Create  Edit  Diff  メモリ不足になるとブルースクリーンの発生  Index  Search  Changes  History  Source  RSS  wikifarm  Admin

メモリ不足になるとブルースクリーンの発生

なぜ定期的にメモリを管理する必要があるかが分かりますか。 メモリはブルースクリーンとのかかわりがあることを知っている方は少ないでしょう。実は、ちょくせつな関係がないのですが、関わりがありましょ。 全ての稼動中のアプリケーションは一定的なメモリを消費する必要があります。パソコンに搭載したメモリ容量の大きさは制限があります。もし、数多くのアプリケーションを同時に稼動している場合、メモリ不足をきたす恐れがあります。 いったん、メモリが足りなくなったら、まず、稼動中のアプリケーションの動作は遅くなると感じられます。その時、多くの方はマウスで、あっちこっちクリックを操作する場合もよくあります。 システムは計算不能になったら、つい、青画面が出て、何の操作も反応できません。PCを強制終了、再起動しなければなりません。 もし、レジストリクリーナーを使って、定期的にパソコンを管理、メモリを管理、最適化すれば、できるだけ、ブルースクリーンの発生を減少することができます。

Last modified:2011/12/31 18:15:46
Keyword(s):
References: