Create  ホーム  Index  Search  Changes  RSS  wikifarm  Login

『プログラミングのための確率統計』非公式サポートページ

(-) (-)

数学のプロをめざさない方に向けた確率・統計の解説書です.

コンテンツ

リンク


(カバー袖より)

本書の内容

この本は、「数学そのもののプロをめざしてはいないけれど、自分の興味のある分野で確率・統計を活用してみたい」という方のために書かれました。 とはいえ、プログラミングに限らず、もっと一般的な観点で語られています。

主な対象読者

  • 一歩進んだ賢い情報処理のために確率・統計を積極的に活用したい人
  • おはなしレベルより上の確率・統計を学びたい人
  • ○○推定や○○検定の手順ではなく意味を理解したい人
  • でも抽象的な数学の教科書には慣れていない人

特徴

  • 「確率は測度だ」という本格的な見方を, アマチュア向けにかみくだいて解説しています (1章)
  • そのおかげで, 条件つき確率だの期待値の性質だのにクリアなイメージが与えられます (2章, 3章)
  • 「引きのばせば密度は薄まる」といった直感的な図解を多用し, さらに「何がしたくて」という意図の説明も重視しました (4章)
  • 応用上必要なのに入門書では省かれがちな多変数の議論も, しっかりと (5章)
  • 統計は, 手順よりもなぜそうするのかを主に (6章)
  • 擬似乱数は, ユーザの立場に徹して使い方を (7章)
  • 最後は多変量解析・確率過程・情報理論などの応用のさわりまで (8章)