Create  FrontPage  Index  Search  Changes  RSS  Note  wikifarm  Login

夏にコート

52 :名無しさん@板分割議論中 :2007/02/15(木) 20:58:50

10年くらい前の夜中、私が勤めていた緊急病院に菊地さんが来たことがありました。
夏なのになぜかコートを着ていてダラダラと汗をかいていたので
何があったんだろう?と近づいてみたんですね。
すると、どこからか猫の「ニャー」と鳴く声が
辺りを見回しても猫の姿はありません。
気のせいかなと思って菊地さんの方を向き直るとまた「ニャー」と聞こえてくるんです。
しかも、菊地さんの方から
そこで私思い出したんです、菊地さんが大の猫好きだということを。
優しい菊地さんは家の前で引かれていた猫をコートの下に隠して連れて来たんだと。
夜中だから動物病院も開いてない、仕方なくコートに隠してウチに来たんだと。
私は感動して、すぐ菊地さんを病室に連れて行きました。
「心配しないでくださいね。私も一緒に先生を説得しますから」
と声をかけ、先生を呼びに行きました。
そして先生と共に病室に入ると
そこには下半身裸で股間から猫の生えた菊地さんが・・・
あれ以来病院は辞めました。
私には向いてなかったんだと思います。
Last modified:2007/02/26 12:36:52
Keyword(s):
References:[FrontPage] [番外編 作品一覧]
This page is frozen.