FrontPage  Index  Search  Changes  RSS  wikifarm  Login

int15h,AX=5001h

カテゴリ

FONT

機能

DOS/V フォントサブシステム(フォントドライバ)から、フォント書き込みルーチンのアドレスを取得します。

設定

レジスタ内容
AX5001h
BHフォントの種類
(下表参照)
BLフォントインデクス値
0  デフォルトフォント
0以外 フォントインデクス値(IBM-EXT2)
DH文字横幅(ドット単位)
DL文字の高さ(ドット単位)
BPコードページ
有効な値は 0 のみ

フォントの種類

bit説明
bit7-1予約済。0 を設定すること
bit0全角/半角
0 半角フォント
1 全角フォント

戻り値

レジスタ内容
AHフォントサブシステム終了コード
00h 正常終了
0 以外 エラー
ES:BXフォント書き込みルーチンのアドレス
CY
(キャリーフラグ)
0 正常終了
1 エラー

フォント書き込み機能の設定

レジスタ内容
CX読み出すフォントデータの文字コード
(半角フォントの場合、CL の値のみが使われる)
ES:SIフォントデータを格納する先頭アドレス

フォント書き込み機能の戻り値

レジスタ内容
ALフォントサブシステム終了コード
0  正常終了
0以外 エラー

説明

DOS/V フォントサブシステム(フォントドライバ)から、指定したサイズと種別のフォントを書き換える機能のアドレスを取得します。

実際のフォントの書き込みは、本 BIOS コールによって得たアドレス(ES:BX)を FAR CALL することによって行います。フォントの読み出しに失敗した場合は AL に 0 以外のエラーコードが返されます(AH にではない点に注意)。

存在するフォントのすべてが書き換え可能とは限りません。 標準的なフォントドライバ($FONT.SYS, JFONT.SYS)でロード後に書き換え可能となっているフォントは全角(16x16, 24x24)フォントの外字領域のみです。