FrontPage  Index  Search  Changes  RSS  wikifarm  Login

FrontPage

合法ハーブ@集落について

当サイトは、合法ハーブに関するあらゆる情報を一まとめにする為のサイトです。当サイトの情報は何方様でもご自由にご利用することが出来ますが、多人数により作成されている為、真偽を保障するものではありません。また、あくまで情報をまとめることを目的としているのであって、合法ハーブを推奨するものではございません。

合法ハーブって?

違法でない、つまり法律に基づく取締りの対象になっていない薬物。麻薬と同様の効果を持つ物質を指す。合法ハーブとも呼ばれる。違法な麻薬に比べて人体に対する危険性が高い場合もあるが、遵法精神を持っているからこそこれらの物質を使っているとの意味を込め、使用者は遵法ドラッグと呼称している。対応する法律が無いため、所持や摂取、売買は禁止されていない。ただし人体摂取目的に販売した場合薬事法違反となる。

アダルトショップやインターネット上で、法に抵触しないよう、クリーナーや芳香剤、研究用試薬、観賞用などと謳って販売されていることがある。しかし、いかなる名目であっても、人体への摂取を目的として販売すれば違法である。合法ハーブの該当性基準は明確ではない。吸飲や経口等で摂取し、幻覚を感じる、興奮する、ゆったりする、酒のように酔う等の効果を持つ薬物と言われている。

例として、強い効果を持つ合法ハーブであった2C-T-7は五感の歪みや幻覚を感じ、弱い効果を持つラッシュは数分程度の間酩酊感を得る。日本において、合法ハーブが登場し始めたのは1990年代の後半とされ、2000年頃インターネットの普及などに伴い濫用が広がったとされる。

合法ハーブに関する規制の履歴

2011年 4月〜5月中?
薬事法の改正が行われる予定。一部成分が規制されることにより、現行の合法ハーブの中に販売終了となるものが出てくる可能性が有る。現時点ではどの製品に規制がかかるか不明。


2010年 8月25日
成分の一部が規制対象で追加されるとの公布があった。公布後に30日経過した2010年9月24日に、規制が施行される。このことにより販売終了となった製品が多数続出。


2009年 11月20日
一部の成分が規制される。規制前までの主要の合法ハーブ(第1世代)が規制対象となり、情勢が一変された。ちなみにこの規制の後に発売された合法ハーブを第2世代という。

メニュー

合法ハーブリスト
メーカーリスト
専門用語
よくある質問

合法ハーブの販売サイト一覧

PCサイト
合法ハーブ 販売
セックスドラッグ・媚薬
合法ハーブ
合法ハーブ

合法ハーブに関するマメ知識

合法ハーブは、その化学構造や性質、形状などにより大まかな分類がされている。
日本において取り締まりはおもに厚生労働省により行われる。
2005年の取締強化
2006年の薬事法の一部を改正する法律案の提出と薬事法改正
決議案の提出と国連麻薬委員会決議48/1
東京都による取り組み
2000年以降、麻薬指定されたドラッグ
アメリカ合衆国において
ウェブ・トリップ作戦

最近更新されたページ

2011-09-12
2011-04-13
2011-04-12
Last modified:2011/09/12 11:09:15
Keyword(s):
References: