FrontPage  Index  Search  Changes  wikifarm  Login

《共振しつつある世界》

キーワード《共振しつつある世界》

定義

《共振しつつある身体》共振対象となる世界

区別

《共振しつつある世界》モノヒトコトバ

  1. 《共振しつつある世界》の要素は、モノヒトコトバのようである。ここでいうモノというのは広義のモノからヒトコトバを除いた狭義のモノ
  2. ヒトコトバ《他者の思いこみ》噴出するモノである。

《共振しつつある世界》《浄化球》

  1. 《共振しつつある世界》からの共振《身体》で受けると、撹乱されてしまう。いったん《浄化球》で受けて、《身体》の外部で浄化してから噴出する必要がある。
  2. 共振《身体》が受けるので、それを直ちに《浄化球》噴出させるという方法になる。《身体》《浄化球》《息しつつあるモノ》噴出

《他者》《共振しつつある世界》

  1. 《共振しつつある身体》《他者》がいる場合には《他者の思いこみ》を感 じ、《他者》がいない場合には《共振しつつある世界》を感じる。
  2. ヒトの姿はコトバである。《思いこみ》を伝達する入れ物である。

《共振しつつある世界》《状況》

  1. 同じモノである。

《近傍物理空間》《共振しつつある世界》

  1. 《近傍物理空間》とおそらく同じモノであろう。
  2. しかし、《共振しつつある世界》の解像度は非常に低い。
  3. 《共振しつつある世界》を見通すためには、《近傍物理空間》の変化と共振によって生じる《思いこみ》との対応関係を観察して、「《共振しつつある世界》としての《近傍物理空間》」として捉えていくほかない。
  4. 《共振しつつある世界》の解像度の低さは、それが《思いこみ》を生じさせて見通しを困難にしてしまうことにもよるであろう。
  5. 《近傍物理空間》《知りつつあるモノ》の懐疑において現れたモノ共振という疑わしいものは否定された空間。共振していない《共振しつつある世界》《共振しつつある世界》から共振を取り去った世界である。共振関係の有無が異なる。
Last modified:2005/11/22 18:53:00
Keyword(s):
References: