FrontPage  Index  Search  Changes  RSS  wikifarm  Login

int10h,AH=08h

カテゴリ

BIOS, DISP

機能

指定ページのカーソル位置にある文字のコードと属性を読み取ります。

設定

レジスタ内容
AH08h
BHページ番号
(日本語モードでは 0 のみ)

戻り値

レジスタ内容
AL文字コード
AH属性

説明

カーソルが全角の左側にある時は1バイト目(ShiftJIS の上位8ビット)、右側にあるときは2バイト目(ShiftJIS の下位8ビット)が文字コードとして返されます。

グラフィックモードでは、属性は返されません。
たしかおおもとの(英語モードの)BIOS だと、画面上のデータと ROM 上のフォントデータとをいちいち照合したりしていて非常に遅い(それに文字の上からグラフィックデータを上書きしたらもうおしまい)なのですが、$DISP.SYS と JDISP.SYS の日本語グラフィックモードにのみ関して言えばテキストモードと同程度に高速です(どうやらドライバ内部の擬似テキストバッファを更新しているようだ*1)。

*1 ただし、グラフィックモード時は int10h,AH=FEh を発行してもテキストバッファのアドレスは取得できません。