Create  Edit  Diff  Phillro Industries  Index  Search  Changes  History  Source  RSS  Note  wikifarm  Login

RDB::Fields

概要:http://mnmqat.com/ のコンテナのクラス

RDB::DataSet#fields で参照可能な内部オブジェクトのクラス。

主なメソッドの使い方は次のとおり。

#! ruby -Ks
require "phi"
require "dir_to_dataset"

fields = dir_to_dataset.fields
p fields
   #=>  #<Phi::Fields:0x1175918>

#-- to_a は Field オブジェクトの配列を返す。
p fields.to_a
   #=>  [#<Phi::Field: data_type=11 field_name="time" value=2004/12/17 16:50:38>,
   #=>   #<Phi::Field: data_type=3  field_name="size" value=87>,
   #=>   #<Phi::Field: data_type=3  field_name="attr" value=32>,
   #=>   #<Phi::Field: data_type=1  field_name="name" value=tk_FE.pi>]

# names は項目名の配列を返す。
p fields.names
   #=>  ["time", "size", "attr", "name"]

# value は値の配列を返す。
p fields.value
   #=>  [#<Phi::DateTime: 2004/12/17 16:50:38>, 87, 32, "tk_FE.pi"]

# values は { 項目名 => 値 } のハッシュを返す。
p fields.values
   #=>  {"name"=>"tk_FE.pi",
   #=>   "size"=>87,
   #=>   "time"=>#<Phi::DateTime: 2004/12/17 16:50:38>,
   #=>   "attr"=>32}

# data_types は { 項目名 => 項目の型 } のハッシュを返す。
p fields.data_types
   #=>  {"name"=>1, "size"=>3, "time"=>11, "attr"=>3}

メソッド

[]

項目名または項目番号で指定して Phi::Fieldオブジェクトを参照する。

add

count

data_types

{ 項目名 => 項目の型 } のハッシュを返す。

each => Phi::Enumerable#each

each が定義されているので to_a などが使用可能。

inspect

names

項目名の配列を返す。

to_s

value

項目の値の配列を返す。

values

values=

{項目名=>項目の値, .. } というハッシュを作成して返す。また、その形式のハッシュを代入することにより、データセットの当該行に書き込む。

* 取り出したハッシュを変更してもデータセットが変わるわけではない。データセットに反映させるためには代入が必要。

Last modified:2004/12/18 17:06:35
Keyword(s):
References:[ext-rdb-RDB-constants] [ext-rdb-index]