Create  FrontPage  Index  Search  Changes  RSS  Note  wikifarm  Login

モデル 第1章

988 :名無しさん@板分割議論中 :2007/02/10(土) 10:37:08

数日後、菊さまから今から家にこないか?とメールがあり、菊さまの家に向かった。
「○○〜!」
菊さまは私を迎い入れ、私をギューと抱き締めた。
「そんなに強く抱き締めたら痛いですよ〜!」
「だって好きなんだもん!」と頬摺りしてきた。
「痛い!髭がチクチクしますよ〜!」
暫くイチャついた後、秀規はお茶を入れ席に着いた。
お茶を飲みながら秀規は○○の表情を一つ一つ見つめる。
お茶を飲む姿、髪を掻き上げる仕草、さっきの頬摺りを嫌がる表情・・・。
可愛いなぁ。瞬きする事さえ惜しく感じる。
一度好きになると顔のタイプなんて関係ないんだ。俺は完全に○○に惚れている。
「 ん?どうしたんですか?そんなに私の顔をジーッと見て。」
ヤバイヤバイ見惚れ過ぎた。
「ははは!相変わらずブッサイクな顔だなーっと思って!」
「ブッサイクって酷い!確かに私はブサイクですけど、これでも結構傷ついてるんですよ!」
怒っているのと悲しそうな表情・・・。その顔さえ可愛く感じる。

989 :名無しさん@板分割議論中 :2007/02/10(土) 10:38:18

「この前の絵凄く参考になってるよ!こんなにブサイクな女周りにいないからな!w」
俺から出る言葉は彼女が傷つく事ばっかり。
本当は家に一人でいる時ずっと眺めていると言うのに。
「あっそ!それは良かったですね!」
私は彼女だと言うのに、相変わらず菊さまは私の事をブサイクだと言う。
菊さまは私の事本当に好きなのかしら?
「お前脱げよ!今度はブサイクな女の身体の参考資料を作りたいから!w」
更に彼女をからかう秀規。
「ブサイクブサイク煩いですね!もう帰ります!」
私は立ち上がりドアノブを捻った。
「おい待てよ!ブサイクなモデルお前しかいないんだって!w」
秀規は彼女の手を掴んだ。
「うぅ・・・ヒック・・・」
「えっ!?お前泣いてんのか!?」
「・・・離して。」
「何泣いてんだよ!ブサイクな顔が益々ブサイクになるぞ!w」
「・・・そんなに私の事ブサイクって言うなら別れましょう。
私の事なんて好きじゃないんだ。さようなら。」
「違うよ!好きだよ!」
「そんな嘘いいです。さようなら。」
「好きだって言ってるだろ!」
秀規は彼女を強く抱き締めた。

990 :名無しさん@板分割議論中 :2007/02/10(土) 10:41:05

「やめてよ!じゃあ何であんなにブサイクって言うの!?」
「好きだからだよ!」
「はぁ?好きならそんな事言わないでしょ!」
「言うよ。お前だってそうだろう?忘れたのか?」
私は菊さまの一言で思い出した。私も好きだから菊さまが嫌がる事言ったりしてきた。
「・・・それでも嘘でも可愛いって言ってほしい。菊さまの事好きだから・・・。」
「・・・可愛いよ。○○は俺の宝物だから。」
「・・・それは嘘?」
「本当。愛してる。」
菊さまは私に厚い口づけをしてきた。私もその口づけに応える。
分かち合った私たちはまた部屋で談笑していた。
「・・・ねぇヌード描かせてよ。」
「え〜嫌だ〜!恥ずかしいもん!」
「いいじゃん描かせて。」
「またブサイクとか言われるの嫌だもん!」
「言わないよ。○○は可愛いよ、本当に。」
菊さまが真剣な目でそう言うから私は頷いた。
菊さまは私のブラウスのボタンを一つ一つ外す・・・
これから私の裸をジーッと見られるかと思うと凄くドキドキする。
しかし菊さまがボタンを全て外し終わった時、私はある重大な事を思い出した。

991 :名無しさん@板分割議論中 :2007/02/10(土) 10:42:38

ヤバイ!毛の処理忘れてた!!!
冬だと長袖だからついつい忘れちゃうのよね・・・ってそんな事言ってる場合じゃない!
「やっぱりダメー!!!」
「そんなに恥ずかしがるなよw」
「恥ずかしいんじゃなくて・・・ダメー!!!」
私は菊さまを突き飛ばしトイレに逃げ込んだ。
ドンドンドン!
「○○ー?どうしたんだよ!?開けろよ!」
「ちょ、ちょっと急にオシッコしたくなっちゃった!すぐ済むから向こうで待ってて!」
「分かった。」
ふぅー何とか免れた。でもこれからどうしよう?私は便座に座り考えた。
うーん・・・そうだ!確か洗面所に菊さまの髭剃があるはず!
私はそっとトイレから出て洗面所にある髭剃を取り、またトイレに入った。
これで大丈夫!ショリショリ・・・
あれ、こんな所にも無駄毛が・・・ショリショリ・・・。
これで完璧かしら?
・・・あっ!シェービングジェルつけなかったから切れて血が出ちゃった!
こっちは剃刀負けして真っ赤だし・・・こんな身体見せられない!
ドンドンドン!
「おーい!まだー?」
「ちょ、ちょっと待って!」
これからどうしよう!どうすればいいのー!
Last modified:2007/02/26 12:46:58
Keyword(s):
References:[FrontPage] [小説(全てフィクションです)]
This page is frozen.