FrontPage  Index  Search  Changes  wikifarm  Login

《闇》

《闇》

定義

眼をつぶったときに見える黒い世界のこと。

  1. まぶたの内側の闇。

記述

区別

イモセル・ヤミエン・100《生きモノたちの世界のルール》

  1. 目に見えないモノ《在る》のか?
    1. 《動き》《在る》のか?
    2. 『法律』は《在る》のか?
    3. ヒトは、それを《在る》と感じる。
    4. 音や匂いや風は、視覚には《見えない》が聴覚や嗅覚や触覚には《見える》。
    5. 《思いこみ》に属するようなモノも、別の感覚には《見える》。
    6. 《動き》は《見える》、将来の《動き》も《見える》。モノが落ちるとき、ヒトがぶつかりそうなとき、《私》には《行く末》《動き》が《見えている》。
    7. 《体内感覚》でしょう。《体内感覚器官》がそれを《体内感覚世界》の中に《見てしまう》のだ。《思いこみ》《体内感覚世界》の中のモノであり、《体内感覚器官》がそれを《見る》のだ。
  2. 《生きモノ》は喧嘩をする。自分や自分の分身たちを守るために、《生きモノ》は戦う。威嚇し合う。《モノたちの世界ルール》では、モノは衝突する。衝突すれば痛いし、場合によっては破壊される。《生きモノ》《欲求》によって動く《生きモノ》たちは《欲求》によって衝突する。衝突によって自己が破壊されないように、身構え、威嚇し、戦う。
    1. 負けるか、勝つか、しかない。
    2. 負けるが勝ち、というのは、「勝ち」である。
    3. 契約は相互支配関係である。これも「勝ち」である。
    4. 「勝ち」には物質的な「勝ち」と精神的な「勝ち」とがある。ERGのGにおける「勝ち」。
    5. へつらいも「勝ち」である。《彼》の《欲求》(のルール)における「勝ち」である。
    6. いきなり接近すれば、それが善意であろうと、彼は反撃の攻撃を加える。まずは、あいさつで意思疎通を行うと、反撃を回避することができる。

ヤミエン・イシモ・100

  1. 《闇》《無限遠点》《息しつつあるモノ》
  2. 息が詰まるな・・。ヤミエンは、《群生相》のときには自然なのだが、《孤独相》においては息が詰まる。
  3. 視覚が遮られているだけで、他の感覚、聴覚や触覚で《世界》が見えているのだ・・。ということではなくて、すべての感覚の遮断による《闇》《世界》の問題。
  4. まぶたの内側は体内であるから、《体内感覚世界》を《見ている》ことになる。

《混濁》《混濁しつつあるモノ》

  1. 《混濁しつつあるモノ》を眺めていると、人びとの生きざまが見えてくる。なんで?
  2. 《混濁しつつあるモノ》は、精神(《思いこみ》)によって歪められる前の、《身体》の本来のあり方である。
  3. 《混濁しつつあるモノ》《体内感覚世界》《混濁》噴出しつつある《身体》である。
  4. 《混濁》は、《混濁しつつあるモノ》噴出した《混濁》《思いこみ》入り込みつつある《知りつつあるモノ》世界である。
  5. 《混濁しつつあるモノ》《身体》であり、《近傍物理空間》の中に在る。
  6. 《混濁しつつあるモノ》《知りつつあるモノ》は、《混濁》の外部に在る。身体の内部にはある。
  7. 《混濁》《混濁しつつあるモノ》《体内感覚世界》噴出した《思いこみ》である。
  8. 《背後者》の中の《思いこみ》《混濁》《噴出しつつあるモノ》《隠れた思いこみ》《混濁》《噴出しつつあるモノ》記憶《混濁》《噴出しつつあるモノ》世界に関する記憶《混濁》《噴出しつつあるモノ》《身体》感覚に関する記憶《混濁》《噴出しつつあるモノ》《知りつつあるモノ》に関する《混濁》《噴出しつつあるモノ》《知られつつある世界》《混濁》《噴出しつつあるモノ》《息しつつあるモノ》《混濁しつつあるモノ》《身体》《ちから》《混濁しつつあるモノ》《身体》《ちから》《混濁》《噴出しつつあるモノ》《息しつつあるモノ》《ちから》《混濁》《噴出しつつあるモノ》
  9. 《知られつつある世界》《混濁》《噴出しつつあるモノ》は、いびきをかいている。《マブタの闇》《闇》の壁を噴出すると、《夢》の妄想たちが吹き出してくる。《知られつつある世界》《混濁しつつあるモノ》
  10. 《身体》《ちから》噴出は重要であるが、それだけでは失敗する。《思いこみ》《ちから》噴出も必要である。《身体》《ちから》噴出とは、習得された、パターン化された行動様式である。
  11. 《混濁の噴出》《混濁しつつあるモノ》噴出は、その種類の《思いこみ》を全体として噴出することである。

《体内感覚世界》《見通し》

  1. 《闇》への《見通し》《体内感覚世界》への《見通し》である。
  2. 《息しつつあるモノ》《見通し》《求める思いこみ》噴出する。《息しつつあるモノ》《体内感覚世界》の中のモノである。
  3. 《身体》というモノの中の《思いこみの世界》である。モノの中の《アニマ》世界である。《モノアニマ》の中の世界である。
  4. 《体内感覚世界》への《見通し》は、《モノアニマ》への《見通し》である。

《闇》《見通し》

  1. 《闇》というのは瞼を閉じた時に現れる闇のこと。
  2. 《闇》の先にあるのは《近傍物理空間》ではない。瞼を閉じると、聴覚的な世界や、触覚的な世界が現れる、がそれは《闇》世界ではない。《闇》と同時に現れる別の世界である。
  3. 《闇》無限遠点の先の《浄化球》
  4. 《闇》は感覚遮断された視覚が作り出す世界である。
  5. 《闇》と視覚世界《闇》の状態のときには視覚的な《近傍物理空間》はない。視覚世界《近傍物理空間》の視覚世界から、《闇》の視覚世界に変化する。瞼を開ける、瞼を閉じる、という身体的な状態の変化が、視覚世界を変化させる。
  6. 《闇》《浄化》すると、『見ようとする意思』が《私》から噴出する。《見通し》《求める思いこみ》噴出する。
  7. 《見通し》《求める思いこみ》は幻を作り出す。《思いこみ》の視覚的イメージの世界。目をつぶって「三角形」というコトバを唱えれば、『三角形』の視覚的イメージが《闇》世界に現れるだろう。《思いこみの世界》は目をつぶってコトバを唱えた時に《闇》世界に現れる。《思いこみの世界》とは「《思いこみ》の視覚的イメージの世界」である。か?
  8. 『見ようとする意思』の噴出原因点を探ると、それは《息しつつあるモノ》に繋がっているようにみえる。《息しつつあるモノ》《闇》世界において唯一、確実に存在するモノである。((《闇》世界というのは《体内感覚世界》だということか?))
  9. 《闇》《浄化》すると、《見通し》《求める思いこみ》噴出する。《息しつつあるモノ》《見通し》《求める思いこみ》噴出する。
  10. 《闇》への《見通し》《体内感覚世界》への《見通し》である。

《見通し》《たけ(tk)の思いこみ》

  1. 欲しいのは、《見通し》だ。
  2. ミトシ・エンジョウ。《見通し》無限遠点の先の《浄化球》
  3. たけ(tk)見通し》という項目が必要か?
    1. 《近傍物理空間》への《見通し》。本来的意味での「見通し」。「見通しのよい道」。
    2. 《闇》への《見通し》《体内感覚世界》への《見通し》《思いこみの世界》への《見通し》モノの中の《思いこみ》への《見通し》、《モノアニマ》への《見通し》

《他者のアニマ》《見通し》

  1. 《他者のアニマ》《他者》と同じ場所に出現する。《他者のアニマ》クオリアは、《他者のクオリア》と同じ場所に出現する。《近傍物理空間》に出現する。《他者のクオリア》の中に《他者のアニマ》も含まれる。
  2. 《他者のクオリア》を《闇》のスクリーンに写しだした時にも、その場所に《他者のアニマ》が現れる。((「写す」は「移す」か・・))。

アルゴ・イシモ・100

  1. アルゴリズムは《身体》を出ない。
  2. 暴力には屈すべし。暴力の前では全くの無力であるべし。暴力の中では全くの空気であるべし。暴力はクラゲのアルゴリズムである。
  3. 《他者》に伝達可能なコトバはアルゴリズムだけである。
  4. アルゴリズムは『意味』を分解し、破壊する。しかし、《息しつつあるモノ》は在る。
  5. アルゴリズムはコンピュータで実行可能なコトバである。
  6. ヒトは、コンピュータで実行可能なコトバしか理解し得ないのか?
  7. 『一切』はアルゴリズムによって崩壊する。しかし、《息しつつあるモノ》は在る。《息しつつあるモノ》はアルゴリズムをまとうことができる。
  8. 《息しつつあるモノ》もアルゴリズムによって崩壊する。しかし、《息しつつあるモノ》は在る。《息しつつあるモノ》はアルゴリズムによって崩壊しない。それは在るモノだからである。在るモノは、アルゴリズムによって崩壊しない。アルゴリズムによって崩壊するのは、無いモノ、アルゴリズムによって構成されたに過ぎないモノである。
  9. 《闇》(眼をつぶったときの目蓋の裏の闇)の《無限遠点》

検索

  • ゴミ箱2008-2 - [##〈現代より遥かに凶悪で不可解な心の闇を抱える、恐るべき子どもたちの犯罪目録!〉]
  • 「生きる意味について」 - [* たけ(tk)の場合、真っ暗闇で落ちるところまで落ちてやると覚悟を決めると、不思議とふわふわしているだけで、そのうちちゃんと地面にたどりつきました。ケガもしない。]
  • 時間 - [#1:真っ暗闇だね。]
  • 《感じ合い》 - [## 素晴らしいかな大徳、素晴らしいかな大徳、たとえば、倒れたるものを起こすがことく、覆われたるを現すがごとく、迷えるものに道を示すがごとく、あるいは、暗闇の中に燈火をもたらして、「眼あるものは見よ」というがごとく、世尊はさまざまな方便をもって法を示したもうた。]
  • 梵我一如と《めまい》 - [たけ(tk)はあんまり、人には勧めたくないですね。『人格』を引きちぎって奈落の暗闇に何度も飛び込まないと奈落の底にはたどりつかない。奈落の底にたどりついて始めて、自分が自分の足で立っていることに気がつき、光が見えてくるという感じです。]
  • ゴミ箱2007-07 - [###もう一つは、大地主や財閥など自らは働くことなく勤労者を搾取し、その富で贅沢に暮らす支配階級、闇取引で大儲けしている悪徳商人、勤労を嫌う怠け者などを批判し、労働者階級の闘争意欲を鼓舞するために使われた。労働運動の指導者が演説や講演のなかでこの言葉をよく引用した。左翼のなかには、レーニンの著作のなかにこの言葉があったためにレーニン作だと思い込んでいる者が多かったが、これは、実は、聖書のなかの言葉である。]
  • 招魂 - [#招魂教は、庶民が靖国神社に対して抱いているイメージとは別のモノ。靖国神社が闇夜にまぎれてやっている招魂儀礼を支える思考様式のこと。]
  • 善良 - [#《善良な思いこみ》は、身の丈の視界に入らないモノについては、真っ暗闇である。]
  • 諌死の憑依力・・高山彦九郎から靖国神社へ - [共通点は、みな、自殺の理由を明らかにしていないこと。そこに尊号事件の闇の深さがあると云えそう(あるいは、いまだ「敵」を対象化し得なかった時期とも云えるか……?)。]
  • 招魂教(靖国神社)はテロリストのための新興宗教である - [真っ暗闇の夜に人霊を「霊璽簿」(れいじぼ)に筆書きで移し、更に靖国神社の「御神体」とされる鏡に写し合祀され「神霊」となる。その上で秋の例大祭の初日に「魂をお招きし」、霊璽簿を前に宮司が祝詞(のりと)を上げ、国学院大学吹奏楽部が「水清く屍(かばね)を演奏する中、本殿正面の扉を開き、奥の奉安殿に納める。]
  • 靖国神社の正体(御神体)は、英霊の魂を食べる鏡 - [真っ暗闇の夜に人霊を「霊璽簿」(れいじぼ)に筆書きで移し、更に靖国神社の「御神体」とされる鏡に写し合祀され「神霊」となる。その上で秋の例大祭の初日に「魂をお招きし」、霊璽簿を前に宮司が祝詞(のりと)を上げ、国学院大学吹奏楽部が「水清く屍(かばね)を演奏する中、本殿正面の扉を開き、奥の奉安殿に納める。]
