Create  Edit  Diff  FrontPage  Index  Search  Changes  History  Source  RSS  wikifarm  Login

辞書データと辞書ソフト、どちらが重要か

辞書データがなければ辞書ソフトは意味がない。 だから辞書データは必須である。 辞書ソフトがなければ辞書データは読めない。 だから辞書ソフトは必須である。

では、辞書データがテキストファイルであり、 辞書ソフトではなく通常のテキストエディタで読めるとしたらどうだろう。 この場合、辞書ソフトがなくても辞書データだけで辞書として機能する。 もちろん、厳密にはそのテキストエディタが辞書ソフトとして働いているのだが。

紙に印刷され冊子になっている辞書はどうだろう。 あれは辞書データであり、 辞書ソフトがないにもかかわらず辞書として機能しているように見える。 しかしこの場合は、検索は人間が行なうのであり、 人間が辞書ソフトをエミュレートしているのである。 また、人間が辞書ソフトを演じるにあたって効率が良いように、 辞書データはソートされ索引が付けられている。

以上のように考えると、 辞書ソフトは単なるインターフェイスであり、 検索機能さえあればよく、 通常のテキストエディタで代用できるという意味で、 辞書データほど重要とは思われない。

結論: 辞書データのほうが重要@@

  1. とはいえ、この論点自体がさほど重要とも思われない。
Last modified:2005/06/23 22:10:06
Keyword(s):
References:[FrontPage]