Create  Edit  Diff  Phillro Industries  Index  Search  Changes  History  Source  RSS  Note  wikifarm  Login

Apollo-Packages

Apolloの配布パッケージについて:

http://sourceforge.jp/projects/apollo/files/ を見るといくつかの異なったタイプのパッケージが用意されています。

プロジェクト: Apollo リリースファイル・リスト

apollo_msi
   ap-840a.msi - [ リリースメモ / 変更履歴 ]
       ap-840a.msi

   ap-839.msi - [ リリースメモ / 変更履歴 ]
       ap-839_bde60.msi

   ap-638.msi - [ リリースメモ / 変更履歴 ]
       ap-638_bde60.msi

apollo_zip
   ap-840a.zip - [ リリースメモ / 変更履歴 ]
       ap-840a.zip

   ap-839.zip - [ リリースメモ / 変更履歴 ]
       ap-839_vcl60.zip

   ap-638.zip - [ リリースメモ / 変更履歴 ]
       ap-638_vcl60.zip

拡張子。「msi」または「zip」

  • 拡張子が「.msi」のものは「Windows インストーラ」用のパッケージで、msiパッケージと呼んでおきます。msiパッケージは、初心者がすぐに使えるようなパッケージになっています。反面、Apolloプロジェクトのソースファイルなどは入っていません。
  • 拡張子が「.zip」のものは「zipアーカイバ」用のパッケージで、zipパッケージ?と呼んでおきます。zipパッケージにはApolloプロジェクトでのすべての成果物とそのソースファイルが入っています。
  • msiパッケージとzipパッケージとでは含まれている内容に違いがあります。msi版でインストールした後に zip版で展開したファイルをコピーすると、全部のファイルがそろいます。

アルファベット/_bde60/xx_vcl60

  • アルファベット:「ap-840a.msi」の「840a」の「a」はプレリリースの順番を表わしています。問題がなければ正式リリース「840」の正式リリースになります。
  • 「_bde60」:「ap-839_bde60.msi」の「_bde60」の「bde」はBDE(Borland Database Engine)が含まれていることを意味します。VCL は当然に含まれています。「60」はコンパイルしたDelphiのバージョンが「6.0」であることを意味します。
  • 「_vcl60」:「ap-839_vcl60.zip」の「_vcl60」の「vcl」はVCL(Visual Component Library)が含まれていることを意味します。逆に言うと、BDEが入っていないことも意味します。「60」はコンパイルしたDelphiのバージョンが「6.0」であることを意味します。

数字の下位2桁。「00」〜「99」

  • 「ap-840a.msi」の数字の下位2桁「40」は40番目のリリースであることを意味します。

数字の上位1桁。「8」または「6」

  • 「8」:「ap-840a.msi」の数字の上位1桁「8」は対応する Ruby のバージョンが 1.8.x であることを意味します。
  • 「6」:「ap-638_bde60.msi」の数字の上位1桁「6」は対応する Ruby のバージョンが 1.6.x であることを意味します。
Last modified:2004/11/14 00:02:56
Keyword(s):
References:[ApolloHomePageByWiki]