Create  Edit  Diff  Phillro Industries  Index  Search  Changes  History  Source  RSS  Note  wikifarm  Login

Phi-ListBoxStyle

Phi::ListBox#style プロパティは,リストボックスが標準リストボックスであるか,オーナー描画リストボックスであるか,およびリストボックスが仮想かどうかを決めます。

Phi::LB_OWNER_DRAW_FIXED : Fixnum = 1

リストボックスはオーナー描画だが,リストボックス内の項目を ItemHeight? プロパティで指定した高さにする。1 つの項目が lbOwnerDrawFixed リストボックスに表示されるたびに,OnDrawItem イベントが発生する。OnDrawItem 用のイベントハンドラは指定された項目を描画する。ItemHeight プロパティはそれぞれの項目の高さを決める

Phi::LB_OWNER_DRAW_VARIABLE : Fixnum = 2

リストボックスはオーナー描画だが,リストボックス内の項目を可変の高さにできる。1 つの項目が lbOwnerDrawVariable リストボックスに表示されるたびに,2 つのイベントが発生する。最初に,OnMeasureItem イベントが発生する。OnMeasureItem ハンドラ用のコードは個々の項目の高さを設定できる。その後,OnDrawItem イベントが発生する。OnDrawItem ハンドラ用のコードは個々の項目を OnMeasureItem? ハンドラで指定されたサイズでリストボックス内に描画する。

Phi::LB_STANDARD : Fixnum = 0

すべての項目を同じ高さの文字列にする

Phi::LB_VIRTUAL : Fixnum = 3

リストボックスは仮想だが,すべての項目を同じ高さの文字列にする。Count プロパティを設定して,リストボックス内の項目数を示す必要がある。OnData イベントハンドラで,リストボックスの項目を指定する必要がある。関連付けられたオブジェクトが項目にある場合,OnDataObject イベントハンドラでそのオブジェクトを指定する。さらに,OnDataFind イベントハンドラを指定して,リストボックスの文字列からインデックスにマッピングする必要がある。

Phi::LB_VIRTUAL_OWNER_DRAW : Fixnum = 4

リストボックスはオーナー描画だが,リストボックス内の項目を可変の高さにできる。1 つの項目が lbOwnerDrawVariable リストボックスに表示されるたびに,2 つのイベントが発生する。最初に,OnMeasureItem イベントが発生する。OnMeasureItem ハンドラ用のコードは個々の項目の高さを設定できる。その後,OnDrawItem イベントが発生する。OnDrawItem ハンドラ用のコードは個々の項目を OnMeasureItem? ハンドラで指定されたサイズでリストボックス内に描画する。

Last modified:2004/11/18 19:58:51
Keyword(s):
References:[Phi-Constants] [color_list.rb]