモノ》は他のモノに接近しようとする時、そのモノ《憎みつつあるモノ》である。加害的な可能性を否定しないからこそ、加害への《怯え》より強い《求める思いこみ》があるからこそ、接近できるのである。

《混濁しつつあるモノ》《浄化球》

  1. 《今・ここの・このモノ》《混濁しつつあるモノ》である。
  2. 《混濁しつつあるモノ》世界《浄化球》をおいてみよう。
  3. 世界が浄化され、《身体》から《混濁》噴出し、《身体》も浄化される。どこから《混濁》噴出したのか。
  4. 《いま・ここ》という何もないはずの一点から、その《背後者》から《混濁》噴出している。《いま・ここ》の《背後者》から《混濁》噴出する。《いま・ここ》の《背後者世界》からの噴出。《いま・ここ》の《過去》からの噴出。《いま・ここ》の虚数軸の世界からの噴出。《いま・ここ》の《未来》からの噴出。《いま・ここ》の《虚数軸の世界》からの《実数軸の世界》への噴出。《いま・ここ》の《虚数軸の世界》の《浄化》
  5. 虚数軸の世界を浄化すると、《8次元時空》、《複素数の時空》が開けて、《混濁しつつあるモノ》は《8次元の時空》の中で《混濁しつつあるモノ》になる。《8次元時空》の中の《混濁しつつあるモノ》は8次元の形を持つ《身体》である。8次元の《身体》である。時間軸(実か虚か?)にそって糸のように伸びた《身体》である。
  6. うむ?。時空の座標軸の目盛を二乗値で刻むと、-ct**2+l**2=r**2は直線になる。
  7. 《混濁しつつあるモノ》《複素数の時空》の中にある。《複素数の時空》を浄化すれば多次元輪郭世界が開けてくる。それで、打ち止めだ、知的好奇心が消失していく。
  8. 知的好奇心が消滅したら、《たけ(tk)の思いこみ》にまとめていこう。

《混濁しつつあるモノ》ヒト

  1. 《混濁しつつあるモノ》において、ヒトは全体性を回復する。《混濁しつつあるモノ》が「ヒト」に一番近い。
  2. 《混濁しつつあるモノ》ドメインと、《知りつつあるモノ》ドメインとは別である。
  3. 《混濁しつつあるモノ》《複素数の時空》の中にある。《複素数の時空》ドメインごとにある。
  4. 《複素数の時空》はパラレルワールドとちょっと違う。パラレルワールドは二つの世界であり、裏の世界は一つであるというイメージ。《私》のパラレルワールドと《他者》のパラレルワールドとは同一である、というイメージ。《複素数の時空》では《私》の虚数時空と《他者》の虚数時空とは異なる。虚数時空は実数時空の各場所に存在する。虚数時空と実数時空とは直交しており、合成すると《8次元時空》になる。

《混濁しつつあるモノ》《ヒトの群れの体内感覚》

  1. ゆるい《群れ》と、きつい《群れ》。まばらな《群れ》と、密集した《群れ》
  2. 《群れ》の奥底と、《群れ》の表面。
  3. 大きい《群れ》と、小さな《群れ》
  4. 大きな《群れ》の奥底で、大きな《群れ》見通して、動かす、というのは快感か?
  5. 学者は《群れ》を外部から見る。担当者は《群れ》動きの一部分を見る。《群れ》の支配者は《群れ》の全体を見通す、べきであるが、実際には、一部分しか見えていない。
  6. ハグレ猿《群れ》を外部から見る。追従ザル《群れ》の一部の《動き》を構成する。ボス猿《群れ》の全体を見通すべき、ではあるが、・・。
  7. 脳の細胞は、悲惨である。脳全体としては、ある程度《身体》の全体を見通している。が全体を見通している細胞はあり得ない。群れの中のヒトは群全体の動きの一部分を担当できるに過ぎない。ヒトは自らの眼によってではなく、伝聞によって、《ヒトの群れ》《ヒトの群れの体内感覚》で感じる。
  8. 《ヒトの群れ》の中の伝聞情報。伝聞情報による《見通し》