  • ゴミ箱2007-02 - [##いくら市民の覚醒に期待しても、そして覚醒した市民の手で政治の腐敗や為政者の誤りを正そうとしても、最後にぶち当たるのが、この戦後の暗黒史という強大な壁である。暗黒史を闇のままに葬ってはならない。一つでも多くの暗黒史を正史にしなければならない。そうすれば我々の政治に対する認識も変わるに違いない。日本の政治がここまで国民の利益に背馳するものではなくなるかもしれない。ここまで米国に搾取される日本が変わるかも知れないのだ。]
  • ゴミ箱2007-01 - [## 銃に装備されたライトの光が暗闇にみえるだけで、兵士の姿も、引き金に指をかけているかどうかもわかりません。]
  • ゴミ箱2006-11 - [投稿者 影の闇 日時 2006 年 11 月 26 日 00:22:20: HiXvZf/FmwPNU]
  • ゴミ箱2006-10 - [##東大の先生方におかれては、九条の会を盛り立てるなど少々の左翼的言辞は一向に構わない。ただし、ある一線を越えてはならないのである。闇の権力批判という一線を。石田勇治氏、高橋哲也氏、そして姜尚中氏、皆この一線は踏み越えていない。だから東大にいることができる。シオニストと噂される立花氏があの東大本を著したのも、一線を越えそうな先生方に、上記の警告を暗に発したのではないかと勘ぐっている。]
  • ゴミ箱2006-09 - [##’売国奴(クニウリと読んでくれ)が、愛国者顔する末世かな’   闇]
  • クルアーン - [!!!2_17.かれらを譬えれば火を灯す者のようで、折角火が辺りを照らしたのに、アッラーはかれらの光を取り上げられ、暗闇の中に取り残されたので、何一つ見ることが出来ない。]
  • ゴミ箱2006-08 - [しかし、靖国神社は神道の神社ではない。「真っ暗闇の夜に人霊を「霊璽簿」(れいじぼ)に筆書きで移し、更に靖国神社の「御神体」とされる鏡に写」す、といった呪術的なことをやる新興宗教なのだ。]
  • 文久3年の祭文 - [新兵衛のものとされ、田中新兵衛は何の釈明もせず屠腹。真相は闇に〕。これ]
  • ゴミ箱2006-07 - [##現状のインターネットサービスプロバイダには、選択的に特定サイトへの接続を禁止するような行為は許されていない。より具体的に言うならば、 Googleに流れるトラフィックであろうが、Yahoo!やMSNへ向かうトラフィックであろうが、すべては平等に扱う必要があるという訳だ。こうした平等の原則は「ネットワーク中立性」と呼ばれている。ところが現在、複数の大手通信業者が、インターネット誕生以来守られてきたこうしたネットワーク中立性を闇に葬るべく、議会に対してロビー活動を行っているのだ。そうした行為のもたらすであろう危険性は、少し考えただけでも自明である。]
  • ゴミ箱2006-06 - [投稿者 影の闇 日時 2006 年 6 月 22 日 00:06:44: HiXvZf/FmwPNU]
  • ゴミ箱2006-05 - [##下位層からボトムアップする信号ベクトルと上位層がトップダウン予測する信号ベクトルとが矛盾する時、その矛盾が作用反作用として両者を同時に歪ませ、その歪みがまた一度はじけて両者がぶつかり合うということを繰り返していくうちに収まりを見出す、というような相互作用の場が必要なのである。そのような相互作用はあたかも暗闇で手の掌でまさぐりながら物体を認識していく過程に似ている。そのために、センソリモータのレベルと対峙すべき1つ上位の認知のレベルは、重さも長さもない記号空間ではなく、身体・環境と共有できる位相をもった力学系上に構成されるべきなのである。]
  • ゴミ箱2006-03 - [##イギリス労働党に対する「闇融資」にからみ、マイケル・レビの名前が出てきた。この人物はトニー・ブレア首相のパトロンであり、この件で名前が出てきても不思議ではない。この富豪がいなければ、ブレアが労働組合と対立することは不可能だった。「ニューレーバーの黒幕」とも呼べる人物なのだ。]
  • ゴミ箱2006-02 - [##たしか熊本新聞に、宅間の「心の闇」は社会の「心の闇」と通底しているのではないか、といったことが書いてあったけれど、あたしも全く同感なんですわ。 ]
