Create  Edit  Diff  Phillro Industries  Index  Search  Changes  History  Source  RSS  Note  wikifarm  Login

apollo's Wiki - Phi::Memo Diff

  • Added parts are displayed like this.
  • Deleted parts are displayed like this.

! Phi::Memo

Phi::Memo は Windows 複数行編集コントロールのラッパーである。

Phi::Memo を使うと,標準的な Windows 複数行編集コントロールをフォーム上に配置できる。複数行編集ボックスを使えば, 2 行以上のテキスト入力を扱える。複数行編集コントロールは,長い情報の表示に適している。

!! super class

[[Phi::Edit]]

!! properties

!!! alignment : Fixnum
self のテキストを揃える方法を指定する。 [[Phi-Alignment]] を参照してください。

!!! caret_pos : [[Phi::Point]]
メモのクライアント領域内のキャレット位置を示す。

caret_pos は,カーソルの座標を決定する。 caret_pos は,メモのクライアント原点を基準にして X 座標と Y 座標 ( 行および文字単位 ) を示す。 X/Y で示される位置ではなく,テキストの文字列のみに基づいてキャレット位置を決めるには, [[Phi::Edit]]#sel_start を使う。

!!! lines : [[Phi::Strings]]
self のテキスト

lines は, self のテキストを行単位で操作できる。 lines は [[Phi::Strings]] オブジェクトなので, [[Phi::Strings]] のメソッドを使って行のカウント・新しい行の追加・行の削除・新しいテキストによる行置換といった操作を行うことができる。

すべてのテキストを一度に扱うには, #text を使う。テキストを 1 行ずつ扱う場合は, lines の方が便利だ。

!!! scroll_bars : Fixnum (ScrollStyle)([[Phi-ScrollStyle]])
self がスクロールバーを持つかどうか

: SS_NONE: スクロールバーなし
: SS_HORIZONTAL: 下端にスクロールバーを 1 つ付ける
: SS_VERTICAL: 右端にスクロールバーを 1 つ付ける
: SS_BOTH: 下端と右端の両方にスクロールバーを付ける

!!! want_returns : Boolean
ユーザーがテキストに改行文字を挿入できるかどうか

: true: ユーザーがテキストに改行文字を入力できる。
: false: フォームで改行文字を扱う。

例えば,デフォルトボタン ( [OK] ボタンなど ) とメモコントロールが配置されているフォームがあるとしよう。
: false: [Enter] を押すとデフォルトボタンが選択される。
: true: [Enter] を押すとテキストに改行文字が挿入される。

: 注意: want_returns が false の場合でも, [Ctrl] + [Enter] を押せばテキストに改行文字を挿入できる。

!!! want_tabs : Boolean
ユーザーがテキストにタブを挿入できるかどうか

: true: ユーザーがテキストにタブを挿入できる。
: false: [Tab] を押すことでフォームの次のコントロールを選択できる。

: 注意: want_tabs が true の場合,ユーザーは [Tab] を使って編集コントロールに入ることはできるが,コントロールから出ることはできない。

!!! word_wrap : Boolean
テキストが右マージンで折り返すようにソフトウェア的な改行を挿入するかどうか
: true: 編集コントロールのテキストを右マージンで折り返してクライアント領域に収まるようにする。テキストの折り返しは外観のみであり,明示的に [Enter] が押された場合とは異なり,テキストに改行文字が挿入されるわけではない。
: false: 編集コントロールは明示的に [Enter] が入力された場合にのみ改行文字を挿入する。

: 注意: word_wrap が true の場合,水平スクロールバーは使えない。