《混濁しつつあるモノ》『なすべきこと』相変異

  1. 群生相において『なすべきこと』と孤独相において『なすべきこと』とでは異なる。
  2. 俗っぽく言えば、昼間は活動的に、夜間は反省的に。
  3. 昼間の活動を反省する、というのは、孤独相と群生相との統合の秘訣かもしれない。それ自体としては根本的に異なるのであるが、孤独相において群生相での活動を反省すれば、孤独相における《思いこみ》のレベルで統合され、孤独相における《思いこみ》《隠れた思いこみ》として《背後者》に保管されて、群生相における活動に影響を与える。
  4. しかし、その方法は、群生相における活動を中心にすることになる。孤独相における見通しを見通すことにはならない。群生相における活動に中心的価値を置く、か、孤独相における見通しに中心的価値を置く、か。
  5. 《モノの世界》への見通しで、得るモノがなくなれば、《ヒトの群れ》への見通しへ進むのが筋であろう。
  6. 《見通し》『なすべきこと』を破壊する。それゆえに、《混濁しつつあるモノ》であり続けることによって《見通し》が生じるのを待つべきである。

《混濁しつつあるモノ》は独りになると意味を失う。

  1. 《混濁しつつあるモノ》には意味のあるモードと意味のないモードとがある。
  2. これは無意味モードの《混濁しつつあるモノ》である。
  3. 《混濁しつつあるモノ》の意味は、それが《他者の群れ》の中にあるときに生じる。
  4. 《混濁しつつあるモノ》に意味をもたらすモノとしての《他者の群れ》
  5. 孤独状態の《混濁しつつあるモノ》には意味をもたらすことができないモノとしての《他者の群れ》
  6. 《他者》に向かう必要が意味をもたらす。
  7. 粘菌アメーバのアメーバ状態と細胞状態。蝗の孤独相と群生相。相変異というのか。
  8. 「漢語の「蝗」は、日本で呼ばれるイナゴを指すのではなく、トノサマバッタやサバクトビバッタなど限られた種のバッタが大量発生などにより相変異を起こして群生相となったものを指し、これが大群をなして集団移動する現象を飛蝗、これによる害を蝗害と呼ぶ。日本ではトノサマバッタが蝗、即ち群生相となる能力を持つが、日本列島の地理的条件や自然環境では殆どこの現象を見ることはない。」(http://ja.wikipedia.org/wiki/イナゴ)
  9. ヒト《混濁しつつあるモノ》)には孤独相と群生相とがある。相が変わることを相変異という。カオス的遍歴

《混濁しつつあるモノ》《他者》《我》

  1. 《混濁しつつあるモノ》《他者の身体》の中に《他者》《我》を感じる。
  2. 《他者》《我》には《思いこみつつある我》と《思いこまれつつある我》とがある。その他に《知りつつある我》がある。

《混濁しつつあるモノ》と《8次元時空

  1. 《混濁しつつあるモノ》は8次元の時空の中にある、と考えると落ち着く。《思いこみの世界》《近傍物理空間》とが一つの時空の中で統合されるからである。
  2. プラスの距離の世界のこちら側の背後にマイナスの距離世界がある。
  3. 実数の距離の世界のこちら側の背後に虚数の距離世界がある。
  4. 実数の距離の世界の座標軸と、虚数の距離世界の座標軸とは直交している。
  5. 《私》はそれらの座標軸の原点にある。
  6. 《思いこみ》は背後者世界から噴出したモノである。背後者世界虚数の距離世界である。
  7. 《複素数の距離の世界》でないと、《実数の距離の世界》と《虚数の距離世界》とを統合できない。《複素数の時空》においては、原点から(x,ix)への距離は0である。《複素数の時空》においては、距離はプラスの実数か、0か、虚数である。これは、距離の定義が要素の二乗の和の平方根で定義されているからである。

《ヒトの群れ》《混濁しつつあるモノ》

  1. 《混濁しつつあるモノ》《ヒトの群れ》の中の《ヒトの個体》の中の《思いこみ》の中の《混濁しつつあるモノ》である。
  2. 《ヒトの個体》《混濁しつつあるモノ》とはイコールか? 大きさは同じか?
  3. 《ヒトの群れ》《混濁しつつあるモノ》の群れである。
  4. しかるに、何故に、彼らは確信をもって動いているのか?
  5. 《ヒトの群れ》《思いこみつつあるモノ》の群れである。相互に《思いこみの共有》を確認しながら、《思いこみ》世界の原理に従って動いている。
  6. 《ヒトの群れ》は《こころざしつつあるモノ》の群れである。《こころざし》というのは、一貫性のある《求める思いこみ》のこと。自らの《求める思いこみ》の一貫性を維持しようとするモノの群れである。《こころざし》は一貫性とプレゼンスが強ければ、《ヒトの群れ》の中の《共有思いこみ》の要素に組込まれていく。
  7. ヒト《他者》《求める思いこみ》を実現する《求める思いこみ》を、自己の《求める思いこみ》の一部として持つ。協働欲求。欲求分類リスト

《息しつつあるモノ》《混濁しつつあるモノ》

  1. 《混濁しつつあるモノ》を浄化していったら、《息しつつあるモノ》にたどりついた。
  2. 《息しつつあるモノ》は究極の《混濁しつつあるモノ》である。
  3. 《息しつつあるモノ》は、弱く、小さく、しかし、時間的には巨大である。
  4. 《息しつつあるモノ》《混濁》は、生まれてから現在、現在から死ぬまでの時間に掛かっている。
  5. 《息しつつあるモノ》《混濁》は生まれてから死ぬまでの有限回の呼吸である。これを無限だと思うと、《混濁》になる。(無限であっても《浄化》は可能である。無限に怯えると、《浄化》ができなくなる)。

《浄化球》《混濁しつつあるモノ》

  1. 噴出させると、《気海》に至る。《気海》の下方無限遠点《浄化球》を置くと、人びとの《混濁しつつあるモノ》から《気海》への噴出が感じられる。《気海》を下方無限遠点から《浄化》すること。《気海》の下方無限遠点《浄化球》の先に《息しつつあるモノ》を見通すこと。・・んん?、《元気》

ステレオタイプに知りつつあるモノ》と《混濁しつつあるモノ》

  1. ステレオタイプに知りつつあるモノ》は《混濁しつつあるモノ》か?
  2. ステレオタイプに知りつつあるモノ》とは、自らの《動き》に直結する《かたち》世界《知りつつあるモノ》世界から自らの《動き》に直結する事象を選び出して《知りつつあるモノ》のこと。
  3. 健常者は凡夫である。凡夫は《ステレオタイプに知りつつあるモノ》である。
  4. ステレオタイプに知りつつあるモノ》は、彼の主観においては《混濁しつつあるモノ》ではない。しかし、《ステレオタイプに知りつつあるモノ》は、彼の心の奥底で《混濁しつつあるモノ》であり、傍からみれば《混濁しつつあるモノ》である。
  5. ステレオタイプに知りつつあるモノ》は《群れ》の歯車としての、部品としてのヒト行動様式である。《ヒトの群れ》には部品としてのヒトが必要であり、ヒト《ヒトの群れ》を必要としているのだから、《ステレオタイプに知りつつあるモノ》はヒトにとって必要なモノである。か?
  6. 行動的なヒトは、行動に必要な限りでの《知りつつあるモノ》を持つ。行動的なヒトにとっては《知りつつあるモノ》《動き》のための手段である。

検索

《混濁》 - [《混濁》《混濁しつつあるモノ》]

《浄化球》 - [《浄化球》《混濁しつつあるモノ》]

Last modified:2008/01/23 18:51:11
Keyword(s):
References:[《息しつつあるモノ》]