Create  FrontPage  Index  Search  Changes  RSS  Note  wikifarm  Login

【永遠の】いつもここから菊地秀規【美白王子】 - 大晦日〜元旦 Diff

  • Added parts are displayed like this.
  • Deleted parts are displayed like this.

 691 :名無しさん :2007/01/01(月) 02:44:56

108回のキス・・・
ジャニーズのカウントダウンライブなんて眼中にない。
私たちは何度も唇を重ね合い、一回のキスが終る毎に微笑み合う。幸せな一時・・・。
菊さまは私の額や瞼、頬にも口付けてくれる。幸せな一時はあっと言う間。


ジャニーズのカウントダウンライブなんて眼中にない 「菊さま愛してます・・・」
「小腹が空いたな
年越しそば食うか?」
スルーかい!


私たちは何度も唇を重ね合い、一回のキスが終る毎に微笑み合う 「食べましょうか幸せな一時・・・私お湯沸かしますね。」
「良いよ。俺がやる。」
「そんな。私がやります!」
「良いんだ。俺が作りたい。」
菊さまはお湯を沸かし、時間きっちりに蕎麦を茹であげた


「出来たぞ!・・・うわわっ!!!」
「キャー!」
「・・・あっぶねー!」
菊さまは私の額や瞼、頬にも口付けてくれる。幸せな一時はあっと言う間熱々の一人前の蕎麦を引っ繰り返してしまった

菊さま愛してます・・・大丈夫ですか?」
「ギリギリチ○コにはかからなかった!良かった〜!」
「ぷwそれは良かったですねw」
「何笑ってんだ!バカヤロコノヤロメ!」
「笑ってなんかないですよw」
「もうお前に食わせる蕎麦はねぇ!


「小腹が空いたな 菊さまは一人でもう一つの蕎麦を啜りだした年越しそば食うか?」


スルーかい!

「食べましょうか。私お湯沸かしますね。」

「良いよ。俺がやる。」

「そんな。私がやります!」

「良いんだ。俺が作りたい。」

菊さまはお湯を沸かし、時間きっちりに蕎麦を茹であげた。

「出来たぞ!・・・うわわっ!!!」

「キャー!」

「・・・あっぶねー!」

菊さまは熱々の一人前の蕎麦を引っ繰り返してしまった。

「大丈夫ですか?」

「ギリギリチ○コにはかからなかった!良かった〜!」

「ぷwそれは良かったですねw」

「何笑ってんだ!バカヤロコノヤロメ!」

「笑ってなんかないですよw」

「もうお前に食わせる蕎麦はねぇ!」

菊さまは一人でもう一つの蕎麦を啜りだした。


 692 :名無しさん :2007/01/01(月) 02:46:11

「菊さま〜ごめんなさい〜!」
「仕方ねぇなぁ。半分こしようか。」
「はい
!」

「仕方ねぇなぁ。半分こしようか。」 ズルズルズル・・・

はいあ、菊さまズルイ!海老天全部食べたー!」
「尻尾残しておいたよw」
「尻尾だけだなんて・・・あっ!オツユちょっとくらい残しておいて下さいよ〜!」
「ゴクゴク。あー美味かった
!」

ズルズルズル・・・ 「全部飲んじゃったの?私全然食べられなかった!」
「ぷw明けましておめでとう。来年もよろしく。」
またスルーかい!まぁ新年を迎えたしこれ以上怒るのはやめておこう。


明けましておめでとうございます。来年も仲良くして下さいね、菊さまズルイ。」
「明日はヒットパレードだぁ。」
「頑張って下さいね!テレビで観てますから。」
「良いよ。見なくてw」
「照れてるんですか?w可愛い〜!」
「照れてねぇよ!バカヤロコノヤロメ
海老天全部食べたーもう寝るぞ!」


「尻尾残しておいたよw」

「尻尾だけだなんて・・・あっ!オツユちょっとくらい残しておいて下さいよ〜!」

「ゴクゴク。あー美味かった!」

「全部飲んじゃったの?私全然食べられなかった!」

「ぷw明けましておめでとう。来年もよろしく。」

またスルーかい!まぁ新年を迎えたしこれ以上怒るのはやめておこう。

「明けましておめでとうございます。来年も仲良くして下さいね、菊さま。」

「明日はヒットパレードだぁ。」

「頑張って下さいね!テレビで観てますから。」

「良いよ。見なくてw」

「照れてるんですか?w可愛い〜!」

「照れてねぇよ!バカヤロコノヤロメ!もう寝るぞ!」


 693 :名無しさん :2007/01/01(月) 02:47:14

「菊さま朝ですよ。」

「・・・おはよう。ぶっwお前何だその顔!www」

「へ?」

目やにがついているのかしら?それとも涎の跡?

鏡を見てみるともっと悲惨な状態になっていた。

瞼はお岩さんのように腫れ、頬はアンパンマンのように真っ赤に腫れていた。

「蕎麦アレルギーなのか?」

「アレルギーじゃないです!・・・あっ、グレープフルーツジュース飲んだ後にキスしてきたからでかぶれたんだー!」

「お前肌弱いんだな。ごめんな。○○目瞑って・・・」

「え?はい・・・。」

菊さまはお詫びのキスをしてくれると思った瞬間、顔にヒヤっと感触が・・・。

「・・・し、湿布!?ひどーい!」

湿布貼っておけば良くなるよ菊さま朝ですよ。」
「・・・おはよう。ぶっ
お前何だその顔!www」
「へ?

目やにがついているのかしら?それとも涎の跡?
鏡を見てみるともっと悲惨な状態になっていた。


「余計にかぶれるじゃないですか!菊さまのバカー!大っ嫌い!!!」 瞼はお岩さんのように腫れ、頬はアンパンマンのように真っ赤に腫れていた。

蕎麦アレルギーなのか?」
「アレルギーじゃないです!
・・・ごめん。あっ、グレープフルーツジュース飲んだ後にキスしてきたからでかぶれたんだー!

菊さまはしょんぼりした顔をしコートを着始めた 「お前肌弱いんだな。ごめんな。○○目瞑って・・・」
「え?はい・・・。」
菊さまはお詫びのキスをしてくれると思った瞬間、顔にヒヤっと感触が・・・


もう出掛けるんですか・・・し、湿布!気を付けていってらっしゃいひどーい!」
「湿布貼っておけば良くなるよw」
「余計にかぶれるじゃないですか!菊さまのバカー!大っ嫌い!!!」
「・・・ごめん
。」
菊さまはしょんぼりした顔をしコートを着始めた。


「もう出掛けるんですか?気を付けていってらっしゃい。」
菊さまは黙って出ていってしまった。
大っ嫌い!って言ったのがショックだったのかしら?

もちろん本当に嫌いなわけじゃない。悪戯してくれるのは凄く嬉しい。それなのに・・・

菊さまが出ていった部屋。私一人。新年の朝は冷たくて寂しかった。