Create  Edit  Diff  Phillro Industries  Index  Search  Changes  History  Source  RSS  Note  wikifarm  Login

apollo_q

apollo_q.exe === apollo.exe -q

【基本機能】 [Basic Function]

(jp)

アポロの開発環境 apollo.exe を -q (即時実行)オプション付きで起動します。

apollo.exe は AppPath.exe で指定した場所にあるものとします。

apollo_q.exe は「パスが通ったディレクトリ」にコピーしておいてください。

(c:\windows\command\ などそこに置いたコマンドであればコンソールから実行可能なディレクトリ)

(en)

This program runs Apollo's development environment, apollo.exe, with -q option (quick execution).

"apollo.exe" shall be in the directory specified by AppPath.exe.

Please copy apollo_q.exe to "the directory where the path passed."

使い方: Usage:

使い方1:

RBファイルをダブルクリックして『このファイルは開けません』が出が出たら、「一覧からプログラムを選択する」で Apollo_q を選択します。

Usage 1

If you encountered "this file cannot be open", when you double-clicked some ".rb" file,

you can choose apollo_q.exe in "choose a program from a list".

<hr>使い方2: apollo_q.exe SOME_SCRIPT SCRIPT_OPTIONS

A:\>apollo_q.exe apeed Sample.doc

・・ フォーム型スクリプトの apeed.rb で Sample.doc を開きます。

第一引数がスクリプトファイルである場合には拡張子がなければ 「.rb」を補充し、次の順番でスクリプトファイルを捜して実行します。

  (1)カレントディレクトリ、

  (2)環境変数「Path」のディレクトリ、

  (3)環境変数「RubyLib」のディレクトリ。

【カメレオン機能】

apollo_q.exe を実行したいスクリプトと同じ名前にしておくと、そのスクリプトをコマンドとして実行できるようになります。

使い方3:apollo_q.exe をスクリプトと同じ名前のEXEファイルとしてコピーする。

A:\>copy apollo_q.exe apeed.exe

A:\>apeed.exe Sample.doc

・・ フォーム型スクリプトの apeed.rb で Sample.doc を開きます。

実行されるスクリプトは次の順番で捜します。

  (1)実行ファイルが存在するディレクトリ

  (2)カレントディレクトリ、

  (3)環境変数「Path」のディレクトリ、

  (4)環境変数「RubyLib」のディレクトリ。

【説明】

何をするものかは apollo_q.exe を引数なしで実行すれば特別なフォームに使い方が表示されます。

じつは、apollo_q.exe を使わなくても、「RBファイルのダブルクリックで即時実行」は可能です。apollo_q.exe を使わない場合には次のようにします。

(1)RBファイルをダブルクリックすると、『このファイルは開けません』が出る。

(2)『このファイルは開けません』に「一覧からプログラムを選択する」で一度 Apollo.exe を選択しておきます。

* この状態では、開発環境のエディタで開くようになります。

(3)何らかのフォルダを開いた状態で、「ツール」→「フォルダオプション」→「ファイルの種類」でRBファイルを選択し、「詳細設定」をクリックする。

「アクション」で「open」を選択し、「編集」ボタンを押す。『アクションの編集』のダイアログの「アクションを実行するアプリケーション」に

  「"c:\apollo\bin\apollo.exe" "%1"」とあるのを

  「"c:\apollo\bin\apollo.exe" -q "%1"」に変更する。

【ログ】

2002-11-01(金):var.1.02  日本語のコメント問題に対処,tkExecSub → WinExec, Form → MessageBox
2002-03-30(土):ver.1.01  SplitParam 方式。RBファイル直接起動のバグをフィックス。
2001-11-16(金):ver.1.00
2001-11-16(金):Apollo_q
2001-05-06(日):var.1.07  ruby.exe -> ruby_ap.exe
2001-03-27(火):var.1.06  スクリプトの拡張子を補充+Pathで捜す。

              ただし、オプションが先行しない場合だけ有効。

2000-12-14(木):ver.1.05  chameleon 機能を追加。
2000-11-27(月):ver.1.04  ruby_aw -e "p 1" のバグ取り。
2000-09-18(月):ver.1.03  パッケージ(Ruby_aw.lzh)にした。
2000-07-21(金):Ruby_aw
2000-07-16(日):ver.1.02  tk
2000-07-14(金):ver.1.01  kimura@guc.co.jp
2000-07-14(金):ver.1.00  take_tk GGB03124@nifty.ne.jp
2000-07-14(金):ap_aw

【パッケージ】

Last modified:2003/07/14 21:39:22
Keyword(s):
References: