FrontPage  Index  Search  Changes  wikifarm  Login

《撹乱されつつあるモノ》

キーワード《撹乱されつつあるモノ》

定義

《知りつつあるモノ》《他者》の出現によって撹乱される。《他者》の出現によって撹乱された《知りつつあるモノ》を、《撹乱されつつあるモノ》と呼ぶ。

区別

《撹乱されつつあるモノ》《浄化球》

  1. これは《撹乱されつつあるモノ》である。
  2. 《撹乱されつつあるモノ》《知りつつあるモノ》の背後から撹乱される。
  3. 《知りつつあるモノ》《背後者》からの噴出は、モノ《背後者》からの噴出とは異なり、《視点》そのものを撹乱する。
  4. 《知りつつあるモノの背後者》無限遠点《知りつつあるモノ》《背後者》としての《他者》の群れの《混濁》無限遠点。ハタコエ・ジョウキュウ。

《撹乱されつつあるモノ》《他者の思いこみ》

  1. 《撹乱されつつあるモノ》は、《近傍物理空間》において《他者》を理解する時に、《他者の思いこみ》を、《近傍物理空間》《他者》が存在する場所において、理解する。

《撹乱されつつあるモノ》《背後者としての他者》

  1. 《撹乱されつつあるモノ》《背後者としての他者》《操られつつあるモノ》である。
  2. 《撹乱されつつあるモノ》《背後者としての他者》からの噴出を背後から受け、《他者の世界》に噴出する。
  3. 《撹乱されつつあるモノ》は、《近傍物理空間》の中に《他者》が現れたときの《知りつつあるモノ》である。《他者》《近傍物理空間》から立ち去ったのちにも、その残映が残ることがある。《背後者としての他者》を背後において再生成すること。『社会的に意味がある活動』はその状態で行われる。『背後に《背後者としての他者》を感じながら』行う行動が『社会的に意味がある行動』である。

《撹乱されつつあるモノ》と《他者の世界

  1. 《撹乱されつつあるモノ》は《他者の世界》の中にある。
  2. 《他者の世界》は《撹乱されつつあるモノ》によって《知られつつある世界》である。

《混濁しつつあるモノ》《撹乱されつつあるモノ》

  1. 《知りつつあるモノ》は、《他者》の出現によって撹乱され、《混濁しつつあるモノ》になる。《他者》の出現によって《混濁しつつあるモノ》は、《他者》によって《撹乱されつつあるモノ》である。《撹乱されつつあるモノ》《他者》によって《混濁しつつあるモノ》である。
  2. 《混濁しつつあるモノ》は、《他者》の出現によって出現するモノだけではない、だろう。
  3. 《混濁しつつあるモノ》多次元輪郭空間の原点にあり、《撹乱されつつあるモノ》多次元輪郭空間の中の一つの《視点》である。
  4. 《撹乱されつつあるモノ》は、《撹乱されつつあるモノ》《視点》への《視点の移動》によって生じた《視点》である。

《知りつつあるモノ》《撹乱されつつあるモノ》

  1. 《知りつつあるモノ》《他者》の出現によって《撹乱されつつあるモノ》になる。

《撹乱されつつあるモノ》《浄化球》

  1. 《撹乱されつつあるモノ》は、《他者の思いこみ》を、《近傍物理空間》《他者》が存在する場所において、理解する。
  2. 《他者》に駆動されつつある《我》《背後者》としての《他者》《背後者としての他者》

検索

《浄化球》 - [《撹乱されつつあるモノ》《浄化球》]

《私》 - [《私》《撹乱されつつあるモノ》]

Last modified:2006/04/10 19:22:27
Keyword(s):
References: