Create  Edit  Diff  FrontPage  Index  Search  Changes  History  Source  RSS  wikifarm  Login

手楯(原典)

手楯(てだて)

原典

手楯は持楯とも言われ、日本で古くから使われてきました。
『日本書紀』や『古事記』などに記載されている古代の楯の構造は、鉄や木で骨組みをし、そこに皮編物を張って漆で固め、彩色を施したものです。
形状は上部が山形のものや、上下が広く中央部が狭いものなどもあり、単純な長方形のものは木製、楯の全面に緩やかな反りがあるものは皮張製のものです。素材は榎や楠が使われているとか。
奈良時代には鉄楯も作られ、中央部幅63cm、高さ140cmで鉄板を鋲留めしていた。
奈良時代まではよく使われていたそうですが、平安時代に入り、大鎧に楯の機能が取り込まれ、さらに両手で武器を扱うようになり、楯は姿を消すことになりました。
ただし完全になくなったのではなく、使うほうが珍しくなった、といった感じだったようです。
なお、楯の表面に描かれた2本のラインは「二引両紋」と呼ばれ、手楯以外に掻楯にも用いられ、この下に家紋を描くこともあったらしい。

原典手楯(日本).jpg
原典手楯(日本)s.jpg
  • 文献に登場する楯として以下のよう名前が上げられています
    • 掻楯(かいだて)
      • 太平記に記述?
    • 神楯(かみたて)
      • 神宝(神様が使う楯)
    • 百八十縫いの白楯(しらたて)
    • 天磐楯(あまのいわたて)
      • 神武天皇の東征の際、
        熊野の神邑に着き、天磐盾に登った。それから海を渡るが暴風に遭い、磐余彦の兄の稲飯命、三毛入野命を失った。
        とかどうとか。
    • 白楯(しらたて)
    • 赤楯
    • 黒楯(くろたて)
    • 皮楯
      • 皮製の楯で「日本書紀」に記載がある。
    • 鉄楯
      • 「日本書紀」に高麗国より鉄楯を献上したと記録。

また手楯のほかに、据え置きして用いる大楯もあります。
あと船に並べたりとかもしたようですよ。

    • 畳楯
      • 「太平記」に記載。多くの楯を屏風のように並べた楯。
    • ヒシギ楯
      • 「太平記」に記載。竹を加工した大楯。

コメント

(comment plugin is disabled).
Last modified:2005/12/28 01:14:07
Keyword(s):
References:[手楯きゅん(学園編)] [手楯君(学園編)] [手盾たん(学園編)] [防具類]