FrontPage  Index  Search  Changes  wikifarm  Login

MandrivaLinux

Mandriva Linux 2007.0 メモ

パッケージ管理

日本語入力

  • scim-anthy (scim-canna, scim-skk, scim-tomoe とかもある)
  • scim-qtimm (KDE など QT アプリでの入力に必要)

フランス語入力

  • scim-m17nを入れて、Otherの中のM17n-t-latn-postを使う(日本語と切り替えて入力するのにキー配列は変更したくないから)

タイムゾーンの変更

KDE Control Center -> System Administration -> Date & Timeでできる。 コンソールからだと、rootで以下のようにすればOK。

cp /usr/share/zoneinfo/Europe/Paris /etc/localtime

プロプライエタリなもの

VMware

VMWARE_USE_SHIPPED_GTK=force vmware

として起動する必要がある。

AdobeReader

/usr/bin/acroreadの2行目に以下を追加

GTK_IM_MODULE=xim

また、611行目らへんのcheck_gtk_ver_and_set_lib_path()のところを以下のように編集

  611  check_gtk_ver_and_set_lib_path()
  612  {
  613  return 0 # ←この行を追加
  614      if [ -z "$LD_LIBRARY_PATH" ]; then

自作パッケージ

/home/foo/Build 以下で一般ユーザ(foo)が作成するとする。

まずは準備。

mkdir -p /home/foo/Build/{BUILD,RPMS,SOURCES,SRPMS,SPECS}
echo '%_topdir /home/foo/Build' > ~/.rpmmacros

RPM を作成したら、以下を実行する。

cd /home/foo/Build/RPMS
genhdlist

urpmi のエントリの追加は以下のように。

urpmi.addmedia --update custom file:///home/foo/Build/RPMS
Last modified:2007/04/20 18:52:14
Keyword(s):
References: