Create  Edit  Diff  labayu  Index  Search  Changes  History  Source  RSS  wikifarm  Login

第10回 ソフトウェア見積り勉強会

開催日時

  • 2006年2月20日(火) 8:30〜9:30

範囲

当日議事メモ

  • 見積もり勉強会
  • Agenda
    • 達人プログラマ
    • XPストリーム・プログラミング導入編
  • 達人プログラマ
    • 正確性と精度
    • 同様の作業をした人に聞く
    • 大事なことは。何をたずねられているかを理解する
    • 制約をつける
      • デブサミの見積もり。ある案件に対して。前提条件をつけて見積もりした企業があった。
    • モデル化。どういうことなのか?数式か?
      • 設計などのことと思われる。UMLでモデル化。
  • XP導入編
    • プログラマの権利。ファウラーも顧客の権利、プログラマの権利がある。
    • ポイント。個人で決めるのではなく、チームで値を変えていく。1週間30ポイント。変更して1週間20ポイント。このようになっていく。時間だとわけがわからないので、ポイントがよい。
      • チームのベロシティを更新していく。
    • 実際にかかる時間は、間接的な時間も考慮するべき。
    • マシンで作業する時間に注目するという意図は?
      • 誤解を生みやすい表現。
    • 見積もり精度を上げるためには、チームを変更しないほうがよい。
    • 繰り返しは、考えることを前提としている。考えることが重要と思う。
    • 設計とはタスクの見積もりか?
      • 仕様と思う。
      • もし、それが残るとしたら設計書になるのだと思う。
      • XPではテスト重視。設計書ということはいっていない。
  • 次回
    • 2/23(Fri)
    • あまのさん発表

トラックバック

TrackBack URL: (trackback is currently disabled because of numerous SPAMs)

参加しました。今回は私の方でサマリして発表しました。 「ソフトウェア見積り―人月の暗黙知を解き明かす」だけでなく、他の本も読んでみましょうということで、「達人プログラマー―システム開発の職人から名匠への道」と「XPエクストリーム・プログラミング導入編 ― XP

コメント

(comment plugin is disabled).
Last modified:2007/02/21 01:06:57
Keyword(s):
References:[メンバー参加予定表]