  • ゴミ箱2006-01 - [##「特別会計」が裏予算であり財政の黒幕であるとすれば、「財政投融資計画」はその裏予算を支える"闇予算"である。国ぐるみの投資事業(=行政ビジネス)のために大量の資金を供給する"胴元"といってよい。先進諸国には例のない特異な制度であるとともに、日本の"歪み"の根本でもある。]
  • ゴミ箱2005-11 - [##今度の介護保険の改正でも、より重度の介護を必要とする人とその家族の負担は耐えられない水準になっていくだろう。障害者自立支援法でも、「自立」という美名の下に、本当に自立しようとしていた障害者は、負担増のために家に戻らなくてはならなくなる。すべて家族の深い闇のなかに問題を閉じ込めようとしている。こうした人たちも、社会から「取り残された人々」なのだ。]
  • ゴミ箱2005-09 - [##真っ暗闇の夜に人霊を「霊璽簿」(れいじぼ)に筆書きで移し〔このとき、名前の下に「命(みこと)」がつくらしい〕、更に靖国神社の「御神体」とされる鏡に写し合祀され「神霊」となる。その上で秋の例大祭の初日に「魂をお招きし」、霊璽簿を前に宮司が祝詞(のりと)を上げ、国学院大学吹奏楽部が「水清く屍(かばね)〔 (((。O゜)))(((゜O。)))ヒィィ……〕を演奏する中、本殿正面の扉を開き、奥の奉安殿に納める。]
  • ゴミ箱2005-08 - [「在日カナダ人ジャーナリストのベンジャミン・フルフォードの仮説を借りれば、これは法治国家を偽装した「人治国家」であることから来ているのではないか。ただし、フルフォードの言う「人」は、国民の全てではなく、政治家や官僚など一部の、しかも本来なら責任を取って牢獄に入るべき「人」を指す。同氏は、日本の出口のない不況の真の原因は、無能で臆病な権力者たちが、内側ではヤクザと結託し、外側ではただひたすらアメリカに盲従して、国民の資産を食いつぶしているからであるとの鋭い論陣を張っている。すでに400兆円もの国民の資産が失われ(アルベルト・安藤ペンシルバニア大学経済学部教授)、このまま行けば、日本社会は奈落の底に落ちかねないにもかかわらず、そのような無能で臆病な権力者たちがいまだに責任を問われるどころか、のうのうと利益を貪っているのは、同じように臆病で権力と馴れあった大マスコミが真の構造的な原因を追及せず、国民にも知らせず、警察と司法が「法の正義」をまったく果たしていないからだと指摘しているのである。法が機能せず、闇の支配者を含む権力者による非公式の差配でものごとが決まる。法の下の平等も正義も紙に書かれただけのタテマエに過ぎず、法治国家ならぬまさに(泥棒)人治国家となっているのである。」(http: //www.asyura2.com/0505/bd40/msg/488.html)]
  • ゴミ箱2005-07 - [##神は全てのものであると同時に、いかなるものでもない。すなわち神はあらゆる存在と非存在を超越している。ゆえに、神は我々の「知」を越えており、我々は神を知ることは出来ない。 だから、我々は「神を知ることが出来ない」ことを知ることによって「無知」を得る。この「無知」は、実はあらゆる「知」を超えており、「神」のような超存在は、「無知」という体験から露になった現実である。 すなわち、神は無知でもってのみ知ることのできる存在なのだという。 神は我々の受容能力に応じて、自らを開示し示す。こうした開示の中でも最高のものが、この「無知」を得て、「神の闇」に入ることである。この「闇」は光の欠如のことではなく、あらゆるものを超えた状態のことを指す。 我々はまずは最初に「知」によって上昇し、やがて「知」を超えた「無知」によって知ることの出来ない神と「合一」する。 これがディオニシオスの「神との合一」であった。]
  • 征服者が被征服者の神を祭る - [""「九戸の乱」……現在の岩手県二戸市にあった九戸城に九戸政実以下、5000の兵が立てこもった籠城戦である。九戸城を攻めるために秀吉が出した兵は10倍以上の65000。さらに後方には関白・秀次が率いる10万を配備した。天下を取った秀吉がそれほどの兵を繰り出した九戸政実とはどんな武 将だったのか? そして、そもそも九戸の乱が歴史の闇に隠されてきたのは なぜなのか?]

Last modified:2008/04/06 11:22:38
Keyword(s):
References:[《生きモノたちの世界のルール》]