FrontPage  Index  Search  Changes  wikifarm  Login

《ヒトの群れの体内感覚》

キーワード《ヒトの群れの体内感覚》

定義

『群れの中の私』においては、ヒトの個体は《ヒトの群れ》を、《ヒトの群れの体内感覚》において感じる。

区別

《ヒトの群れの体内感覚》体内感覚

  1. 体内感覚は、《我》が身体を感じる方法の一つ。体外感覚と体内感覚
  2. 《ヒトの群れの体内感覚》《私》《ヒトの群れ》を感じる方法の一つ、《ヒトの群れの体内感覚》と《ヒトの群れの体外感覚》。
  3. 《私》《近傍物理空間》を感じるのは《ヒトの群れの体外感覚》の一部だろう。しかし、《私》は《ヒトの群れの身体》の中の皮膚細胞の一つとして身体外部の刺激を感じるだけだ。それを群れに伝達するかどうかも、選択肢がある。《私》《ヒトの群れ》への《見通し》を得ていない。《私》が感じた《群れの身体》外部の状況が、《群れの身体》にとって何を意味するのかを知らない。

社会有機体論と《ヒトの群れの体内感覚》

  1. たけ(tk)は新しい社会有機体論者の一人なのだ。
  2. 古い社会有機体論というのは、理性が身体を支配する、という《思いこみ》のものとで、特定の支配層が他の構成員を支配することを正当化しようとする思想を意味していた。たけ(tk)の有機体論はそうではない。
  3. たけ(tk)の有機体論は、身体の健康は全身の健康であり。全身の活性化が、循環が必要であるとする有機体論だ。
  4. 最近は自己組織化の理論というらしい。
Last modified:2006/02/28 19:44:36
Keyword(s):
References: