FrontPage  Index  Search  Changes  RSS  wikifarm  Login

喪男の一生

第二百七十六話:”喪男の一生”

 『今日も晴れか。』
 
 喪男は晴れの日が嫌いだ。
 休日の予定がない喪男にとって苦痛でしかなかった。
 
 『DQN共は女と旅行でも行ってんのかな』
 
 小中高と特に友達もできず、DQNを毛嫌いしていた。
 今考えると嫉妬の裏返しだったのだろうか。
 大学生となった今、正直DQNがうらやましい。
 
 『俺ももっと顔がよければよかったのかな』
 
 そんなことを考えながら今日も喪男はパソコンに向かう。
 当然外出の予定もない。
 いっそ雨でも降ってくれたほうが、
 外出しない自分への言い訳にもなるので気が楽だったし、
 なにより雨音を聞きながら過ごす一日が好きだった。
  
 大学生活も昔と変わらなかった。
 サークルにも入らなかったせいで、
 同じ学科の奴にも微妙に敬語だったりする。
 自分のイメージしていたキャンパスライフなんかどこにもなかった。
 少なくとも喪男の周りには。
 毎日DQNの楽しそうな話し声から逃げるように家に帰った。
 きっとこれから友達もできるだろう。
 淡い期待を抱きながら毎日を過ごした。

 そうして過ごした大学生活も今日で終わり。
 淡い期待も見事に打ち砕かれ喪男は一人だった。
 あれほど頑張った就活もうまくいかず明日からはニートとなる。
 笑ってしまいそうなくらい絶望的な人生だ。

 両親から『卒業式はでないと』と言われ、
 とりあえず出た卒業式では、
 卒業旅行の話などでみんな盛り上がっていた。
 『どうせ俺には縁のない話だ。』
 ヘッドフォンで周りの音を遮断し、
 外にでるとポツポツと雨が降ってきた。
 喪男は急ぎ足で会場をあとにし、家路を急いだ。
 
 『うわぁ!!』
 それは一瞬の出来事だった。
 気づけば空を仰いでいた。
 周りには運転手らしき人物や野次馬。
 皮肉なことに喪男が一番注目を浴びる日は最期の日となった。
 
 『こんなとこで終わるのか俺の人生は・・・』
  
 死ぬ間際には走馬灯というものが見えると聞くが、   
 振り返るような楽しい過去はない。 
 喪男は自分自身を嘲笑するように笑った。
 目の前が次第にに霞んでくる。
 
 今日は雨。
 この雨音は喪男への祝福のメッセージだったのかもしれない。

作品情報

作者

出典

  • 第四夜[382-383]

あとがき

終了です。パっと思い浮かんだので書いてみました。
稚拙な文章で申し訳ございません。。

Last modified:2007/06/11 00:53:13
Keyword(s):
References:[第ニ百七十一話〜第ニ百八十話]