Create  Edit  Diff  FrontPage  Index  Search  Changes  History  Source  RSS  wikifarm  Login

- Huckebein_MkII Diff

  • Added parts are displayed like this.
  • Deleted parts are displayed like this.

{{toc}}
!ヒュッケバインMk-II (Huckebein MkII)

*[[登場作品]]:[[バンプレストオリジナル]]
**[[スーパーロボット大戦α]]([[DC版|スーパーロボット大戦α for Dreamcast]])
**[[スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATION]]
**[[スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATION2]]
**[[スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATIONS]]
**[[スーパーロボット大戦 OG外伝]]
*分類:試作量産型[[パーソナルトルーパー]]
*形式番号:RTX-010
*[[全高|全長一覧]]:20.8m
*重量:42.0t
*[[動力|PowerAndEngineEnergyList]]:[[プラズマ・ジェネレーター]]
*空中浮揚装置:[[テスラ・ドライブ]]
*補助MMI:[[T-LINKシステム]]
*開発者:[[カーク・ハミル]]
*製造元:[[マオ・インダストリー]]社
*所属
**[[地球連邦軍]][[ロンド・ベル]]隊,[[SDF]](αシリーズ)
**[[地球連邦軍|地球連邦軍(OG)]][[ATXチーム]]
*主なパイロット
**スーパーロボット大戦αの主人公
**[[ブルックリン・ラックフィールド]],[[エルザム・V・ブランシュタイン]](OGシリーズ)
*メカニックデザイン:カトキハジメ
*[[Run 3|https://run3az.com]]
//設定が存在しない項目は削除してください。

初代[[ヒュッケバイン]]の後継機であり、量産試作型。初代の暴走事故を踏まえ、解析済みの異星人技術「[[EOT]]」を採用し、重力制御「グラビコン・システム」を搭載しており、機体制御、武装、バリアフィールドなどに用いられる。機体フレームには[[ゲシュペンストMk-II]]で採用された量産に適したフレーム「G2フレーム」を採用しており、部品も量産機であるゲシュペンストの流用である。また、「[[SRX計画]]」の一環としてRTX-010−01(1号機)には特別に念動力増幅装置「[[T-LINKシステム]]」を搭載している。また、パイロットブロックにコアトルーパーシステムを採用しており、後継機である[[ヒュッケバインMk-III]]との互換性がある。

武装はSRX計画で得られた技術が採用されており、腕部にチャクラムシューター、大型携帯武器である重力衝撃砲G・インパクトキャノン(グラヴィティ・インパクトキャノン)を装備している。また、当初より空中浮揚装置[[テスラ・ドライブ]]の搭載を見通しており、RTX-010−02(2号機)の搭載よって実現した。連邦軍に提出したRTX-010−03(3号機)のテスト運用の結果、[[量産型ヒュッケバインMk-II]]として連邦軍に採用の運びとなった。

!!RTX-010−02 (2号機)
OGシリーズで登場。[[コロニー統合軍]]にマオ・インダストリー社員の安全を保障するため引き渡され、のちに[[ジーベル・ミステル]]の策略で無人機のまま運用された。しかし、ATXチームにはその策略はブラフと判断されて半壊。[[ゼンガー・ゾンボルト]]らによって回収されたのち、兼ねてよりヒュッケバインMk-IIに興味を抱いていた[[エルザム・V・ブランシュタイン]]の手に渡り、強化修復された。その際に空中浮揚装置テスラ・ドライブの搭載、グラビコンシステムの強化により重力障壁GウォールがG・テリトリーへとパワーアップを遂げた。漆黒に赤と金のコントラストのエルザム好みに(所轄[[トロンベ]]タイプ)カラーリングされた。


!登場作品と操縦者
//:作品名:説明

!!![[αシリーズ]]
:[[スーパーロボット大戦α]]:リアル系主人公の初期機体。基本性能が高水準で主力兵装のP属性の武器チャクラムシューターは攻撃力が高く頼りになる。また、特殊能力にグラビティ・テリトリーを備えているので防御面にも優れる。ゲーム中盤で高威力のG・インパクトキャノンが追加されるが、直後に[[MK-III|ヒュッケバインMK-III]]に乗り換えてしまうのであまり出番は無い。
:[[スーパーロボット大戦α for Dreamcast]]:

!!![[OGシリーズ]]
:[[スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATION]]:
:[[スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATION2]]:
:[[スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATIONS]]:
:[[スーパーロボット大戦 OG外伝]]:

!装備・機能
!!武装・[[必殺武器|KillWithoutFailList]]
:バルカン:頭部2門内蔵。
:ライトソード:腕にマウントしているエネルギーソード。OGシリーズでは[[換装武器]]扱い。
:フォトン・ライフル:光子弾を発射するエネルギーライフル。
:チャクラム・シューター:腕にマウントしているチャクラム。ワイヤーで繋がれた円形ユニットで相手を引き裂く。OG1では[[換装武器]]扱い。
:G・インパクトキャノン 「グラヴィティ・インパクトキャノン」:大型の重力衝撃砲で、頚部にセッティングして重力波を発射し、命中後に圧殺する。元々ヒュッケバインのブラックホールキャノンの量産試作型であるが、コスト面や出力の問題で正式採用は見送られている。
!![[特殊能力]]
:剣装備:[[切り払い]]を発動。
:[[G・ウォール]]:正面に重力障壁を発生させる[[バリア]]。
:[[分身]]:トロンベ・エルザム専用機は分身できる。
!!移動タイプ
:[[空]]・[[陸]]:テスラ・ドライブ搭載の2号機(トロンベ・エルザム専用機のみ)[[飛行]]可能。
!![[サイズ]]
:M:
//!!カスタムボーナス
//第2次G、GBA版OG2、OGs、OG外伝、A PORTABLEで採用。

![[機体BGM|BGM]]
:「VANISHING TROOPER」:ヒュッケバインMk-IIのテーマソング。ボーカルバージョンは影山ヒロノブ氏。

!対決・名場面など
//できる限り作品順・時系列順に記述してください。

!関連機体
:[[ヒュッケバインシリーズ]]:
:[[量産型ヒュッケバインMk-II]]:量産されたヒュッケバインMk-II。重力系の武装などコスト面で折り合いつかない部品などは取り払っている。
:[[ヒュッケバイン]]:暴走事故を引き起こした曰くつきの機体。
:[[ヒュッケバインMk-III]]:後継機であり、EOTを多数採用した機体。コンセプトはSRXの小型化。
:[[エクスバイン]]:Mk-IIとMk-IIIの中間に位置する機体。
//!商品情報
//*{{isbnImg'B0002U3GEU'}}
!話題まとめ
!リンク
*[[登場メカ]]