FrontPage  Index  Search  Changes  wikifarm  Login

《モノの思いこみ》

キーワード《モノの思いこみ》

定義

《モノの思いこみ》は無生物の《思いこみ》を言う。

モノ《求める思いこみ》《ちから》である。万有引力はモノ《求める思いこみ》である。

モノ《知った思いこみ》モノが環境に反応する原理である。万有引力によってモノが引き寄せられるのは、モノが引力を知ることによってそのモノが自ら動くことによって生じる。我々が道端の石を見つける時、石もまた我々を知るのである。

区別

情報《モノの思いこみ》

  1. 情報コトバの方が近いな。
  2. 情報は、モノ動きを決定する刺激である。
  3. 刺激の意味は受け取ったモノとそのモノの内部状態によって異なる。
  4. 刺激がモノ動きを決定するのは、増幅作用による。カオスの初期状態の増幅作用であろう。
  5. 情報《モノの思いこみ》である。というより、《モノの思いこみ》情報の別名として定義する。
  6. 引力という物理力も情報として捉えることが可能であろう。
  7. 情報科学で言う所の「情報」は未定義なのだ・・。なんと・・。
  8. http://orion.mt.tama.hosei.ac.jp/hideaki/definition.htm
    1. 情報の定義
..--------出典 定義内容
1 マッハルプ「知識産業」 <知識> 「知られていること」という内容「知っている」という状態、「全ての知識は情報である」
2ポラト情報経済入門」組織化され、伝達されるデータ
3村上泰亮情報と技術の経済分析」より第1章情報概念と経済分析「客観的把握を目指す心的活動」によって作り出されるもの/単なる抽象的な内容ではなく、具体的な表現形態を持ち、伝達の経路を経たもの
4野口悠紀夫情報の経済理論」(極少のエネルギーで)複製が可能であり、かつ複製された後も、なお同一の状態を保てるようなものについて、その複製された内容である。
5小松崎清介情報産業」人間の社会的諸活動を支える意味のある記号系列
6マクドノウ情報の経済学と経営システム」特定の状況における価値が評価されたデータ
7梅沢忠夫「放送朝日」('63.1) 掲載論文「情報産業論」人間と人間の間で伝達される一切の記号系列
8加藤秀俊情報行動」環境からの刺激、固体を環境に結ぶもの
9北川敏男「組織と情報意味を持つところの秩序ある記号系列
10坂本晋情報産業社会の演出者」「コミュニケートする内容」に限定して、「人間精神の創造物」と考える。それは「物的生産物」に対立する概念としての「知的生産物」である。
11中野収「現代人の情報行動」「メッセージ」「記号」「媒体」の複合体
12林雄二郎情報化社会」可能性の選択指定作用を伴う事柄の知らせ
13藤竹暁「現代マスコミュニケーションの理論」人間の環境適応行動にとって、ある事情について判断を下すための材料となる刺激としてのメッセージ
14吉田民人「今日の社会心理学」シリーズ No.4「社会的コミュニケーション」所収「情報科学の構想」物資・エネルギーの時間的・空間的・定性的・定量的パターン (パターンとは、「秩序・無秩序」の視覚から捉えられた物質・エネルギーの属性)
15ウィーナー「人間機械論、サイバネティクスと社会」われわれが外界に適応しようと行動し、また調節行動の結果を外界から感知する際に、我々が外界と交換するものの内容
16シャノン「通信理論」いま、起こりうる状況として、Z1, Z2, Z3 … Znが考えられるが、このうちどれが実際に起こるかが、完全に明らかではないものとする。そのとき、この体系は「一定量の不確実性を持っている」というが、この不確実性の量を減らすもの
  1. たけ(tk)情報の定義は、モノAが別のモノBから受け取る刺激であって、モノAの動きを決定するモノ(外部情報)。モノAの内部においてモノAの動きを決定する内部的な刺激を内部情報という。内部情報モノAを構成する部分Cにおいて部分Dから受け取る外部情報である場合もあるし、部分Cが自ら発した刺激を自ら受ける循環情報である場合もある。モノAが外部に発した刺激を自ら受け取って自らの動きを決定する場合を循環情報という。「林雄二郎||可能性の選択指定作用を伴う事柄の知らせ」が近いかも。「吉田民人||物資・エネルギーの時間的・空間的・定性的・定量的パターン」も近いか?
  2. シャノンの定義は「情報量」の定義だが、実際には「不確実性」の測定が不可能。統計的には可能かもしれないが、枝を揺らすという情報を与えたときに、或るリンゴが落ちるかどうかは分からない。或るリンゴにとっては決定的な情報となってリンゴが落ちるが、別のリンゴにとっては、それによって落ちるべき情報とはならない。
  3. リンゴの内部状態が、大きな情報源なのである。
  4. リンゴが落ちること、は情報のアウトプットである。その原因となる情報の内部処理、落ちた原因がそよ風であるなら、そよ風はリンゴの外部からの情報のインプットがある。
  5. リンゴが落ちたことは、それを誰か(ニュートンかネズミか)が見ていたなら情報である。近くの腐敗菌が知ったなら、情報である。大地にとって情報である。樹にとっても情報である。

《生き物の思いこみ》

《我の思いこみ》・・自己言及的な《思いこみ》

《ヒトの思いこみ》

《群れの思いこみ》

コトバ《思いこみ》

《モノの世界》

検索

《ヒトの思いこみ》 - [《思いこみ》 - [《モノの思いこみ》と《生き物の思いこみ》と《ヒトの思いこみ》]]

《思いこみ》 - [《モノの思いこみ》と《生き物の思いこみ》と《ヒトの思いこみ》] ゴミ箱2005-03 - [《ちから》とは《求める思いこみ》である。《求める思いこみ》を持て。《求める思いこみ》、《求めつつある思いこみ》、《求めつつあるモノの思いこみ》。]

《モノの思いこみ》 - (matched in title)

《ヒトの思いこみ》 - [《世界アニマ》 - [#《世界アニマ》を構成するのは、モノ《思いこみ》噴出、イキモノ《思いこみ》噴出、性的もしくは関係的な《思いこみ》噴出、人々の対自的な《思いこみ》噴出である。世界を構成するのはモノヒトであり、《世界アニマ》を構成するのはモノ《思いこみ》ヒト《思いこみ》である。ヒト《思いこみ》には、モノとしての《思いこみ》、イキモノとしての《思いこみ》ヒトとしての《思いこみ》とがある。またヒト《思いこみ》には、生存的な《思いこみ》、関係的な《思いこみ》、対自的な《思いこみ》がある。またヒト《思いこみ》には、即自的な《思いこみ》、対他的な《思いこみ》、対自的な《思いこみ》がある。生存的、関係的、成長的というERG理論は、《他者の思いこみ》だから、よくわからぬ。]]

《世界アニマ》 - [#《世界アニマ》を構成するのは、モノ《思いこみ》噴出、イキモノ《思いこみ》噴出、性的もしくは関係的な《思いこみ》噴出、人々の対自的な《思いこみ》噴出である。世界を構成するのはモノヒトであり、《世界アニマ》を構成するのはモノ《思いこみ》ヒト《思いこみ》である。ヒト《思いこみ》には、モノとしての《思いこみ》、イキモノとしての《思いこみ》ヒトとしての《思いこみ》とがある。またヒト《思いこみ》には、生存的な《思いこみ》、関係的な《思いこみ》、対自的な《思いこみ》がある。またヒト《思いこみ》には、即自的な《思いこみ》、対他的な《思いこみ》、対自的な《思いこみ》がある。生存的、関係的、成長的というERG理論は、《他者の思いこみ》だから、よくわからぬ。]

《道具的な思いこみ》 - [#《思いこみ》は、ヒトの属性ではなく、モノの属性である。モノ《思いこみ》道具的ではない。道具というのは別の《求める思いこみ》目的)があって、その目的を達成するための手段となるモノである。]

《思いこみ》 - [#モノ自体は、直接知はできない。モノの現れを知ることができるだけ。ではあるが、モノの現れを透明化することによって『モノ』を知ることができる。モノ自体というよりは、モノの現れから再構成されたモノ《思いこみ》である。]

《思いこみつつあるモノ》 - [ヒト《思いこみつつあるモノ》モノ《思いこみつつあるモノ》:]

コトバ - [#『本質』は《思いこみ》である。或るモノの『本質』は、そのモノ自体である。そのモノにたいする様々な視点から見た様々な輪郭を統合して、多次元輪郭空間の中で浮かび上がってきた多次元の輪郭の先にあるモノ、という《思いこみ》が『本質』である。単一の視点から見た『本質』でもよい。このハサミの本質は、『モノを切る道具』てもよいし、単価xx円で原価xx円一ヶ月の平均販売数量がxx個の商品という『本質』でもよい。その『本質』の《思いこみ》の先にあるモノが『本質』だ、という理解の上で使うなら、その《思いこみ》が「モノの『本質』」である。或る視点もしくは複合的な視点から見て、或るモノを指し示す《思いこみ》の先にあるモノ《思いこみ》が『本質』である。]

ゴミ箱2005-11 - [#《モノの世界》においては共振関係によって、そのモノ《思いこみ》《私》に伝達される。《思いこみ》モノごとに噴出する。共振関係によって得られた《思いこみ》噴出。「キョウカンジョウキュウ」共振関係によって得られた《思いこみ》《浄化球》を通した噴出共振関係の《思いこみ》《浄化球》への噴出。個々具体的なモノとの共振関係における《思いこみ》の受領。モノたちは、共振関係自体、共振自体を楽しんでいて、それを通じて彼らの内部の《思いこみ》噴出・伝達しているようには見えない。『仕合わせ』を楽しんでいるようにみえる。モノたちには『仕合わせ』《求める思いこみ》がある。]

モノたちとの対話 - [#「君たちは、ヒトモノ《思いこみ》を感じることができるの?」 ]

ゴミ箱2005-08 - [#モノ《背後者回路》はウモフンである。モノを作った人の《思いこみ》噴出であり、モノを構成するモノ《思いこみ》噴出である。]

ゴミ箱2005-03 - [《共振しつつある近傍物理空間》の中のモノ《思いこみ》噴出させると、《共振しつつあるモノ》のネットワークが見えてくる。]

Last modified:2006/02/12 15:00:29
Keyword(s):
References: