武遊♪  Index  Search  Changes  RSS  wikifarm  Login

考察!ドロップ率

ドロップをうまくゲットする手はないのか?

ドロップ率1/200匹ぐらいの物を選んでちと測定やってみたら、連続で300ほど取ったとき2個ゲット。毎日100匹でやめ、4日間やるとドロップなし。この結果を考察してみると。

話を単純化するため、発生するモンス200匹で必ず出るとして考えると、1人で200匹倒せばアイテムゲットの確率は1、必ず取れるとなります。

しかし、1日100匹では、確率が1/2になります。これを毎日こつこつやって積み重ねると、nが日数ですが、

1/2+1/2x1/2+1/2x1/2x1/2・・・・・=1/2x[1-(1/2)^n]/(1-1/2)

日数を無限にしないと確率は1にならないんですね。式では分かりにくいでしょうから、数字にすると、

1日目50%、2日目75%、3日目87.5%・・・無限日100%

ってことで、上の実例をこの計算結果とあわせてみると、同じ200匹時点での確率が100%と75%の違いになっています。

この考察やったきっかけは、団チャでのあやちんさんの質問です。「ドロ率ってつづけないとだめ?」って質問に確率だから持越しでしょうと答えた後、あれ〜とひっかかったんですね。

狩場では、常に複数の人が同じペースで狩ってます。つまり200匹目が誰になるかの確率も係わります。しかしそこに居る全員が200匹狩れば各自の期待値(取れるであろう数)は1個になります。

結論、ドロ率の匹数は出来るなら一気に取った方が、取れる確率は高くなるってことですね。それ以下の数で出さずに止めると、他人への貢献大、いい人ってことですね。ただ一人で一気に取れないレアものは、何人かのこの貢献がないと誰も取れませんから、やるっきゃないです。

ただ、隣で五連射出たって人が居たら引き上げた方が良いでしょうね。出たことを知った幸運は、活かした方が良いでしょう。もちろんドロップの間隔は当然等間隔ではなくランダムでしょうが、レアアイテムが連続で出るケースは0と言ってよいと思います。 <記:毘◆金紗>

放置狩りと全力狩り

獅子は兎を倒すにも全力で倒す、これは戦いのあるべき姿を表現した格言です。ひょっとしてアイテム集めの戦いでもこの原則があてはなるんじゃないかというお話です。

これは硬い甲羅を集めてたときの経験なんですが。通常攻撃で放置がりしたときと、風牙の隣接効果でいっきに取った時で集める時間がかなり違ってたんですよ。

硬い甲羅、でね〜っていってる人に、どうやって取ってるか聞くと大抵放置狩りのケースが多いんですよ。1度はその週の設定なのか確認するため出向いてヤニで全力狩りやってみたんですね。するとやはり20分ほどでコンスタントに3個貯まったんですよ。

これを考察すると、もよろ屋さんにある確率が3%となってますが、計算に使う確率が3.3%だと仮定しましょう。1匹づつ2匹取ったとき、判定が2回行われ毎回四捨五入して3/100+3/100=6/100となります、2匹一気に取った時、判定は1回と考えられるので2x3.3/100=6.6/100ここで四捨五入すると7/100となり、100匹取った時、6個と7個の違いが出る結果になります。

それと、1匹づつ100匹取る場合と2匹づつ100匹取る場合では、後者に要する時間が約半分になるでしょう。時間当たりのドロップ数にすると2倍強の違いになります。それと100回戦闘して6回ドロップするのと、50回戦闘して7個ドロップとなるわけですから、ハズレの回数が94回と43回となり、がっかりする回数に2倍強の違いがあります。疲労感やでね〜といいたくなるのはやはり前者ですよね。

他の狩りでも2,3匹をヤニでいっきに倒した時にアイテムの絵がでる光景をよく見かけるんですよね。これ統計とるきがしないので、印象の積み重ねにしかすぎません。

また、参考になる証拠として、AngelFishのHPにあるルシオさんの氷壁による閻王の倒し方を見るといっきに複数を倒せる取り方になってます。事実、普通の人より多くの五連射をゲットしてるんではないでしょうか。

もう一つの例としては、多重リンクで狩りした方が出やすいと感じる。これはリンクした方が1発の技で同時に倒すケースが多くなるためでしょう。

それと、もよろ屋さんにあるドロップ率は多数の人が実測したデータの平均だと思います。あの数字は全力狩りでのデータに近いと思います。データを寄せる人は、かなり熟練した人たちでしょう。

結論、もよろ屋さんよりドロップ率低いって人は、1発でいっきに倒すこと試して見てください。そのためには2次武将が必要です。準備を省略することはできません。それではみなさん良い狩りを!

蛇足までに、いっきに倒せない龍にこの手は通用しませんのであしからず。(記:毘◆金紗)

Last modified:2006/10/04 05:27:47
Keyword(s):
References:[SideMenu]