Create  Edit  Diff  FrontPage  Index  Search  Changes  History  Source  RSS  wikifarm  Login

MeteorStrikeモジュール

MeteorStrikeモジュール

実体はMeteorStrike::Helperモジュールっぽい。

メソッド

MeteorStrike::Helper::meteo_strike(channel, options = {})

ここの説明をコピー。

channel: Cometサーバとの通信を行うChannel名を文字列で指定します。チャンネルごとに一つのHTTP接続が消費されます。

options: 以下のパラメータを設定します。いずれも省略可能です。

  • :uid ユーザ識別子。通常、session[:user].id等を指定します。
  • :tag 同一チャンネル内で、イベントの通知範囲を限定するのに使用します。HTTP接続数を節約するための軽量Channelとして扱われます。文字列の配列を指定します。空配列はChannel全体にマッチします。
  • :connected Cometサーバとの接続が確立された後で呼び出されるJavaScriptを指定します。
  • :event イベントの処理を行うJavaScriptを指定します。イベントハンドラの中から、以下の変数にアクセスできます。
   params.event: イベントの種類。'enter', 'leave', 'update'のいずれかの文字列。
   params.tags: イベントが関連するタグ
   params.uid: イベントに関連するユーザ識別子
Last modified:2007/06/19 10:32:02
Keyword(s):
References: