{{toc}}

!Phiとは?
Phi モジュールは Apollo の大部分の機能が入っているモジュールです。

Phi モジュールの大半は [[phi.rb]] と [[phi.so]] に入っており、

 require "phi"

とすると、Phi モジュールの大半が読み込まれます。
しかし、他のライブラリを require しない限り読み込まれないものもあります。

!リファレンス
*[[クラス|Phi-Classes]]
*[[モジュール関数|Phi-Functions]]
*[[定数|Phi-Constants]]
*[[拡張ライブラリ|ext-index]]