Create  Edit  Diff  Phillro Industries  Index  Search  Changes  History  Source  RSS  Note  wikifarm  Login

clip2jpg1.rb

$(Apollo)/sample/clip2jpg1.rb

CVS : http://cvs.sourceforge.jp/cgi-bin/viewcvs.cgi/apollo/apollo/sample/clip2jpg1.rb?rev=HEAD&content-type=text/vnd.viewcvs-markup

* clip2jpg1.rb は、たけ(tk)がApolloを知った極初期に作ったツールで、グローバル変数使いまくりのひどいプログラムです。ですが、いまだに支障なく使えているので、そのままになっています。


clip2jpg1.rb はWindowsの画面を切り取ってJPGファイルに落します。たけ(tk)がアップする絵は全部これを使っています。(pngファイルにも落とせます、違いが分からぬが・・)。

クリップボードから画像を取り入れて、枠を区切ってJPEGファイルに 落とす。・・次のような使い方を想定しています。

(1)切り取りたい絵を出して、PrtScrn キーで画面をクリップボードにコピーする。

(2)clip2Jpg1.rb を起動する。・・クリップボードがある場合には自動的に読み込まれた状態で始まります。

(3)マウスで必要な枠を適当に定める。・・マウスボタンをあげると、クリップした部分だけが表示される画面になります。Ctrl+X で元の画面とクリップ画面とを切り替えることが出来ます。

(4) カーソルキーで枠を微調整する。・・

カーソルキーだけだと右下の点を移動し、

Shift を押しながらカーソルキーを押すと左上の点を移動します。

(5) Ctrl+S でファイルにセーブする。

* 現在のバージョンでは取り込んだ絵が大きくてもスクロールしません。右端、下端は扱えませんのでご注意ください。目的の窓が右下になりすぎないようにあらかじめ移動してから、PrtScrnキーを押してください。

* pngファイルがリストにでないのはどうにかすべし。

Last modified:2006/10/04 17:03:12
Keyword(s):
References:[clip2jpg.rb]