Create  FrontPage  Index  Search  Changes  RSS  Note  wikifarm  Login

いつもここからの芸能株式市場を批判

402 :名無しさん :2006/11/02(木) 22:08:45

「もしもし」
「もしもし、菊さまですか?」
「ああ、どうした?」
「ちょっと言いたいことがありまして、怒らないで聞いてください。」
「うん何?」
「最近の芸能株式市場面白くないっていう意見が多数あるんですが、それについて菊さまどう思いますか?」
「どう思いますって、だれがそんなこと言ってんだ?」
「あるサイトで、ラジオ聞いた人たちの間で、最近いまいちだって意見が出てるんですよ。
あっ菊さまインターネットしないからわかんないか。」
「で、何が言いたいわけ?」
「だから、私もその人たちの意見と同様、最近の菊さまのお話にはあまり魅力が感じられないと思うんです。
もっと皆をひきつける話術が必要だと思われます。」
「ふん!こっちは一生懸命やってんだよ。素人のお前に言われたかあ無いね。
だいたいお前何様なんだ、バカヤロウコノヤロウメ!」
「菊さまあまり興奮すると血圧があがりますよ。ふふふふっ。菊さま、いつまでも若くは無いんだから。
菊さまの美しさと、毒だけではファンは離れてしまうということを言いたいんです。
げんに、私もそろそろ菊さまに飽きてきましたし。」
「うるさいぞてめえこのやろう!だったらファンやめりゃーいいじゃんか!お前なんかもう絶交だ!」
こうして、菊さまは「ガチャ!」と大きな音を立てておもいっきり電話を切られました。

「ああ、もう絶交かあ。でも仕方ないや。本当に面白くないんだもん。」
芸人はいつここだけではないし、次々と新しい若い人が出てきます。
菊さまだけを愛し続けるにはやはり、限界がきていることも確か。
菊さまと本当はいつまでも仲良くしたい。愛し続けたい。
でも、自分に嘘はつけない。
Last modified:2007/02/07 10:22:10
Keyword(s):
References:[FrontPage] [小説(全てフィクションです)]
This page is frozen.