Create  Edit  Diff  Phillro Industries  Index  Search  Changes  History  Source  RSS  Note  wikifarm  Login

Phi::IniFile

Phi::IniFile?

IniFile? は Windows の機能をベースとするものですが、Kylix でも使用することができます。しかしながら、Ruby では PStore というほぼ IniFile? に相当するクラスが用意されているのでそれを使うことを推奨いたします。

PStore では(ほとんど)すべてのオブジェクトをファイルに保存することができ、さらにそのオブジェクトから呼び出されるオブジェクトまで再帰的に保存されます。

super class

Object

class methods

new(file_name) : Phi::IniFile?

Phi::IniFile? のインスタンスを生成します。

通常, INI ファイルは \WINDOWS ディレクトリに格納されています。他の場所で INI ファイルを扱うには, file_name にファイルのフルパス名を指定します。

methods

self[section, entry, default] : String

INI ファイルから文字列値を取り出します。 default は以下の場合に返される文字列値です。

  • セクションが存在しない
  • エントリが存在しない
  • エントリにデータがない

self[section, strings] : Phi::Strings

INI ファイルのセクションにあるすべてのエントリから値を文字列リストに読み出します。

self[strings] : Phi::Strings

INI ファイルにあるすべてのセクションの名前を文字列リストに読み出します。

self[section, entry] = string : String

string を INI ファイルに書き込みます。

exist?(section, [entry]) : Boolean

INI ファイルにエントリが存在するかどうかを示します。 entry を省略した場合は, INI ファイルにセクションが存在するかどうかを示します。

delete(section, [entry]) : nil

INI ファイルのエントリと関連付けられているデータ値を削除します。 entry を省略した場合は, INI ファイルのセクション全体を削除します。

update : nil

バッファリングされた INI ファイルのデータをディスクにフラッシュします。

Last modified:2004/11/26 02:06:27
Keyword(s):
References:[ext-ini-index]