FrontPage  Index  Search  Changes  wikifarm  Login

《ベーシック・インカム》と財源

《ベーシック・インカム》と財源」に関連する疑問

  1. http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50907051.html
    1. それでは、いくらぐらいが適当なのだろうか。私は月額5万円、年間60万円程度がよいと思う。少ないように思えるが、家族単位だと生活保護の支給額より多い。例えば「生活保護」によると、板橋区の一家四人に支給されるのは126,110円。一人当たり3万円に過ぎない。それでいて、これは国民年金の支給額よりも少し少ない。「ベーシック」としては、これくらいが妥当で、この程度であれば現在の所得再配分システムの手直しでまわせるのではないか。
    2. これに日本の人口をかけると、年間72兆円。国家予算を超える額に思えるが、しかしGDPの15%に満たない。GDPの15%というのは、合州国における医療費が占める割合で、この程度であれば不可能ではない。当然何もないところから72兆円を調達するのではなく、生活保護や基礎年金(国民年金)は廃止してベーシック・インカムにとって代わるのだから、差額だけ用意すればいい。「平成15年度年金関係予算案の概要」によれば、国民年金と基礎年金をあわせた支給額は、約13兆円。厚生年金も合わせれば34兆円にもなるが、ここでは厚生年金はとりあえず「手つかず」にしておく。
    3. あと60兆円。しかし、以前「404 Blog Not Found:弱者救済は死者をもってせよ」で試算したとおり、日本では今後年間33兆円もの資産が、その持ち主を文字通り亡くす。こうして持ち主を喪った資産は、当然原資に当てるべきだろう。
    4. そうなると、フローから集めなければならないのは、あと30兆円弱。これでもまだ多いように思えるが、しかしこれは個人資産1500兆円の、わずか2%。これの運用効率をちょっと上げるだけで捻出できる金額でもあるのだ。
    5. そこから全部捻出するのがいやなら、民主党が唱える「消費税の年金財源化」を、「消費税のベーシック・インカム化」に変えてもいい。これが現在10兆円ほど。その分資産課税を緩和してもいいかもしれない。
    6. こうして見て行くと、ベーシック・インカムは理念的に優れているだけではなく、収入格差を前提としている資本主義社会においても案外無理なく実装可能なのではないだろうか。

財源と《ベーシック・インカム》

  1. 《ベーシック・インカム》の財源負担が一律というのは、《ベーシック・インカム》の本質的要素ではない。財源問題は、理論上は別問題。なので、累進であってもかまわない。しかし、一律のほうがわかりやすいので、合意が取れるまでは、一律でよいと思う。
  2. 昔は最高限界税率が75%だったのだから。50、60、70%の累進でもかまわない。
  3. http://orc.lolipop.jp/pukiwiki/pukiwiki.php?%B3%D7%CC%BF%2F%A5%D9%A1%BC%A5%B7%A5%C3%A5%AF%A5%A4%A5%F3%A5%AB%A5%E0%20%2F%B5%BF%CC%E4%A1%A2%C8%BF%CF%C0%A1%A2%B5%C4%CF%C0
    1. 財源はどうするのか? †
    2. 1億2千万人の国民に年間100万円を支給するためには、120兆円が必要になる。
    3. 国家予算が80兆そこそこなのに、どこからそれを捻出するのか?
    4. ・・
    5. 財源については、自分で言い出しといて何ですけど、心配してません。
      1. 一般会計こそ80兆そこそこですけど特別会計の200兆を合わせて国が何百兆ものお金を毎年使ってるのは事実ですから、そのうちの120兆足らずをどこにまわすかっていうのは単に政治的な問題に過ぎません。
      2. 本当にBI制度を実施するなら郵貯は再国営化しなければならないでしょう。数行に再編されたメガバンクに全国民への基礎給付を実行させるのは難かしいと思われるがゆえに。
      3. 既に受給権を持つ年金給付予定者については激変緩和措置を数年間取った後にBI制に移行し、それ以上の老齢年金については民営化がいいのではないでしょうか。 -- 宮本浩樹 2007-05-22 (火) 22:46:14
    6. 「政治的な問題に過ぎません。」確かに!もし「政治的な」ところに落ち着けるなら、厳罰化も含めた労働法の改正と社会保険の一本化の類の議論で間に合っちゃうもんね。BI周辺がとてもラジカルな雰囲気を持っている(ように思われる)のは、一般的に言われる「政治的な話」とはどこかで一線を画しているからだと思うな、うん。 -- フニャコ 2007-05-23 (水) 08:52:46

具体的負担額は?

  1. 《ベーシック・インカム》を含めて課税所得とする? ○:。×:《ベーシック・インカム》は非課税。
  2. 所得税? ○:。×:。
  3. 消費税? ○:。×:。
  4. 一般税収? ○:法人税なども含む。×:。
  5. 累進? ○:。×:。
  6. 一定税率? ○:。×:。

所得税額の総額とBI

  1. http://72.14.235.104/search?q=cache:YNLM5xx07wEJ:www.nga.gr.jp/upload/pdf/2006_4_x23.PDF+%E6%89%80%E5%BE%97%E7%A8%8E%E7%B7%8F%E9%A1%8D&hl=ja&ct=clnk&cd=1&gl=jp&lr=lang_ja&client=firefox
    1. 平成18年度所得税額(12.8兆円)

BI給付額にも課税するか?

  1. ○:住居経費控除が効いてくる。生涯納税額還付型年金にも加算される。多人数世帯の場合には、必要経費が逓減する、とすると、多人数の場合には控除しきれなかった部分に課税される。
  2. ×:普通の議論では、除外している。最低限の必要経費なのだから、所得控除されるべき。

相続とBI

  1. 被相続人に対する相続税は、基本的にはなし。相続人の所得として計算する。20年分割先払い方式。
  2. 相続人の一時所得扱い。
  3. 居住用経費の80%評価減。相続人を基準とする。

再分配税(BI税)と国家経費負担税

  1. 所得税を所得再分配税とみなすか国家経費負担税とみなすか。
  2. http://d.hatena.ne.jp/essa/20050919/p1 では完全な所得再分配税としてBI税をとらえている。これでは国家経費は出てこない。
  3. 国家経費負担税は法人税で十分、か? ○:。×:。
  4. 所得税を純粋なBI税とみなすのは非現実的。
  5. http://www.ipss.go.jp/syoushika/bunken/data/pdf/18191906.pdf:「《現行の租税に加えて》BI用の所得税率約50%を課せばBIよの全額115.2兆円を賄える」。ぎへ・・。これって、給与所得者の給与からBIの資金を捻出しようというプランだね。給与所得者の所得合計ではなく、全国民の所得合計から捻出すべきでは?

一時所得とBI

  1. 固定税率では同じこと。
  2. 累進税率では、分割・前払い方式。20年に分割して低累進税率を適用して税額を計算して、その合計額を前払いで支払う方式。
  3. 繰り延べ納税方式。20年分の繰り延べ経費、繰り延べ所得、先払い納付額の一覧表を付けておく。

法人税との関係が不明確?

  1. ○:。
  2. ×:。

検索

Last modified:2017/06/29 13:51:17
Keyword(s):
References:[《ベーシック・インカム》]