Create  Edit  Diff  Phillro Industries  Index  Search  Changes  History  Source  RSS  Note  wikifarm  Login

Phi::MenuItem

Phi::MenuItem

メニューの項目を表すオブジェクト。主に Phi.new_item によって生成される。

Phi::MainMenu または Phi::PopupMenu の各コンポーネントには複数のメニュー項目を入れることができる。


require "phi"
form = Phi::Form.new
#-- create Main Menu for Form
main_menu = Phi::MainMenu.new(form)
#-- create Menu Item for Main Menu
menu_item1 = Phi::MenuItem.new
menu_item1.caption = "my_menu_1"
#-- create Menu Item for Parent Menu Item
menu_item1_1 = Phi::MenuItem.new
menu_item1_1.caption = "my_menu_1_1"
#-- Add Menus
menu_item1.add(menu_item1_1)
form.menu = main_menu
form.menu.items.add(menu_item1)
form.show
Phi.mainloop
1.png

super class

methods

add

insert

delete

remove

index_of

click

clear

properties

action: Phi::BasicAction

auto_hot_keys: Boolean

auto_line_reduction: Fixnum(Phi-MenuAutoFlag?)

bitmap : Phi::Bitmap

メニュー項目用に描画されるビットマップ

bitmap を使うと,メニュー項目のキャプションの横に表示するカスタムイメージを提供できる。オーナー描画メニューでは, bitmap を #on_draw_item から使って,メニュー項目の全体または一部を表すことができる。

注意
#image_index が設定され,親メニューが Phi::Menu#images を持つ場合, bitmap のかわりに #image_index で識別されるイメージが使用される。

break: Fixnum(Phi-MenuBreak?)

caption: String

checked: Boolean

count: Fixnum

下位項目の数

default: Boolean

親項目がダブルクリックされたときに呼び出すかどうか

enabled: Boolean

使用可能かどうか

group_index: Fixnum

help_context: Fixnum(Phi-HelpContext?)

hint: string

ユーザーがメニュー項目にマウスポインタを合わせたときに表示されるテキスト文字列

image_index: Fixnum

[](index: Fixnum): Phi::MenuItem

下位項目を得る (Delphi: TMenuItem?.Items)。

menu_index: Fixnum

parent: Phi::MenuItem

親項目

parent_item: Phi::MenuItem

(Delphi: TMenuItem?.Parent)

radio_item: Boolean

メニュー項目がグループ内の他のメニュー項目と互いに排他的になるかどうか

short_cut: Fixnum(Phi-ShortCut?)

sub_menu_images: Phi::ImageList

visible: Boolean

メニューに表示するかどうか

Last modified:2004/11/26 13:37:54
Keyword(s):
References:[Phi-Classes] [Phi-Constants] [Phi-Functions] [Phi::Form] [Phi::MainMenu] [Phi::Menu] [Phi::MenuItem] [tut-tut_menu]