FrontPage  Index  Search  Changes  RSS  wikifarm  Login

遺言

序文

  • 私の人生は、妻、実母、妻の家族、そして友人たちのおかげで、幸せなものだった。心からの感謝を表する。

本文

財産の相続について

  • 動産、不動産、現金類(銀行預金含む)などの私財一切は、そのすべてを妻に相続させる。
    • ただし実母が存命中の場合、銀行預金の8分の3は実母に、8分の1は妻の実家に相続させる。
  • 生命保険金については、その証明書の記載の通り、全額について妻を受取人とする。
    • ただし実母が存命中の場合、その8分の3は実母に、8分の1は妻の実家に相続させる。
  • 現金以外の財産については、すべて換金処分あるいは廃棄処分してしまって一向に構わない。処分の方法は、相続人である妻の意向にすべてゆだねる。
  • 念のために記すが、実姉妹兄弟には一切の相続をさせない
  • 別紙に記した貸与物は、貸与先に処分させるものとする。返してくれなかったんだからそのくらいやってね。

葬儀について

  • 葬儀執行者は妻とする。
  • 私の希望は、葬儀なし墓なし戒名なしだが、喪主である妻が他の方法による葬送を希望する場合には、喪主の希望に沿った方法で行っていただきたい。
  • 遺骨については東京湾に散骨していただきたい。
    • それが不可能な場合は近隣の海や河川に散骨していただきたい。

延命措置の拒否について

  • もし私が危篤状態などに陥り、心身ともに健常な状態への復帰が困難であると考えられる場合、延命措置などは一切施さないこと。
    • 簡単にいうと、植物人間状態にはしないでほしい、ということである。
      • なぜならば、残される家族への負担を考えると、そのような状況は不幸でしかないと考えるためである。

財産目録

正の財産(いわゆる財産)

預貯金

  • 某銀行など

不動産

  • なし

動産

  • 自転車
  • 楽器類
  • パソコンおよび周辺機器

負の財産(借金など)

一切ありません。(2007年6月14日現在)

貸与物一覧

作らなきゃ…

Last modified:2007/06/14 15:46:58
Keyword(s):
References: