Create  Edit  Diff  Phillro Industries  Index  Search  Changes  History  Source  RSS  Note  wikifarm  Login

ReleaseNotes

ap-list:3468 ap-840 released

もりきゅうです。

http://sourceforge.jp/projects/apollo/files/

  • ap-840-bde60-ruby181.msi
  • ap-840-bde60-ruby182.msi
  • ap-840-vcl60.zip

ap-list:3467 ap-840b released

もりきゅうです。

http://sourceforge.jp/projects/apollo/files/

  • ap-840b.msi
  • ap-840b.zip

ap-list:3357 ap-840a released

もりきゅうです。

http://sourceforge.jp/projects/apollo/files/

  • ap-840a.msi
  • ap-840a.zip

ap-list:3348 ap-839 released

もりきゅうさんではありません。

http://sourceforge.jp/projects/apollo/files/

  • ap-839_bde60.msi
  • ap-839_vcl60.zip

ap-dev:1642 ap-839c

 もりきゅうです。

 とりあえず固めて
 http://www.moriq.com/apollo/archive/
 ap-839c.zip
 ap-839c.msi
 に置きました。

ap-list:3307 ap-839b released

 もりきゅうです。

 http://sourceforge.jp/projects/apollo/files/
 * ap-839b.msi
 * ap-839b.zip

 リリースしました。
 変更点は ChangeLog
 http://sourceforge.jp/projects/apollo/document/apollo_zip_ap-839b.zip_-_Changes/
 をご参照ください。

ap-dev:1510 ap-839a

 もりきゅうです。
 どさくさにまぎれてリリース。

 https://sourceforge.jp/projects/apollo/files/
 * ap-839a.msi
 * ap-839a.zip

 iconv.dll については
 http://www.kaoriya.net/
 http://www.kaoriya.net/dist/iconv-1.9.1-dll.tar.bz2
 のものをWindowsのSystemフォルダ(InstallShieldでいうところの[SystemFolder])
 にインストールするように設定しました。
 iconv.exe は $(Apollo)\bin へ。
 ドキュメントとヘッダの類は $(Apollo)\doc へ。

ap-list:3211 ap-838

 もりきゅうです。

 https://sourceforge.jp/projects/apollo/files/
 * ap-838_bde60.msi
 * ap-838_vcl60.zip

 変更点についてはCVSを参照してください…と言ってみる。^^;
 大きな変更点としては
 * png.so を削除して pngobject.so を追加
 * Exerb 3.0.0 に対応
 * uconv.so を削除
 * iconv.dll を添付 (ただしMSIのみ)
   http://www.meadowy.org/meadow/dists/snapshot/iconv-1.8.win32.zip
 といった辺り。

 Ruby-1.6.8 に対応した ap-638 も作るつもり。しばしお待ちを。
 ap-638 は iconv なし uconv ありでいいのか?
 # 半日仕事だなあ

ap-list:3175 ap-637, ap-837 released

 Apollo 0.637 (for Ruby-1.6.8), 0.837 (for Ruby-1.8.1) をリリースしました。
 http://www.moriq.com/apollo/

 今回から配布はすべて SourceForge.jp で行います。
 https://sourceforge.jp/projects/apollo/files/

ap-dev:1249 ap-637d

 https://sourceforge.jp/projects/apollo/files/
 ap-637d.zip
 ap-637d.msi

ap-dev:1240 ap-637c

 MSI版も置きました。
 https://sourceforge.jp/projects/apollo/files/
 ap-637c.msi

ap-dev:1209 ap-637b for Ruby-1.8.0

 SourceForge.jp に ap-637b を置きました。
 https://sourceforge.jp/projects/apollo/
 Ruby-1.8.0で構築しました。
 ap-dev:1208 まで適用済みのつもり。

 バージョンの数は安定版リリース時に変えます。^^;

ap-dev:1199 ap-637a for Ruby-1.8.0

 SourceForge.jp に ap-637a を置きました。
 https://sourceforge.jp/projects/apollo/
 Ruby-1.8.0で構築しました。
 ただし ap-dev:1196 適用前です。

 CVS でも *.cfg, *.dof が RUBY18 という条件定義の付いたものに
 置き換わってしまいました。

 1.6系サポートについては決めかねています。

ap-list:3093 ap-636

 http://www.moriq.com/apollo/archive/ap-636_vcl60.zip

 http://www.moriq.com/apollo/archive/ap-636_bde60.msi
 http://www.moriq.com/apollo/archive/bdemerge.ini

 sourceforge.jpにも置いてます。
 https://sourceforge.jp/projects/apollo/
 https://sourceforge.jp/projects/apollo/files/

 MSI版に含まれるRubyバイナリは
 なかむら(う)さんの配布:
 http://www.dm4lab.to/~usa/ruby/
 ruby-1.6.8-20030727-i586-mswin32.zip
 を展開したものです。
 これはGPLの元で配布されており、再配布となるap-636_bde60.msiも
 GPLの元で配布されることになります(合ってるよね?)。

ap-dev:1122 ap-636d

 > array_to_dataset.rb
 > args_to_hash.rb         [ap-ext:0105]
 > File_merge_path.rb
 > File_split3.rb          [ap-ext:0097]
 > File_unix.rb            [ap-ext:0096]
 ...
 とりあえず、それらだけ lib/ に置きました。
 対応するドキュメント(*.pi)は doc/lib/ に置きました。

 > https://sourceforge.jp/projects/apollo/
 > https://sourceforge.jp/projects/apollo/files/
 ap-636d を置いてみました。
 MSI版もしばらく作っていなくてちゃんと作れるか心配なので作ってみました。
 ついでに InstallShield の設定ファイル(*.ism) も置きました。

ap-dev:1101 ap-636c

Rubyはまだ 1.6.8 です。 RDBは追いついたつもり。

ap-dev:0960 Re: ap-636a

Last modified:2006/12/15 03:17:20
Keyword(s):
References: