Create  Edit  Diff  Phillro Industries  Index  Search  Changes  History  Source  RSS  Note  wikifarm  Login

RDB::DataSetProvider

プロバイダオブジェクトというのは多層アプリケーションのために開発されたモノのようです。多層アプリケーションというのは、データベースサーバ⇔アプリケーションサーバ⇔クライアントというように、データベースサーバ(S)とクライアント(C)の途中に何層かの別のサーバを経由することによって、C/Sの機能を整理・軽減しようというもののようです。具体的には、次のような機能を中間のサーバに任せるものらしい。

http://www.borland.co.jp/borcon/pdf/Day3/D3_C1.pdf より

  • トランザクション管理
  • ビジネスロジック
  • エラー処理
  • データベース接続
  • ユーザ認証

つまり、プロバイダオブジェクトは、データベースサーバ以外のサーバとの間でも接続できるように設計されたオブジェクトのようです。

ただし、多層アプリケーションのために必要なライブラリはapolloには入っていませんので、もっぱら、C/S的、もしくはローカルデータベース的な使い方になります。

RDB::DataSetProvider はプロバイダオブジェクトの一種ですが、apollo/Delphi の データセットオブジェクト?をデータのやりとりの相手方として利用するモノです。



require "rdb/rdb"
require "methods_for_wiki"
puts RDB::DataSetProvider.methods_for_wiki

_dump => Phi::Component#_dump

after_apply_updates

after_apply_updates=

after_execute

after_execute=

after_get_params

after_get_params=

after_get_records

after_get_records=

after_row_request

after_row_request=

after_update_record

after_update_record=

before_apply_updates

before_apply_updates=

before_execute

before_execute=

before_get_params

before_get_params=

before_get_records

before_get_records=

before_row_request

before_row_request=

before_update_record

before_update_record=

component_count => Phi::Component#component_count

components => Phi::Component#components

constraints

constraints=

constraints?

data_set

data_set=

data_set プロパティは,プロバイダがデータを取得したり,更新を適用するデータセットを指定します。

* ClientDataSet で DataSetProvider、 SQLQuery を経由して物理的なデータベースに接続する場合には、

ClientDataSet? ⇔ DataSetProvider? ⇔ SQLQuery ⇔ ・・ ⇔ 物理的なデータベース、

という繋がりになります。

RDB::ClientDataSet#set_providerRDB::DataSetProvider#data_setRDB::SQLQuery#connectionRDB::SQLConnectionなどに順番にセットしてくことになります。

event_handle => Phi::Persistent#event_handle

exported

exported=

exported?

extend => Phi::Persistent#extend

name

name=

on_data_request

on_data_request=

on_get_data

on_get_data=

on_get_data_set_properties

on_get_data_set_properties=

on_get_table_name

on_get_table_name=

on_update_data

on_update_data=

on_update_error

on_update_error=

options

options=

prop_info => Phi::Component#prop_info

resolve_to_data_set

resolve_to_data_set=

resolve_to_data_set?

update_mode

update_mode=

write_res_file => Phi::Component#write_res_file

Last modified:2004/11/10 19:57:12
Keyword(s):
References:[RDB::DataSetProvider] [RDB::SQLClientQuery] [ext-rdb-RDB-constants] [ext-rdb-index]