FrontPage  Index  Search  Changes  wikifarm  Login

《元気》

キーワード《元気》

定義

「宇宙根源の《気》」と言われているモノ

いまだ、見通すに至っていないので、《他者の思いこみ》である。

  1. そもそも《元気》《気》が分からぬ。

《元気》とは、《気海》の下方無限遠点に置いた《浄化球》の先に見通された《息しつつあるモノ》である。(??)。《気海》というのは《知りつつあるモノの背後者》の腰の辺りに感じられるモノ

区別

人びとの《こころざしの群れ》の《頭上の混濁》の上方無限遠点に置いた《浄化球》の先に見通される《息しつつあるモノ》《元気》

  1. 人びとの《こころざしの群れ》の《頭上の混濁》の上方無限遠点に置いた《浄化球》の先に見通される《息しつつあるモノ》《元気》ではないのか?
  2. さまざまな世界の各方向の無限遠点に置かれた《浄化球》の先に見通される《息しつつあるモノ》《元気》ではないのか?
  3. 世界《息しつつあるモノ》との相互包含関係が《元気》ではないのか?

《他者》《思いこみつつあるモノ》の中の《元気》《元気》

  1. 《他者》《思いこみつつあるモノ》の中の《元気》への《見通し》
  2. 《元気》を形にすることを《求める思いこみ》
  3. 《思いこみ》モノにすることを《求める思いこみ》

《元気》《息しつつあるモノ》

  1. 《息しつつあるモノ》は確実に知ることができる《元気》である。《元気》なるものがあるとするなら、の話。
  2. 《息しつつあるモノ》《元気》《宇宙史》《息しつつあるモノ》から噴出するのであろう。
  3. 《宇宙史》《息しつつあるモノ》はすべてのモノ(の《アニマ》)の中に在る。同質者公理
  4. 《元気》は、現実にそのモノ動かす《ちから》となるような《求める思いこみ》である。
  5. 《元気》は形のない《ちから》(質料)であり、《求める思いこみ》はその《ちから》の形(形相)である。
  6. 《元気》は、すべてのモノに内在する《アニマ》《ちから》である。汎神論。.vs.根源存在論。
  7. 《息しつつあるモノ》《元気》噴出か? 《宇宙史》《思いこみ》噴出か?

《宇宙史》《元気》

  1. 問題は《気》の方かもしれない。
  2. 《気》《ちから》《思いこみ》
  3. 《気》《思いこみ》、であるなら、《元気》《宇宙史》《思いこみ》アニマ)となる。
Last modified:2007/07/28 14:49:47
Keyword(s):
References: